FC2ブログ
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 木曜日 その他オンライン
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

寺子屋日記
寺子屋からのおたよりです。
動く季節
移動の季節

娘の実習所のバスの添乗員さんが変わるという

大変お世話になった地域の支援をしてくださっていた職員の方も

今月でおやめになった

長男は職場の異動を告げられた

次男は1日から社会人

寺子屋のスタッフも社会人スタート

生徒さんの中にも職場が変わった人がいる

生徒さんの一人は地方の学校に行く

そして新たな出会いもある

新しく寺子屋に入ってきてくださった

生徒さんたち

ボランティアをやりたいと寺子屋のドアを叩いてくれた方達

動く季節

ずっと祈っていることがある

「本当に必要としている人たちに必要な情報を

届けること」

その祈りが最近少しずつ届き始めた

移動の中でまた新しく始まる

それぞれの場所で

桜の花が長く咲いてみんなにふりまいている

美しくはじめよう








スポンサーサイト



5年の道のり
寺子屋には支援高校を卒業した生徒さんもたくさん

通ってきています。

みんな卒業後も自分の勉強を続けたい

と本当に真面目に勉強に取り組みます。

漢字、計算、英語、パソコン

同じテキストを何度もやったり

同じ問題を何度もやることももちろん珍しくありません。

S先生とYくんは5年間ずっと一緒に勉強してきましたが

S先生が1つのみちに進むことになり

先日最後の授業になりました。

4月からは他のスタッフがYくんを担当します。

最後の日お母様もいらしてくださいました。

お母様から振り返りの言葉をいただき

健康状態がすぐれなかった時期

昨年の自粛期間の時は慣れない

リモートで一生懸命テキストを画面越しに勉強した

色々な思い出話をしました。

S先生が「僕の方こそYくんから教えられ

支えてもらいました」と。

周りにいる生徒さんにもS先生とYくんの一生懸命な勉強時間は

温かく、ほのぼのと、そして頑張り続けること

それを伝えていました。

寺子屋には色々なタイプの生徒さんが通い

小さな部屋の中で

お互いにそれを感じながら

見ながら勉強する場です。

s先生5年間ありがとう。

次のステップ応援します。IMG_6846.jpg

五感で得るもの
4月11日の溝の口すくらむホールでのバロックコンサートに向けて

芸術監督の飯田さんが寺子屋の子どもたちのために

ホールでの音楽授業を体験させてくださいました。

IMG_6795.jpg
実際の楽器の触らせていただいて



ホールでの響きや客席の様子、照明など

全て体感させていただく1時間のみっちり授業でした。

小学2年生〜高校生まで

積極的に質問して感想をいう姿に

子どもたちが自分の細胞に染み込むように

吸収している様子がわかりました。

飯田さん始め楽団の皆様本当にありがとうございました。

こんな贅沢な体験授業を受けて

子どもたちは本当に幸せです。

4月11日のコンサート。

とても楽しみです。

まだお席はございます。

ぜひいらしていただきたいです!

