FC2ブログ

寺子屋日記

寺子屋からのおたよりです。

Top Page › 子育て › 兄弟のこと
2020-02-28 (Fri) 20:08

兄弟のこと

先日ご相談にいらした方が

ご質問されたことの一つに

「兄弟に障害があることを他の兄弟にどうやって説明したらいいのでしょう?」

というものがありました。

「なんで私だけ怒られて、弟(妹)は怒られないの?」

と思っている節があるとのこと。

うちの場合のことを思い出しました。

率直にそのまま伝えました。

障害を持つという言葉も小さい子にわかりやすく

噛み砕いて伝えたと思います。

でもどんなに伝えたとしても

その障害の種類によっては他の兄弟にとって

受け入れることがとても難しい場合もあります。

そのことが家族の関係をギクシャクさせたりすることだってあります。

それはどんなメンバーでも起こりうることです。

特に障害があるからということで心配することはないのです。

これを伝えたらどうなるだろうと思う前に

まずは子どもさんの度量を信じて

みんなで見守ろうという気持ちで向き合って見ることが

とても大切だと思います。

障害がある人に対して世間の目は時に辛いものもあります。

私の子どもたちも障害を持つ兄弟と一緒に歩いていて

ジロジロ見られたりすると思春期の頃はとても

傷ついていました。

そういう時はその気持ちをそのまま受け入れて

別に一緒に行動しなくても良いのです。

末娘の担任の先生でお一人素晴らしい方がいました。

運動会に娘を連れて行った時

その先生が他のクラスの子たちの前で

「〜さんのお姉さん、こんにちは〜」と声をかけてくださいました。

そんな当たり前のことも

その先生の人に対する向き合い方がしっかり

生徒たちに伝わっていないと逆効果になってしまいます。

私たちはその時とても良い気持ちを受け取ることができました。

そんな一つ一つを経験しながら

逆にとても豊かなものを感じることもできました。




スポンサーサイト



最終更新日 : 2020-02-28

Comment







非公開コメント