寺子屋からのおたよりです。



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2018 >>
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 月曜、金曜、土曜日
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count
最近のトラックバック


寺子屋デビュー

   
Aくんと初めて会ったのはAくんが小学4年の時。

私はAくんのお家に訪問させてもらって少し彼とお話ししました。

その時は「やはりまだ勉強する気になれません。」というお返事でした。

Aくんは人と話すのが苦手でその頃から学校に行っていませんでした。

それから数年が過ぎて次にAくんが寺子屋に来てくれたのは

Aくんが高校1年の終わりの頃でした。

チャレンジスクールに通い出してバイトをしていて

色々と頑張っていたのだけれど

バイト先でのトラブルでどうにも自信を無くし

今はお家の方以外とは接触のない生活になっているとのことでした。

Aくんはその生活をなんとかしなければならない

と自分で思って寺子屋にお母さんと来てくれたのですが

それでも彼の表情は硬く、人と目を合わせるのも辛そうで

息をするのもやっとという苦しさが私たちにも伝わって来ました。

「まずは人と会う練習をしましょう」と

毎週日曜日に寺子屋に来て彼の好きなゲームの話をして帰る

ということを始めることにしました。

スタッフのNくんはそんなAくんにただただ寄り添ってくれました。

Nくん自身も中学校の頃から自分の道を見つけることに

苦労していましたのでAくんに特に何をいう訳でもなく

その日曜日の授業を何年も続けていきました。

Aくんはたまに教室の中で誰かにすれ違っても

辛そうで、ましてや誰か他の人が教室にいる時は

そこに入ることは決してしませんでした。

そんな時間が過ぎていきAくんは毎週寺子屋に通って来ました。

お母さんとは半年に1回ほどお会いしましたが

何を話したらいいのか、どう言葉をかけたらいいのか

わからない時もありました。

昨年の春、Aくんが動きました。

社会福祉協議会が行なっている事業に

週に一度通い始めたのです。

そして少しずつAくんの口からNくんに

将来のことを語られ始めました。

「いつかはバイトをしたい。」

それを聞いて私は

「寺子屋で丸つけやってみたらどうかな?」

「喋らなくていいから」

半年ぐらい立ってNくんから

「 Aくんがやってみたいって言っています」とメールをもらいました。

私はAくんと会って話しました。

以前なら私と二人だけの話は緊張で厳しかったのに

Aくんはスッキリした表情で

私の前に座りました。そして発声がなかなかうまく行かなかったりすると

きちんと言い直して声をしっかり出そうとしました。

私は彼の前に進みたい、進む決意をしっかり受け止めました。

寺子屋初日。彼は支援高校の生徒さんの丸つけと

自然とスーッと彼の前に座った中3の女の子の丸つけを

ちょっと苦しさもみせながら1時間半見事にやり遂げました。

帰りがけに「来週はどう?」

と聞くと

「来たいと思います。」という返事。

Aくん、寺子屋デビューおめでとうございます。

これはあなたの尊い一歩です。

そしてこれからまだその尊い一歩は繋がって行くのです。

この話を聞いた子育て現在進行中の保護者の方の何人かは

我が事のように喜ばれ、涙を流していらっしゃいました。

我が子の命を生み出し、預かり、育むことはなんて

深く、尊いものなんでしょう。そしてなんて苦しく、切ないものなのでしょう。

両方を味わいながらまた私もやっていこうと思います。





スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://terakoya1983.blog40.fc2.com/tb.php/946-b003c0e6
<< NEW | TOP | OLD>>