寺子屋からのおたよりです。



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2018 >>
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 月曜、金曜、土曜日
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count
最近のトラックバック


心の勉強

   
長野では主人と娘たちが暮らし

わたしは週の半分佐久穂、半分を世田谷で暮らしている。

そんなわたしたちの家族にとってご多分にもれず

風呂場は絶好のコミュニケーション場というより

女子のしゃべりば。(ここにたまにパパも乱入してくるが、、、)

末の娘が大きくなるにしたがって

なんとも深い話もするようになった。

ある日のこと。

末娘の現在の将来の夢について語り合った。

姉に障害があることが大きいと思うが

今の彼女の夢は「障害のある人の助けになる仕事につくこと」

どうすればそういう仕事につけるのか

そのためにはどんな勉強をするのか話した。

大学に行くと

社会学や教育学や心理学を

ひととおりやるよ

と言うと、ふうんと聞いていた娘がひとこと。

「じゃあ、障害を持った人の心の勉強はどうやってするの?」

ちょっとびっくりした。

そして彼女にとってそのことが本当に大事な関心ごとであること。

常に自分の身の回りにいる姉も含めた

「障害を持つひとたち」と自分がどうかかわろうとしているかを

とっても大切に思っていることがびんびん伝わってきた。

「残念ながらそういう勉強はあまりしないんだよね。」

と伝えた。

娘は姉にかかわる施設職員、ヘルパーさんなど

いろんな方たちを小さいときから見て来た。

だからかなりその方たちと姉とのかかわりについて

彼女なりの意見も持っている。

彼女の中で「こころ」のことはとっても大切なポイントなんだ。

わたしもとっても大切なものをもらった気がして

うれしくなったけど

同時にほんとうはそれが一番大事なのに

おざなりにされている現実を考えさせられた。

「あなたが今考えていることを大事に

たくさんの勉強をしながらぜひそのことを

あなたがどうしたらいいか考えて。」

と伝えた。

わたしも宿題をもらってしまったような

そんな時間だった。
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://terakoya1983.blog40.fc2.com/tb.php/852-c9343af7
<< NEW | TOP | OLD>>