FC2ブログ

寺子屋からのおたよりです。



   
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
<< 2018 >>
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 月曜、金曜、土曜日
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count
最近のトラックバック


そのときに知ること

   
今日は佐久地区の人権作文の表彰式でした。

次女が賞をいただいたので一緒にわたしも式に参加させていただきました。

次女の自分の姉について書いた「障害者の生きる権利」

もはっとさせられましたが

他の受賞者の中に自分のいじめられた体験を発表している生徒さんが

いて、涙を押さえることができませんでした。

一年前の今頃、次女にもつらいいじめが起こりました。

やった子は今でもわかりません。

学校や町の教育委員会の対応も私たちの疲れきり、えぐられたような神経に

さらに刃を突き刺す様なものでした。

このときいやというほど

「いじめられた」または集団の中で「特別な目にあう」

ということがこんなにも日常をこわしていくものだということを知りました。

わたしは仕事柄たくさんの方の話を聞き

そしてその方たちにできるだけのことをしてきたつもりでした。

親友のお子さんがいじめられたときも自分のできることをしてきた

つもりでした。

でもそれでは足りなかったことをいやというほど知る事になりました。

今日発表したお嬢さんの文章の中にも

「必ずあなたのまわりにもさびしく孤独に悩んでいる人がいます」

というくだりがありました。

そうなんです。

特別なことではないのです。

授賞式の帰り道

娘と「私たちは体験したから次はわかるね。」

と話しました。

これまで以上に「おせっかい」を発揮しようと思います。

娘はその子の発表を聞いていて

「情熱をもらった」と表現していました。

そう、その人の中にある情熱に灯をつける

そんな寄り添い方をわたしもしていこう。そんな気持ちになれた一日でした。



スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://terakoya1983.blog40.fc2.com/tb.php/937-5d884af3
<< NEW | TOP | OLD>>