FC2ブログ

寺子屋日記

寺子屋からのおたよりです。

Top Page › 寺子屋 › 信頼
2014-12-10 (Wed) 20:45

信頼

Aくんは小学5年生から寺子屋に通ってきてくれている。

何度もけがをする昔懐かしい

いわゆる「子どもらしい」子ども。

今の子はあまりけがもしなくなってるから。

ただ忘れ物はかぎりなくする。

遅刻は毎回。

とにかくおこられる回数はぴか一。

今年彼は受験生。

スタッフが頭を抱えるくらい意識改善はなし。

そんな彼とついにとことん話し合う機会がきた。

真剣勝負だった。

お母さんとも電話ではなした。

その後お母さんからメールをいただいた。

「先生方には感謝しかありません。

先生方のように思っていただいて本気で

しかってくれる先生は学校にもいないです。

先生方には最後の最後までご面倒をおかけしますが

よろしくご指導お願いします。」

こういうお言葉をいただいたとき

涙がでる。

そしてお互いに信じているからこそ

本気でつきあえると思う。

ありがたいです。

うそは子どもには通じません。

あと数ヶ月。Aくんに直球勝負の日々はつづきます。





スポンサーサイト



最終更新日 : 2014-12-10

Comment







非公開コメント