FC2ブログ

寺子屋日記

寺子屋からのおたよりです。

Top Page › 寺子屋 › リレーエッセー第4回 Trial& Error
2018-07-04 (Wed) 19:26

リレーエッセー第4回 Trial& Error

新年度にあたりスタッフからリレーエッセーをお届けします。4人目は佐藤祐樹先生です。佐藤先生も寺子屋の卒業生で、大学1年生の時からスタッフとして色々なタイプの生徒さんと勉強してくれています。まっすぐに生徒さんとぶつかっていく熱血先生です。

“Trial&Error(試行錯誤)”
                                佐藤祐樹
ここ2,3日で気温が30℃を超えて、いよいよ夏が始まったという感じがしますね。
ところで、中学生のみなさんは期末テストお疲れ様でした!あまり言いたくはありませんが、夏休みが始まる前と2学期が始まる前に、1学期のおさらいを軽くでもいいのでしておきましょう。このひと手間で周りとかなりの差がつくと思います!
さて、寺子屋だよりで書かせていただくのも2回目となりますが、今回は少し私自身について
の話を交えながら書かせていただきます。
私は現在、東京農業大学に通う大学3年生で、寺子屋では大学1年生の時からスタッフとしてお手伝いさせてもらっています。今は主に高校生の生徒の個人授業を担当させていただいております。私自身も中学3年生の頃に寺子屋に通っていた卒業生で、高校は都立目黒高校に進学いたしました。

突然ですが、中学生のみなさんは志望校をどのように決めましたか?(まだ決まっていない人はどのように決めようと思っていますか?)正直なところ、私が志望校を決めた時は単純に“家から近い”、“学費のかからない都立高校”この2つだけしか考えていませんでした。

今から書くことはあくまで私個人の考えで、物事を安易に捉えることはしてほしくないですが、
私は志望校の偏差値に関しては自分の頑張りでなんとかするものだと考えています。
これは偏差値に限らず、今後の高校・大学選び、就職先選びなど何に関しても言えることだと思いますが、「今からやっても間に合わない」とか「自分には無理だろう」って何かにつけて、やらないことの言い訳をしてしまいがちではないでか?結局、やってみなければどんな課題があるのかなんて分からないんです。
期末テストも終わり、これから夏休みを迎えるわけですが、ぜひ今年は「言い訳をしない夏休み」にしてほしいと思います。
自分自身がつい最近まで、言い訳人間であっただけに、寺子屋の生徒にはとりあえずアクションを起こしてみたり、ハードルを高く設定してみる。ということの重要さをなんとか伝えていけたらいいなと思っています。

そして、子供が実際に何かに取り組み、壁に直面した時に力になってあげられる存在が「大人」なんだなと思います。寺子屋のスタッフであるからには、子供が自ら険しい道のりを選択した
ときに支えてあげられる大人を目指していきたいものです。
ここまで色々と書きたいことを書いてしまいましたが、なんとなくでも私の言いたいことが伝われば幸いです!

最後に!期末テストが終わり、さらにロシアW杯が開催中ということもあり、夜更かし気味になってしまっているかもしれませんが、決して観るなとは言いません!ただ、寝不足で授業中
に寝てしまったりしないようにもう一踏ん張り頑張りましょう!
スポンサーサイト



最終更新日 : 2018-07-04

Comment







非公開コメント