FC2ブログ

オンラインショップへ

今日の午前中はフリースクールクラスの Aくんの勉強の傍で新しく立ち上げようとしている寺子屋のオンラインショップについての話し合いが行われた。昨年あっという間に決まった「寺子屋アート展」寺子屋に通う 障害のある人、ない人一緒に自分の作品を発表する素敵な交流の場になった。パーティでは関かおりさんに落語、私はシャンソンを歌わせていただいて橋場さんは松葉杖をついていながら私が強引にお願いしてクリスマスソング...

お弁当

お弁当

子どもたちへの弁当作り長男の高校の時は高校野球三昧の長男にガッツリ系で作っていたけれどあの頃私はまだまだ心に余裕がなくて後になって長男から「下に行くほど弁当がよくなった」と言われてすまないことをしたなあと思う。料理は本当に心を映すんですよね。長女は支援高校だったのでお弁当は作らなかった。次男の高校の時は長野と行ったり來たりの生活が始まり次男は週に2日自分でおかずを詰めることもあった。それでも私がい...

寺子屋の今とこれから

寺子屋の今とこれから

先日深沢地域の子どものネットワーク会議に呼んでいただきました。そこで寺子屋の今をお話させていただく時間をいただき長橋さんが取り組み図を作ってくれました。寺子屋は学習支援が軸ですが、37年活動を続けてくる中でここ数年たくさんの方が関わってくださるようになりました。新型コロナの感染や自然災害など困難な状況が私たちにふりかかってくる時やはり人は一人では何もできないことを痛感します。これからの時代のキーワ...

寺子屋弁当

寺子屋弁当を毎日買いに来る Aくん支援高校を卒業して今年で2年目。成人式を来年に控えている。毎日仕事帰りに寄ってくれる。先月子ども食堂の時少人数でイートインコーナーを作った時本当に嬉しそうに友達と再会していた。「今日も買いにきました。明日も来ます。」と手を振ってくれる。あまり毎日大丈夫なのかとお母さんに確認すると「自分の意思です。自分のお給料で買いにいっています。いつの美味しそうにいただいています。...

オンラインセタゼミ

〜大人達からこれからを生きる子どもに発信できることを〜緊急事態宣言が発令されたあと、直感的に「子どもたちを置き去りにしてはいけない」と思いました。いつの時代も子どもは国の政策から取り残されることが多いものです。大人も不安に思っていて先の見通しも立たない中、子ども達はなかなか自分の気持ちを言葉に出すことはできません。今回そんな思いに対してたくさんの大人たちがオンラインで子どもたちに語りかけてください...