FC2ブログ

寺子屋からのおたよりです。



   
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
<< 2019 >>
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 月曜、金曜、土曜日
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count
最近のトラックバック


人間工学?!

   
卒業する息子の大学に初めて行きました。

人間工学。よくわからない分野です。

その卒業制作展では私たちの生活の一コマを切り取り

そこから数値や体験値、インタビューなどで分析して

それぞれが発表していました。

そこには視覚的にも素晴らしい作品が並んでいました。

言葉以前に圧倒的なエネルギーがありました。

若い人の作品てこれだなあと久しぶりの感覚でした。

人の心と身体を統合して行く分野の学問が

とてもワクワクさせてくれる

そんな作品展でした。

時代はどんどん変わって行くのですね。

想像を超えて。






| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

それぞれの世代の味わい

   
子ども食堂に集う人たちは

下は数ヶ月の赤ちゃん、上は80代のボランティアさん。

いろんな世代の方達がその一日のその場所に集まるって

味わい深いなあと思います。

赤ちゃんづれのお母さんが大変だけど頑張っている

自然と「抱っこしてるから食べて」と誰かがいう。

小学生のやんちゃくんに食事中お母さんが

「ダメでしょう〜」ときになる様子に

「少年時代はあっという間に過ぎていくよね〜」と誰かが呟く。

「夫のご飯を用意しなきゃ」と大変そうに帰りを急ぐ若いママさん。

もう数年前に旦那さまを見送ったボランティアさんが微笑む。

「時は過ぎていく」ではないけれど

人生のページはたくさんあるようで

過ぎてしまえばあっという間。

そんないろんなステージにいる人たちが

一緒に集える時間は本当に貴重だと思います。

子ども食堂はたくさんの方たちの愛に満ちた空気の中で

ほんわかと毎回時間が流れて行きます。
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

自分との対峙

   
夜目を覚ますと一つのメールが入っていました。

スタッフの Mちゃんからでした。

都立高を第一志望にしているAちゃんのことで

スタッフのSくんと今まで話していたとのこと

時計は夜中の12時を回っていました。

MちゃんもSくんも都立高を第一志望にして

私立組が決まって行く中で取り残される気持ちや

逃げたい気持ちを痛いほど味わい

最後は鉛筆を握るのも辛くなるほど勉強して合格した

体験の持ち主たち。

最後の追い込みに向かう生徒さんの気持ちを

どうすれば力づけられるか。






| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

テーマ:  教育
ジャンル:  学校・教育

聖夜に思うこと

   
クリスマスにクリスチャンの友人から

一冊の本とカードが届きました。

カードには「今年の言葉は『災』だと巷では言われていますが

私は『初』でした。」

と書かれていました。

うちもだなあとあらためて今年一年を振り返りました。

春。次女が東京に引っ越すことを決意しました。

理由はいじめでした。

顔の見えないいじめ。

それに対する教師の無責任さに対する絶望。

底の深い闇と悲しみと怒り。

心の通わない学校と町との会話。

体験したことのない感情を娘と夫も私も

毎日途切れることなく感じ続けました。

どんな理由があろうと

命と本気に向き合わない教育はだめです。

闇の中にいる時誰かの愛が光になります。

娘の新しい生活の中で、新しい学校の先生たちが光に

なってくれました。

娘は「前の学校の先生、こちらの学校に研修にくればいいと思う」

と言いました。

地域の方の話によると前任の校長先生が素晴らしい方だったと。

スピリットが受け継がれているのですね。

中学3年間の教育が今非常に難しくなっていると感じます。

なぜなら寺子屋の卒業生がみんな「高校」に入ってから

生き生きとしているからです。

それは「自分の学力にあった、学力に沿った教育」を受けられるからです。

自分のわからないところから教えてもらえる。

自分の学力に似た生徒が周りにいる。

このことが断然生活を楽しくさせるのだと思います。

不登校の生徒数の増加、学級崩壊のクラス数の増加、病気休暇の教師数の増加

これは全て深刻に進行形で現在中学で起きていることです。

教育を受けることによって

「自分の可能性を信じる」ことではなく

「自分の可能性を否定する」ことへ傾いていってしまうのが

現在の義務教育だと思います。

「自分らしく」を否定されてしまうことに

子どもたちは違和感を感じながら日々を過ごしています。

友人の送ってくれた「神の言葉」の本を

何回開けても

「7回どころか、ななの70倍まで人を許しなさい。」

という言葉が飛び込んできました。

私はまだ至らない人間なので

寛容になれません。

また来年も私はその宿題を抱えていきます。

周りにいるたくさんの知恵をもったみなさんと考えていきたいと

思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。



| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

その場に宿るスピリット

   
その場に宿るスピリット

自分の出身校を思い浮かべた時にその場の空気がスーッと蘇ることがあると思います。

また、偶然出あった同じ学校や同じ地域出身の方とその頃のお話をする時に共通の場面やキーワードが共有できるから、そこに共感が生まれます。

よく学校の空気は校長先生が作るものだといいます。

校長先生が変わるとガラッと変わる、担任の先生によっても変わるお話もよく聞きます。

その人が大切にする精神、スピリットは目に見えないものですが、確実に人を取り巻く全てのものに影響するのだと思います。

いつも先生たちが生徒の近況について話している姿をよく見るという学校の生徒さんが言いました。

「うちの学校の先生はどんなに小さな生徒の問題も注意深く観察してくれています。

そしてそのことについて職員室だけでなく、廊下でも話し合っている姿をよく見かけます。

私は転校して来たのですが、

前の学校と大きく違うところは前の学校の先生は口だけ心配しているというイメージだったので、

何か問題が起きても裏ではその生徒についての問題を口にしても、

その生徒に向き合うと決して本当のことを伝えませんでした。

でも今の学校の先生は違います。

ダメなものはダメ。

その生徒にきちんと向き合って、真剣に伝えていこうとしています。

私はこんなに学校によって違うんだなと思いました。

前の学校の先生はこの学校に研修に来ればいいのに、と思いました。

生徒を本当に思う気持ちはどうやったら先生の中に育っていくのでしょうか?」

私も考えさせられました。

その生徒さんの通う学校は前の代の校長先生が素晴らしい方で

いろんな問題を抱える生徒さんに丁寧に対応していた姿勢が教職員に伝わり、

今の学校の精神を作っているというお話を他の方からも聞きました。

一人の人の思いが時間を超えて届いていくということに改めて感銘を受けます。

そして自分も大切にするものをきちんとえりを正して伝えていきたいと心に刻みたいと思います。

暖かく愛に満ちたスピリット。次の世代に繋がりますように。


*****::::::::::::::::::::::::::::::::
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |
前のページ 次のページ