旅立ち
IMG_6746.jpg

フリースクールクラス第一期卒業式

すべて手作りでした。

賞状は中3のHさんが「私が作ります」と言い、

賞状授与は「僕が渡したいです」とYくんが言い

司会も僕が、私がとサクサク決まり

プログラムもどんどん子どもたちが決めました。

大人たちは食べるもの作りに徹して

さきこ
さきこさんが大量のお赤飯をふかしてくださり

けーき

私たちは2台のケーキを焼きサンドイッチを作り

IMG_6765.jpg

しほりさんのオードブルには岩岡農場のちじみほうれん草を入れた

点心が。

Yくんの涙に全員が泣いて

クールな主役Tくんのお母さんが

「 Tも心で泣いてるよ」と。

そんなみんな涙の空気の中で

地域代表の cさんが入ってきて

場の空気ががらっと明るくなり

本当にみんなの中で育てて貰えたんだと実感。

地域に開かれた学びの場は皆様のおかげで育っています。

本当におめでとう。Tくん。

しほりさんのスピーチにあったけど

「寺子屋いつでもここにあります。

楽しい時、辛い時、どんな時でも良いから

来たくなったらいつでも来てください」

皆さんの気持ちにジワ〜っと

ありがとうございます。





たくさんのお便り
寺子屋にいると毎日いろんな方がきてくださったり

メールをくださったり

自分の日記に細かく忘れないように書くことを心がけています。

昨日もドアがあいて

いつもcafeにきてくださるお母さんが

その後の息子さんの様子とお嬢さんの大学合格の

お知らせを持ってきてくださいました。

晴れやかな顔から良いニュースを伝えにきてくれたと

すぐわかりました。

数年前に教育相談室の先生のご紹介で

寺子屋を訪れてくださり

息子さんの家での問題、学校のこと

そしてときには息子さんと離れて暮らしたり

お嬢さんの受験のためにお嬢さんも離れて暮らしたり

家族のそれぞれを思い、そのときそのとき

一番できることを選択されて、いつも真っ直ぐに物事に向き合う姿に

私たち聞いている側も元気をいただく方です。

お嬢さんが合格されたこと(それもとても優秀な学校に!)

