FC2ブログ

寺子屋日記

寺子屋からのおたよりです。

Top Page › 寺子屋 › めぐるめぐる輪
2016-04-11 (Mon) 20:11

めぐるめぐる輪

4月から世田谷の寺子屋では

新しいお教室がはじまりました。

かかわってくださる方たちはみなさんボランティア。

お金ではなく心、思い。

それを少しでも提供できたらと

手を挙げてくださった方々ばかりです。

お一人はなんとわたしが小学校時代からお世話になっているAさん。

Aさんとの出会いがなければ今の寺子屋はなかったかもしれません。

40年もの間Aさんは地元でいろんな活動を続けていらっしゃいます。

Aさんは最近最愛の子どもさんを亡くされました。

この活動についての話し合いでお話した直後

悲しい別れは訪れました。

どううしていいかわからないわたしは

Aさんから逆に力をいただきました。

Aさんは

「いづみちゃん、今わたしがどれだけこの活動にかかわれることが

ありがたいかわかるわよね?」

とおっしゃいました。

胸がいっぱいになりました。

天国のHくん。わたしはお母さんとまた一緒に

ひとつのことができて本当にありがたいよ。

いつもあなたのお母さんはかっこよすぎるよ。

だからわたしもその背中を見させてもらってがんばるね。

他のボランティアの方たちも

シングルマザーだったり、お子さんが不登校だったり

みなさん

「自分の今があるのは今までみんなに支えてもらったから。

だから今度はわたしの番!」

もう社会人として活躍している寺子屋の卒業生も

「人の役にたちたい!」

と加わってくれました。

将来児童養護施設に就職を希望している

卒業生,将来福祉の仕事につきたい卒業生も。

みなさんのそのかかわりたいという言葉を聞けば聞くほど

人がかかわり

何かを生み出し

つらいときは支え合って

自分の番がきたら自分のできることをする。

輪がつながっていくことの

あたたかさと豊かさを感じながら

少しずつこの活動が実りあるものになりますように。









スポンサーサイト



最終更新日 : 2016-04-11

Comment







非公開コメント