FC2ブログ
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 木曜日 その他オンライン
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

寺子屋日記
寺子屋からのおたよりです。
寺子屋サロン
寺子屋サロンでした。

フレッシュな新人さんも参加されて

あたたかい春の日差しの中

いつもと同じ楽しい会でした。

サロンに初期の時期から通ってきてくださる方に

Aさんがいらしゃいます。

同じ世田谷区内でも東西の交通の便が悪いので

1時間半もかけて来てくださっています。

本当にうれしいですし

顔を見ただけでもうほっとする関係です。

それはお互いの人生を共有してきたことと

Aさんが、地域のおばさんとして

自分の子ども以外の子どもたちにも

どんなに心を砕いてきたかを知っているからです。

地域には人知れずいろいろな人を支えている人たちが

今もいっぱいいると思います。

そういう人たちはナントカ役員とか委員には

ならないけれど

あたたかいまなざしを自分の周りに注いで生きていらっしゃいます。

Aさんの話はずっと聞いてきましたが

昨日改めてこんなエピソードを話してくれました。

児童館の行事を通して知り合った10代の女の子が

あるとき不幸なことにレイプされてしまい

親に言えないその子はAさんに助けを求めてきました。

逃げ帰るその子につきそって歩いた道のりを今でもけっして忘れないそうです。

ずっとその子に寄り添ってきて

数年ぶりにその子に再会したとき

その子はママになっていましたが

がんばってシングルで育てていました。

「あのときAさんがいてくれたから

今もがんばれるよ。」

とその子は言ったそうです。

愛ですね。

愛に勝るものはないです。

Aさんは愛を今も注いで生きています。

そんなAさんに会えるのをまたとっても楽しみにしているのです。


*****************

次回寺子屋カウンセリングは
3月9日(火)10時半からです。
お申し込みをお待ちしています。
スポンサーサイト




コメント
No title
そっと寄り添うことは、実はほんとうに難しいものと思います。大人になってしまうと特に。

 自身でも、なんだかんだ言いながらも寄り添ってくれた大人の存在の大きさに救われた経験があります。

 「寄り添える感性」って あると思います。「それを受け取って 生きる力にできる
感性」もそうですが。
 その間にあるものを「愛」と呼ぶのかなぁと、日記を読んで思いました。
[2010/02/10 18:35] URL | 邪美艶 #- [ 編集 ]

No title
邪美艶さんの感性って本当にいつもていねいなところから発しているなあって思います。
それを言葉に置き換えると、すっとおちますね。
ありがとうございます。
[2010/02/11 06:39] URL | いづみ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terakoya1983.blog40.fc2.com/tb.php/351-cc0311fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count

最近のトラックバック