そして息子さんも何とか自分の思いを成し遂げたこと

の途中経過を話してくださいました。

私もまだ子育て中なので本当にいつも

「一緒に頑張りましょう!」という思いですし

思わず手を握り合ったり

涙ぐんだりしてしまいます。

そして人の生きる道の尊さや美しさをそこから

見せていただきます。

ここには書けない

たくさんの辛いこと苦しいこと

それも分かち合っているからこそのものです。


今朝もまた別の方から今日お二人のお子さんが卒業されるとのこと

長い時間関わらせていただいている時間にお互いに

思いをはせました。

春はたくさんの新しい道のりの分岐点ですね。


寺子屋バザー
IMG_6714.jpg

先月に引き続き地元バザーを行います。

今回は商店街から

たけブチさん  チキン南蛮

東京夜市さん  杏仁豆腐

ミロワール さん  岩岡農場の無農薬野菜を使ってお惣菜パン

とワクワクのラインアップです。

そして販売は子どもたちが頑張ります。

新品やusedの可愛い子供服もたくさんあります。

お散歩がてらお立ち寄りください。


手作りの賞状
501B0CDF-13FE-44B1-A295-C7F17A93FEE2.jpg

昨年から始まったフリースクールクラスまる

少しずつ仲間も増えてきました。

何らかの理由で今は学校に行かないことを選んでいる子どもたち

午前9時から勉強にやってきます。

成長期の貴重な時間を有意義なものにして欲しいから

5科目はそれぞれのペースで取り組み

音楽や美術、調理、掃除の時間をとっています。

今週の金曜は数ヶ月だけだけど毎日共にやってきた

仲間の一人が卒業します。

4月からは中学に行くことを選択しました。

学校に行かないことを選び、そして行くことを選ぶ。

素晴らしいとおもいます。

自分の人生を選んでいく。

12歳でそうしている君に本当にエールを送ります。

そうしたら仲間の一人が卒業証書を書いてきてくれました。

文章もです。

そして今日は式の打ち合わせ。

プログラムも子供たちに考えてもらいました。

司会をやりたい子、プレゼントを渡したい子

「やりたい」気持ちがたくさんある子たちです。

それもとても素敵なことです。

一人一人違う個性で小さな教室の中で

ぶつかることも多々あります。

でもその後率直に謝り合ったり

自分の正直な気持ちも伝えている子どもたちから

私の方がだめじゃん

と学ぶこと多しです。

そんな素敵な子どもたちとのセレモニー。

合唱もありとてもワクワクしています。





優しい耳のお医者さん
長女の耳の調子が悪いので

行きつけの耳鼻科に2年ぶりくらいに行った。

娘が小さい頃他人に身体を触られるのがいやで

歯医者も耳鼻科もじっとしていないので

行くだけでつかれた。

でもその耳鼻科のお医者さんに出会ってからは

なんて優しい人だとこうも

娘が穏やかに診察してもらえるんだろうと

思ったものだった。

今日も2年ぶりにもかかわらず

娘は自分から椅子に座り

自分の痛い方の耳を向けた。

そして先生もわかってるわよ

と優しく言ってみてくださった。

障害のある子ども医者に見せるのは一苦労だけど

こういう先生に出会えたのは本当に財産だ。

世田谷医師会がやってくださっている歯の診療も

本当に優しく接してくださる。

優しさは伝わる。

本当に感謝だ。
音楽の時間
毎週金曜は美術または音楽の日

今日は来週の卒業式に向けて

「旅立ちの日」の合唱練習。

みんな最後は大合唱。

別れと出会いのまさに季節です〜

来週が楽しみです!!
佐久穂から春のたより
IMG_6648.jpg
IMG_6647.jpg

佐久穂のいつもお世話になっている畑をお借りしている地主さんから

たくさんの春の恵が届いた。

箱を開けた時の蕗のとうのいい香り

幸せになった〜

ノカンゾウも入っていた。

この時期の野草はデトックスに一番。

すぐに蕗の薹は天ぷらにしてノカンゾウはあえものにした。

冬の氷点下の寒さを乗り越えたネギや

この時期味は変わってくるけど

少しみりんや醤油で煮直すとさらにおいしくなる

野沢菜づけをつめてくださった。

心がポーッとあったまった。

「春はきたんだけどまだ霜があるからふきのとうの先っちょが黒くなってさあ」

と。

近所の方にもお裾分け。

みんな飛び上がって喜んだ。

春のお便り。本当にありがとうございます。
20年ぶりの卒業生がきてくれた。
名称未設定

午前のクラスの休憩時間

階段の下から私をよぶ声

「いづみ先生、お久しぶりです。」

すぐ分かったよ〜Yくん!!

