FC2ブログ

寺子屋日記

寺子屋からのおたよりです。

Top Page › 寺子屋 › 一通の手紙で
2021-02-03 (Wed) 07:21

一通の手紙で

今年も中学受験のお子さんが中学生のお兄さんお姉さんに

混じって夜遅くまで毎日がんばりました。

受験前にかつを食べてもらう前に

必ず受験生に向けてメッセージを伝えるのですが

今年も今まで一緒に勉強してきた小学生に

中学生が

「小学生なのに長い時間勉強していてすごいなと思いました。」

と言っていました。

私も中学受験のお子さんの場合は受験する中学に

お手紙を書きます。最初は私のような小さな塾の者が

書くのはおこがましいかなと思っていたのですが

何回も書いているうちに

受ける中学の先生からお電話をいただくこともあり

勉強だけでないその子の人となりを伝えることの大切さ

そして同じ子どもさんと向き合う職業の顔は見えない

電話や手紙の向こうにいる教育者の熱い思いを

感じたり受け止めたりして

やはり文字で伝えるものの大切さを感じてきました。

最近、いろんなお母さんたちと

困った時に最初に誰とつながるか

それが全ての鍵になる

というようなことを話すのですが

それは運のようでもありますが

毎日の中の小さな積み重ねがつながっていくのだと

思っています。

昨日中学受験の生徒さんは全員合格しましたが

今年も温かい教育者の方との出会いがありました。

「どうぞ中学でますます鍛えていただけたらと思います」

とお願いしました。

立春の今日からまた、これから頑張る公立校受験の生徒さんに

もう一息伴走します。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2021-02-03

Comment







非公開コメント