FC2ブログ
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 木曜日 その他オンライン
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

寺子屋日記
寺子屋からのおたよりです。
フリースクールクラス
フリースクールクラスと次への時代

世田谷教室ではフリースクールクラスが昨年から始まりました。

今数人の生徒さんが午前中寺子屋に通ってきています。

先日その1つの学校の校長先生が寺子屋を訪ねてきてくださいました。

ざっくばらんに官民連携ができないかというお話をいただきました。

文部科学省が教育機会確保法を制定してから数年経ちました。学校だけが教育を行う場ではなく、生徒はその場所を選ぶ権利があるというものです。

都市部の学校では不登校児童が増加し続けています。原因は1つではありません。

また今年の受験傾向を見ても、大学への進学を
選ばず専門学校で資格をとる傾向も顕著です。

今後数年間に消える業種、新たに作り出される業種が増えていくでしょう。

時代は完全に転換期にあります。

「今までの」感覚がなかなか通用しなくなりそうです。

子どもたちの感覚を掴む感受性を研ぎ澄ましていきたいと思っています。

スポンサーサイト



落語会で初配信!
昨日はとっても寒い1日でしたが

3回目になる千早亭早千さんによる落語会でした。

緊急事態宣言中ではありますが

「笑いとめられない」し、

何より「笑い」には免疫力をあげる最強のパワーが

あるから強い決意の元!笑 決行です。

そしたら素晴らしいお申し出をいただくことになりました。

昨年、初めての緊急事態になる直前の夜カフェに

いらしてくださった相樂ご夫妻。

奥様の里香さんにフリースクールクラスの方のお手伝いを

お願いして、きてくださっています。

そしたら「落語の配信のお手伝いをぜひさせてください。と夫が申しております。」

と。

なんというありがたいお申し出。

感激しながらありがたくお願いいたしました。

配信準備は本当に大変で本番2時間も前から

夫唱婦随だなあと思わせるご夫妻の温かい

動きにそれだけでももう胸が熱くなりました。

お人柄って全ての動きに出るものですね。

千早亭さんのお話は少し私も落語がわかってきたのもあって

ますますゲラゲラと笑ってしまいましたが

そこは収録に入りすぎてもまずいので

いつもよりは控えめの笑い声にしました。

zoomで入れなかった方には

ラインビデオでつなげてなんとか見ていただけました。

千早亭さんはいくつもの顔を持つ方で

香道の師範でもいらっしゃいます。

2月にはこちらで出演です。

そして次回寺子屋落語は9月12日(日)になります。

笑ましょう!!たくさん!!

pdf.jpg


今年の受験
私立高校の推薦入試が始まり

嬉しい合格のお電話やメールをいただいております。

今年も作文や面談の練習を冬休み頃から

毎日書いたり、話したりしてきました。

今のところの都立高校への出願の状況を見ると

やはり私立の推薦入試にだいぶ皆さんの選択があったという

状況だと思います。

今年は特に安定志向の入試になるのは当然のことと思います。

作文を書いてもらっても

やはりコロナウイルスの影響が学校生活を大きく

揺らがせて、自分の生活が小さくなったと嘆く

お子さんも多かったです。

何回も書いてきたので

だいぶ書くことで浄化されたのでは?

とも思います。

夏休みころ、本当にストレスがたまりまくって

家庭でも塾でもイライラしているお子さんがとっても多く

何度もお母さんも交えて面談したり。

やっぱり連携しかないからお互いに

言いにくいことも話し合って。

そんな積み重ねの今日までの日々の中で

我慢するところは我慢して

頑張るところは精一杯やって

ここまできた今年の受験生には

本当に心からの祝福を送りたいと思います。

そしてここから都立、都外の学校への受験が3月まで続きます。

どこの学校に行くかは本当に大切ですが

そこからの道をまた丁寧に生きて欲しい。

そんなお手伝いをこれからも。

していきます。

今年もよろしくお願いいたします。
2021年始まりました!!

いろんな課題を抱えての2021年のスタートですね。

それでも自分なりに振り返るとやり切った思いのある2020年でした。

深沢の教室では新しい取り組みがこの状況の中で生まれていきました。

佐久穂のお子さんたちとはリアルでお目にかかれなくなりましたが

リモートで繋がっていられることに大変感謝します。

みなさんのお力に少しでもなれるように、その一人一人の個性に私たちがができることを今年も丁寧にやっていきたいと思っています。

月や星の世界から見ると昨年の12月から地の時代から風の時代に入ったと言われています。

今までの世界観は随分変わっていくことになると思います。

若い世代はそれを敏感に感じ取って自分の人生を他者に依存するのではなく、自分自身のやり方で切り開いていく若者たちが増えて

いる気がしますし、ありがたいことに私の周りには黒田さん始めすでに実行している人たちが多いのです。

そんな新しい風を感じながら私も自分の風を今年も自分らしく吹かせたいと、思っています。


月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count

最近のトラックバック