FC2ブログ
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 木曜日 その他オンライン
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

寺子屋日記
寺子屋からのおたよりです。
文字を読む
先日読んだ柳澤桂子さんの著書の中で

柳澤さんが中学生のときに書店で

夏目漱石全集に会い

夕食の後の楽しみとして食い入るように

読んだ話が書いてあった。

この間中三の社会で夏目漱石を知らない子がいたことを

思い出した。

できれば、日々子どもたちと一緒に勉強する一人として

小さきときから文字に親しむことを強く勧める。

それはあちらこちらで言われている事だけれど

例えば小学校3年生くらいの生徒さんには

ちょっと難しい長文の問題集をやってもらう。

最初のうち、まず文章をじっくり読むことに慣れていないので

読んでいても文章の意味が理解できない。

知らない言葉が多すぎて意味がわからないので

途中で苦戦する。

それが三ヶ月もすると

読む事になれて

語彙も増えて

理解力もついてくる。

そういう読む力のある子は

いろいろな科目にその応用ができる。

いかにも一生懸命読んでそうでも

顔を見ると集中できていないことがわかるときは

「集中して!」

と声をかける。

はっと気づいてまた読む。

そんなことの繰り返しだけで

相当読む力はついていく。

私の小さい時、祖父の家にはあふれんばかりの本があって

その本棚から引っ張りだして訳のわからない

文章もわかったつもりで読んでいた。

恩人があるとき私に

「本はね、少し自分には難しいと思うものもそばに置くといい。

その本から発せられるものに必ず刺激を受けているから。」

文字や言葉を伝えていきたいと思う。

大事な私たちが受け継いできたものだから。


********************
次回の寺子屋カウンセリングは

3月9日(火)10時半から
寺子屋にて

皆様のお申し込みをお待ちしています。

スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terakoya1983.blog40.fc2.com/tb.php/355-d605c1bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count

最近のトラックバック