FC2ブログ

寺子屋日記

寺子屋からのおたよりです。

Top Page › 未分類 › 子どもたちがきづいて行く道のり
2014-09-03 (Wed) 21:24

子どもたちがきづいて行く道のり

子ども達の中には

何度も何度も

時間に遅刻

持ち物忘れる

宿題忘れる

の連発の人もたくさんいます。

もう、お母さんも頭を抱え

何度も何度も話し合って

私は当然ものすごーく恐い存在ですが

若いスタッフたちも真剣にその子たちと向き合います。

本人は「何言われても頭真っ白です。」

と本音を語ってくれたり。

それでも今年の夏はうれしい再会がありました。

小学生から中3まで通ってきてくれた

勉強ではすごく苦労して

スタッフや私にはおこられ続けたAくん。

通りの向こうから手を振ってさわやかな笑顔

で近づいて来て、深くお辞儀をしてくれました。

「Aくん!

立派になったね!」

お互何でも言い合った仲です。

「すごいいい顔になったなあ。

たくましくなったし。」とわたしはもう絶叫気味。

彼は

「いや、まだまだです。大学決まりました!」

すっきりとその言い方で

成長を実感。

今寺子屋で新しくスタッフを手こずらせている

いろんな顔を思い浮かべて

「大丈夫。道はそれぞれでも

みんなで育てていけば、大丈夫だ。」

時間がいろんなものを見せてくれて。

確かな歩みを見せてくれて。

何よりの力をもらえました。

スポンサーサイト



最終更新日 : 2014-09-03

Comment







非公開コメント