FC2ブログ

お弁当

IMG_4087.jpg
子どもたちへの弁当作り

長男の高校の時は

高校野球三昧の長男に

ガッツリ系で作っていたけれど

あの頃私はまだまだ心に余裕がなくて

後になって長男から

「下に行くほど弁当がよくなった」と

言われてすまないことをしたなあと思う。

料理は本当に心を映すんですよね。

長女は支援高校だったのでお弁当は作らなかった。

次男の高校の時は

長野と行ったり來たりの生活が始まり

次男は週に2日自分でおかずを詰めることもあった。

それでも私がいる日はなんとか常備菜などを作って

冷凍したりおかずの種類も増えたかな?

そして今は次女。

今は毎朝私が作ったおかずを

次女が好きなように詰めていく。

自分の好みのものは多く詰めて

出来上がりがなんとも面白い。

お弁当作りは子育ての歴史。

自分の人生の歴史でもある。

そんな長い私の子育ても

だんだん先の見通しがついてきた。

その時その時必死できたけれど

子どもたちは本当にその子らしく育ってくれた。

何も会話ができない日も

一生懸命上手ではないけれど

その子に元気で過ごしてねと

思いを込めて弁当を作った。

そんな時間が今はとっても愛おしい。

今はしほりさんが作った弁当をたくさんの方にお届けして

みなさんに元気になってね

と願っている。

食の素晴らしさは永遠だ。



スポンサーサイト



0Comments