FC2ブログ

寺子屋からのおたよりです。



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
<< 2018 >>
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 月曜、金曜、土曜日
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count
最近のトラックバック


孤立とつながり

   
「生活困窮者支援事業」という取り組みに

昨年春から寺子屋もかかわらせていただいています。

この言葉からすぐ「経済的困窮」が連想されることが多いと思いますが

今やこの国で子育てしている多くの保護者たちが、そして

子どもたち自身が

この「困窮」に直面していると思います。

「困窮」とはつながりをたたれた「孤立」なのです。

「人がつながりを断たれて孤立を感じるとき

いい知れぬ絶望と悲しさに直面することになる。」

我が家にも去年そんな事態が起こりました。

くわしくは書きませんが

中学で娘に起きたある出来事を通して

「孤立」という感覚を突きつけられたまま

数ヶ月過ごしました。

組織の中で起きた事と個人の中で起きる事。

その過程で当事者たちの心の中にこみ上げる

さまざまな感情、思い。

その気持ちを誰とどうつながり納めていけばよいのか。

そんなことをずっと問いながら一年近く過ごしてきました。

たくさんの方たちが近くから遠くから我が家に起きた

出来事を見守り、励ましてくださいました。

でも残念ですが、組織の中からの自浄作用は今日まで

見る事はできていません。


寺子屋で行われている支援事業にかかわる

多くのボランティアさん達。

学生さん、大学の先生、公務員、デザイナー

介護士、教員、主婦、会社員

多くの立場でかかわってくださっています。

ひとりひとりの子ども達の報告を毎回グループラインで共有して

いただいています。

子どもさんは今どんな状態なのか

どんな支援が必要で自分たちにできるのか

そのことでその子どもがどう変わっていけるのか

いっているのか。

そのことで親御さんはどう感じるのか。

そんな小さな取り組みが今、民間と行政の協力で

静かに広がっていっています。

見えない所で起きている静かな広がりこそ

いつも尊く、愛おしいと思います。

そのことが表面に出て来るときは確かなものとして表れると

思います。

その日を信じてまた進んで行こうと思います。

「孤立」から「つながり」へ。進みましょう。















スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://terakoya1983.blog40.fc2.com/tb.php/934-ba15193d
<< NEW | TOP | OLD>>