FC2ブログ

寺子屋日記

寺子屋からのおたよりです。

Top Page › 寺子屋 › オルタナティブ
2012-07-25 (Wed) 10:24

オルタナティブ

先日みえたお母さんが

「私も不登校でしたから

子どもの気持ちがわかるんです。」

とおっしゃいました。

そして

「不登校でも全然生きていけることが

わかってるんです。」

とも力強くおっしゃいました。

サロンにも親子2代で不登校!経験の方もいらしています。

不登校の歴史も長くなったなあとつくづく思います。

30年前、寺子屋を始めた頃

まだまだ不登校はごく少数派でした。

校長先生の一存で卒業証書を出すか出さないかも

決められました。

私はうちのような小規模塾の先輩たちが立ち上げられた

「学校外で学ぶ子の会」に

入って、少数派ではあるけれども、かならず何かを変えていく

いろいろな人の言葉に耳を傾けました。

そのころ「オルタナティブ」という言葉とともに

「フリースクール」や「オルタナティブスクール」もできはじめました。

「オルタナティブ」「もうひとつの」

ひとつの学校教育のやり方ではなく

ちがうやり方を模索することが始まりました。

30年たった今、不登校のお子さんが選べる

選択肢はとても増えました。

「オルタナティブ」を自由にそのお子さん、保護者のかたが

設定できるのです。

そういう意味では

勇気を持って自分の選択をしていってほしいと思います。

不登校のお子さんの次なるステップは

学校ではなく、社会への適応です。

社会の中でいかに自分の居場所

自分の存在意義を見いだしていくのか。

ここでも

「オルタナティブ」を積極的に使っていくしかありません。

「みんなちがってみんないい」

を体現していくことを

私も私なりに応援していきたいです。





スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comment







非公開コメント