お子さん連れてきてくれた。

聞けばご両親と一緒に住むことになりご実家暮らしをすることに。

ヤンチャだったYくん

でも真っ直ぐな気持ちを持っていて

家出したりして私も焦ったなあ。

うん。なかなか元気な男子だったよね〜

お母さんとはいろんな話したなあ。

だけどすごく自分を持っていて。

1つ1つ乗り越えて

今は2人のお子さんのお父さん。

すっかりお父さんの顔になっていた。

でもキリッとした目がそのままで

あ〜人はこうやって大人になっていくんだなあって

思いました。

「先生のHPみてます」「なんかあってもこの地域にいれば

子育ての相談できて安心です」

いやあ。みててくれるのね。はい、まだできることありそうです。

卒業生の来訪。時間の繋がりを感じることのできる

ありがたい時間なのです。



さんぽ♫
IMG_6641.jpg

「寺子屋もやってお弁当もやって毎日お忙しく」

というメールをいただいて

私は外から見るとそう見えるんだなあと改めて。

9時からお昼過ぎのクラス

そして夕方から夜までのクラス

2つのクラスの合間に3時間くらいの時間があって

そこで打ち合わせが入ったり他のサロンなどが入ったりすることも

あるけれど

今日は何もなかったので近所を歩く

路地は私の幼い時の遊び場

こことあそこに同級生がいたなあとか

あっちが先輩のうちとか

身体が覚えてる

卒業生のやっているお花屋さんに寄って

チューリップの次のラナンキュラスをゲット。

春らしい鮮やかな黄色

玄関に置く。

空気が変わる。

昨日のお祝い会で完全に次へシフトしたなあ。

大事な儀式だ。

始まります。また新しく。

よろしくお願いします。


一年の締め括り、お祝い会
IMG_6634.jpg
IMG_6636.jpg
今年も無事卒業生を送りました。

おめでとう。

思えば一年前突然の学校の休校

みんな訳のわからないまま

課題だけもらって家で勉強する毎日

部活の引退試合もなく、修学旅行もなく

そのまま受験勉強

気持ちと頭がバラバラだった

こんなことは70年間なかったことだよ

と話しました。

今日の今日でまたおうちで色々やらかしてから来る子

親御さんの思い

みんな本当に一人一人

個性があって

あなたたちを応援している大人がたくさんいることを

忘れないで

この激動の世の中を生き抜いていきましょう。

これからもチャレンジャーとして同士です。

おめでとう。


お母さんという仕事
IMG_6590.jpg

昨日も今日も保護者との方との面談がありました。

親御さんの子どもへの愛の気持ち

心配、親としての努め、日々のこと

親になった時から始まり

ずっと続くもの。

完璧でなくていいし

そんなの無理。

お父さんの子育てへの積極的参加も時代の大きな変化。

でもまだまだお母さんが自分にしっかりしなきゃって

思うことの方が比重としては多いのだろうなあ。

お母さんはどうしても自分を責めるし

周りからも責められてしまうように感じてしまう。

十分やってるお母さんの方が本当に多いと思う。

チューリップの球根が毎日少しずつ赤くなって

昨日咲きました。

春ですね。



呼びかける授業
緊急事態宣言下で教室にこれない生徒さんは

zoomでの授業を引き続きしています。

言葉がなかなか出ない生徒さんの場合は

音楽や歌、ストレッチなどを一緒にやります。

紙芝居、英単語など色々とチャレンジする授業です。

毎週ライブ感覚で楽しんでいます。

ジブリの曲を弾き語りしたり

なかなか緊張するひとときでもあります。笑

でもニコニコしてくれる画面の向こう側の

染み渡っていくような生徒さんの心に向けて

毎回エネルギー全開で授業をしています。

IMG_6587.jpg

我が師
私の大切な歌の先生が今入院されている

12月の最後のレッスンの時

レッスンが終わって机に戻ると一通の手紙が置いてあった

手紙をみた時

衝撃が走った

なぜか開封しなくても中身がどんなものかが

わかってしまった

恐る恐る開けると

そこには

先生自らの書かれたもので

手術をして療養するのでしばらくレッスンがおやすみになると

いう内容のものだった

しばらく頭が真っ白になった

なぜこんなにショックなのかわからなかった

先生と出会って7年

先生の歌に対する姿勢

その歌声

そして先生の生きている日々が本当に私に

どんなに影響を与えて

そしてどんなに力をいただいていたのか

改めて気づかされた

先生には歌を通して

深い愛を伝えるオーラやエネルギーがあり

それをたくさんの人たちにたくさん振りまいていたのだと

思った

それがスターという人の使命かもしれない

たくさんのファンと先生を慕う人たち

先生が再びレッスンの場所に戻って来る日まで

もう一度心を整えて歌に向かい合おう

先生の元で歌に向かい合う

同じ思いのお仲間とこの思いを共有して

歌を大切にしよう

音楽を通して私がもらったものを

今だからこそ大切に育てよう

そんな風に思う今日なのでした。IMG_6547.jpg

10年の月日
あの日とても重いなんとも言えない空気をお昼過ぎくらいから

感じていたのを覚えている。

空もどんよりしていてとてつもないエネルギーが地面から

上がって来たのを感じた。

そして震災後夫はいわきにボランティアに。

私も自分の中に答えの出ない

「このままでは何かが違う」

という問いをずっと抱えていた。

夫と出した結論は移住だった。

そして長野に家族で向かった。

次男はその時高校2年生。

初めの1年間は世田谷で

次男と私のアパート暮らしが始まり

週末長野に通う生活だった。

長女は新しい土地で作業所に通い

次女は小学3年でその土地の小学校に転校した。

10年の月日の中で

次女は長野で言葉にはし難い

辛い体験を通して再び東京で生活することを選び

次男は今年大学院を卒業し長い学生生活を終える。

長男は二人の子供を育て

新しい家を構え

そして長女は昨年の夏から東京に居を移している。

この10年。私たち家族にも本当にたくさんのことがあった。

大好きだった祖母と叔父と叔母をあちらの世界に見送った。

数年後義父も旅立った。

被災地で経験した方たちとは比べ物にはならないけれど

大きな波をいくつも超えてきた。

思えばその前からそのストーリーは続いていた。

それは私が長女を25歳で出産した時からかもしれないし

この世に生を受けた時からだったかもしれない。

大きな波は何回も何回も寄せてきた。

「 人生とは、なにかを計画している時に起きてしまう別の出来事を言う」

ガイアシンフォニーの中でシリアハンターが言っていた言葉だ。

この言葉が大好きだ。

でもその結果違う贈り物をもらえるのも人生だというのも真実。

だけど失うものも同時にある。

手放し、委ね、味わう。

結局10年間、いやその前からこのことを私はずっと

経験してきたのではないか。繰り返したきたのだ。

今日長女の生まれてからの話をたまたま医師に話す機会があり

長女との日々を振り返りながらそんな思いになった。

鎮魂の日に、私の魂にも平安を。




月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count

最近のトラックバック