FC2ブログ
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 木曜日 その他オンライン
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

寺子屋日記
寺子屋からのおたよりです。
新しいボランティアさん
ここのところボランティア希望の方が立て続けに

いらしてくださった。

みなさん共通しているのは

この不自由な状況の中で何かやりたい

という思いを持っていらっしゃること。

今までやっていたボランティアが

この状況で中止になってしまったり

学生さんだと大学も閉鎖してしまっていて

外との接触がとても少なくなっていること(秋からもオンラインに決定した大学も増えている)

そんな日常の変化の中で

みなさん何かを求めて寺子屋に来てくださる

それはとってもありがたいことだと思う

今日も新しい若いお嬢さんが

おにぎりを握りに来てくださった。

とっても丁寧なお仕事をして爽やかな空気を運んで来てくれた。

いろんな風が吹いていくけれど

この状況下では

みんなが明日はどうなるかわからないということを

前提にますます毎日を過ごしているのだと思う。




スポンサーサイト



卒業生のお宅訪問
今日は久しぶりに卒業生のお母さんにおしゃべりを

もうかれこれ10年以上のお付き合い

本当にいろんなことをたくさんおしゃべりしてきました。

もうAくんは自立して暮らしていて

下の妹さんも来年には独り立ちするそう。

もう夫婦二人ですよ〜

とにこやかに話されました。

小学3年生の可愛いAちゃんを

世田谷の北の方から寺子屋の深沢に

一人でバスで通わせて

なかなか親だったらできないことを

Aちゃんにさせて、学校から直接寺子屋に来させるのも

学校の先生からはなかなか理解されなかったり

いろんなことがあったけれど

そうやって自分の家族のやり方を貫くのって

難しいこともあるけれど

そのことがAちゃんの成長にどんだけ影響を与えたかしれない

自分でなんでもやること

雨の日も風の日も一生懸命通ってきて

自立への階段を少しずつ登って行ったんだと思う。

やっぱり家族が基本です。

親の考えを伝えてわかってもらえな前提に

特例を作ってしまうことはすごいことだと思う。

その子のことを一番わかってそのおうちのやり方は

みんな同じであるはずない。

風当たりや理解されることは簡単ではないけど

やっぱりそれは素敵だなあと

今日は改めてAちゃんの成長を確認しながら思ったのでした。


オンラインショップへ
今日の午前中はフリースクールクラスの

Aくんの勉強の傍で

新しく立ち上げようとしている

寺子屋のオンラインショップについての話し合いが行われた。

昨年あっという間に決まった

「寺子屋アート展」

寺子屋に通う 障害のある人、ない人

一緒に自分の作品を発表する素敵な交流の場になった。

パーティでは関かおりさんに落語、私はシャンソンを歌わせていただいて

橋場さんは松葉杖をついていながら私が強引にお願いして

クリスマスソングをバイオリンで演奏していただいた。

自分を表現するってなんでこんなに楽しいんだろう。

そんな余韻が残る中の今回の世の中の転換。

発表の場はネットの中に移っていく。

そして人に雇われてお金をもらうというやり方から

自分ができることを発信してお金を受け取る時代に

移行していくと思う。

そんな時またまた新しい流れを作るキーパーソンの

吉村規子さんが

「寺子屋オンラインショップを作りましょうよ」

と持ちかけてくれた。

吉村さんのアイディアとイメージ、ビジョンは

まずは昨年のメンバーを核にして

それから放射線状に広がり

上へ上へとエネルギーを伸ばしていくビジョンだった。

私は聞いているだけでワクワクした。

そして今日

核となるメンバーで話し合い。

みんなのビジョンをぶつけあった。

この作業はとても大事だと思う。

まだ足りてない気がするので


後数回必要だと思う。

そうしていくうちにきっとみんながかなりはっきり

掴んでいくのだろう。ビジョンを。

よしみさんありがとうございます。

あの時のお話がとっても胸に響いています。

さあ、これからが本当に楽しみだ。

乗って行こう。そして大きな海に繰り出そう。
お弁当
IMG_4087.jpg
子どもたちへの弁当作り

長男の高校の時は

高校野球三昧の長男に

ガッツリ系で作っていたけれど

あの頃私はまだまだ心に余裕がなくて

後になって長男から

「下に行くほど弁当がよくなった」と

言われてすまないことをしたなあと思う。

料理は本当に心を映すんですよね。

長女は支援高校だったのでお弁当は作らなかった。

次男の高校の時は

長野と行ったり來たりの生活が始まり

次男は週に2日自分でおかずを詰めることもあった。

それでも私がいる日はなんとか常備菜などを作って

冷凍したりおかずの種類も増えたかな?

そして今は次女。

今は毎朝私が作ったおかずを

次女が好きなように詰めていく。

自分の好みのものは多く詰めて

出来上がりがなんとも面白い。

お弁当作りは子育ての歴史。

自分の人生の歴史でもある。

そんな長い私の子育ても

だんだん先の見通しがついてきた。

その時その時必死できたけれど

子どもたちは本当にその子らしく育ってくれた。

何も会話ができない日も

一生懸命上手ではないけれど

その子に元気で過ごしてねと

思いを込めて弁当を作った。

そんな時間が今はとっても愛おしい。

今はしほりさんが作った弁当をたくさんの方にお届けして

みなさんに元気になってね

と願っている。

食の素晴らしさは永遠だ。




寺子屋の今とこれから
先日深沢地域の子どものネットワーク会議に呼んでいただきました。

そこで寺子屋の今をお話させていただく時間をいただき

長橋さんが取り組み図を作ってくれました。IMG_4073.jpg

寺子屋は学習支援が軸ですが、37年活動を続けてくる中で

ここ数年たくさんの方が関わってくださるようになりました。

新型コロナの感染や自然災害など困難な状況が

私たちにふりかかってくる時

やはり人は一人では何もできないことを痛感します。

これからの時代のキーワードは

「心地よい繋がり」だと思います。

この心地よいがキーワードで

自分がおへそから湧き出てくる気持ちに寄り添っていくと

物事は驚くほどスムーズに進み

そうでないときはそこに学びが隠されているか

または何かに乗っていないときだと思います。

そんな心地よさを求めて動いていけたら

きっとどなたも今までにない素晴らしい流れを感じられると思います。

今、毎日が自分を掘り下げ、自分と向かい合い

行動するときです。

今日も雨があちこちで降り、地面も動いていますが

地面にしっかり根を下ろしていけたらと思います。
寺子屋弁当
寺子屋弁当を毎日買いに来る Aくん

支援高校を卒業して今年で2年目。成人式を来年に控えている。

毎日仕事帰りに寄ってくれる。

先月子ども食堂の時少人数でイートインコーナーを作った時

本当に嬉しそうに友達と再会していた。

「今日も買いにきました。明日も来ます。」

と手を振ってくれる。

あまり毎日大丈夫なのかとお母さんに確認すると

「自分の意思です。自分のお給料で買いにいっています。

いつの美味しそうにいただいています。」

とお返事いただきました。

とっても嬉しいメッセージでした。

明日も待ってますね!!

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count

最近のトラックバック