寺子屋からのおたよりです。



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2018 >>
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 月曜、金曜、土曜日
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count
最近のトラックバック


自立って

   
3月のお祝い会からあっという間に2ヶ月たってしまい

ブログも更新せず

寺子屋もスタッフの入れ替わりなどあり

新しい仲間と新しいスタートを切りました。

相変わらずジェットコースターのような毎日です。笑

そんななか先日、寺子屋親の会のなつかしいおかあさんたちと

久しぶりにゆっくりお話する機会が。

それぞれコミュニケーションが苦手な20代後半の

お子さんがいます。

「なかなか自立ってむずかしいのよね。」

と一人のお母さん。

あるときお世話になった保育園のときの先生と話したそうです。

その保育園は自閉傾向のお子さんがたくさん通われている

園だったのできっとたくさんの方から

自立について聞かれることが多いのでしょう。

「自立ってしなきゃいけない?」と逆に聞き返されたそうです。

親なら、いつか我が子に一人で稼いで一人で住んで

そしていつか結婚して、、、、とストーリーを重ねますわな。

でも、全員がそのストーリーを歩く訳ではない。

Aくんも、Bくんも、すごくがんばってるんです!

ひとりは勉強が大好きなので大学で勉強続けています。

もう一人はコミュニケーションは苦手だけど

弱きを助けるがごとく

障害者のガイドヘルパーをしています。

みんな自分の特性を最大限に生かす選択をして

いろんな葛藤と共にある。

うちの夫に二人のことをはなしたとき

「Aくんがんばってるなあ。Aくんにとっては

勉強することが自立なんだよな。」

うん、名言。そうだよ。ひとりひとりちがうんだよ。

しばらくたって一人のお母さんからはがきがきました。

「次の職場に異動しましたが

いろいろありますが、いろいろたのしいですね。」

さすがだなあ、と思いました。

この境地!へこむ事はあれどこの境地を知っている限り

大丈夫だわ。

以前寺子屋に通われている20歳になるお子さんが

お母さんに

「ぼく、ずっとこの家にいてもいい?」

と言ったとお聞きしたことを思い出しました。

そのお子さんもコミュニケーションが苦手。

そのときお母さんはとても複雑な気持ちになったそうですが

しばらくして「いいじゃん!」と思えたと話されていました。

「いいじゃん!」「いろいろたのしい」

自分の内側から聞こえてくる言葉。

それってその人の答えですよね。

周りの人にはわからないかもしれないけど

さまざまな親子にはさまざまなストーリーがある。

自分の声と共にあるとき

現実は次へ次へと展開していきます。

そのことと共にあることがすごく素敵!と心から思う日々です。

スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://terakoya1983.blog40.fc2.com/tb.php/886-38dc53b5
<< NEW | TOP | OLD>>