FC2ブログ

寺子屋からのおたよりです。



   
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2018 >>
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 月曜、金曜、土曜日
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count
最近のトラックバック


たいせつにしたいもの

   
寺子屋の教室にいると

そのときにいる生徒たちが出している

今を生きている若いエネルギーがどんな空気を

出しているのかをリアルタイムで

感じることができます。

今を迷いながら、楽しみながら、抜け道を探りたいと思いながら

自分の方向を見据えながら

ひとりひとり全然違うエネルギーを出しているのがわかります。

でも根底にあるものは本人もわかっていないくらいの

あり余るその本人から出されているその子の持つ力であることが

はっきりわかります。

そのエネルギーが培ってきたものが今の教室を作って来た。

「寺子屋の壁は卒業生や夫や子ども達が塗ったんですよ。」

するとあるお母さんが言いました。

「だからこんなに気を感じるんですね。ほかにはない

ていねいな空間だという気が。」

そう言われてはっとしました。

ここの空気はみんなが作り上げてきた空気感であり

積み重ねの集大成であると。

これまでここで学んで来た仲間達の作り上げて来た空間。

だからわたしはこの教室にいると

自分の深いところに出会える気がするのです。

寺子屋の日々と子ども達の時代の変化を

少し心配になったり、悲しく思うこともあるのですが

この教室に流れるこの子ども達の楽しく、次を感じることのできる

エネルギーがあるかぎり

まだ大丈夫、と思えるのです。

学校でおきていること

社会でおきていることがどれだけ悲惨で

世の中の流れがどこに向かっているのかが見失いそうになろうとしても。

今日もテスト勉強でがんばっているみんなの姿、声、表情、動き。

そのことから大事なメッセージを受けとっています。

みんなの目の奥にあるものからきちんと受けとっています。

今日もおつかれさまでした。

スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://terakoya1983.blog40.fc2.com/tb.php/929-b5360c70
<< NEW | TOP | OLD>>