FC2ブログ
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 木曜日 その他オンライン
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

寺子屋日記
寺子屋からのおたよりです。
寺子屋カフェ オンライン
オンラインの恩恵

カフェで遠くの人とも繋がれる

前回はインドとオーストラリア

今回は静岡と長野から

話はこれからのお金のことから

波動のことまで

画面から流れてくるエネルギーが

すごいすごい

これからのヒントは今までの生活の中にもたくさんあったこと

そして今与えられている状況の中で

自分と向き合うことで感じること

一人一人がそうやっていった時

もうすでにしてるんだけど

すごい展開が待ってる

改めて自分とともにあることの大切さを

今日寺子屋にいらした方が

このブログを読んでくださって

また繋がれたこと

ありがとうございます。
スポンサーサイト



アンケートを読んで
保護者の方に

今の困っていることを書いていただきました。

今日ちらっと夜の番組「報道ステーション」に

出させてもらっても違うこともたくさん話したのに

結局取り上げていただいたのは

オンラインとかタブレットとか

そういう周りの環境のことばかりで。

もっと根っこの

人と人を繋ぐ言葉かけが

学校や自治体から保護者や子どもたちに

届いていないということがわかりました。

みんな置き去りにされているという

気持ちを毎日抱えているのだと。

子どもたちに聞くと

そこはなんてえらいんだろう優等生的返事。

「わかってるのは校長が変わったということです。

担任とかクラスメートふが誰とか

楽しみに取っておきます」


違うよね〜本音は。

知りたいでしょう。

だって今日は4月の25日ですよ。

みんな曜日の日にちもわからないくらいになってるのかなあ。

担任の先生から生徒さんへ

電話一本するのも規則が必要なんでしょうか?

もともと学校にはそういうところがなかったのかなあって。

今すごく何ができていて何ができていなかったのかがはっきりしてきて

なので私はお届けします。みなさんの声を私たちが選んだ方達へ。




揺れます。それでいいと思います。
毎日 いや毎瞬 変化する気持ちと

みなさん付き合っているのではないでしょうか?

ニュースや情報に自分の心が揺れて

疲れて

不安の塊がのしかかってきて

それが当たり前だと思います。

体調を壊している方も多いと思います。

家族と密になことで

今まで目隠しして見えないつもりでいたことも

見えてくる

これはやっぱり必然だと思います。

ずっと言われてきたことが

一気に本当のこととして目の前にきてしまいました。

人とつながることも大事ですが

まずが自分と繋がることが

先のようです。

自分軸を  と言った友人がいました。

そう。自分の軸を今は作るとき。

昨日インドのあきこさん、オーストライリアのみづきちゃんの

話を聞いてお二人とも一人で海外にいるのに

やっぱり自分とともにおられる。

それがすごいなあと思いました。

自分と向き合うのは辛いこともありますが

今はそういう時なのだと思います。

辛い時はメールや電話を大好きな人としましょう。

ちょっとした会話で開かれることもあるはずです!
日々の少しを少しずつ
全国に緊急事態宣言が拡大されたことを受けて

佐久穂の寺子屋も保護者の方に向けて

オンラインと通塾の希望をとりました。

教室も黒田先生ができるだけ3m離して机を

配置して授業を進めることに。

親御さんたちは休校がどこまで続くかわからない不安と

子供の勉強の環境を確保しなければという思いと

ゲームやテレビに向かう時間がどうしても長くなる姿を

見るにつけ複雑な思いを抱えてらっしゃり

さらに都心ではテレワークにより

家の中で仕事をする中で

幼い子を泣かせないようにしたり

日々の細かいストレスが溜まっていっています。

どなたかが「一人の時間を持ちたい」と呟いてらっしゃいましたが

お母さん、どうぞ一人の時間をぜひおとりください。

そしてテレビからの情報もできれば30分以内にして

一人で少しの時間ウオーキングしたり

朝まだ家族が起きてこない間

みんなが寝た後

瞑想をおすすめします。

まずは自分をいたわってください。
オンラインの可能性
オンライン3日目

今日は自習時間を2時間とってみた。

集中力は落ちるけど

これは想定内。

みんなでいる感覚を持つことが第一目的。

そして2時間終了後、家にこもって

いいこと、悪いこと一言ずつ

いいこと

全員が

「ゆっくりできる。ゲームがたっぷりできる」

嫌なこと

「友達に会えない、身体を動かせない

塾で勉強する時間が増えた。笑」

当たり前すぎる発言で面白かったよ〜君たち!!


そして次の授業はハンデのあるAくん

離れたところでの可能性を考えながら

トライしてみようとするお母様に

私も励まされます。

Aくん集中して取り組んでくれました。

次回以降もオンラインでの可能性探っていきます。

私にとってもすごくクリエイティブな時間でした!

そしてzoomでオーストラリアに行ったスタッフとコミュニケーション。

これは本当によかった。

オーストラリアは日本より早くロックダウンにあり

今の事情、そして多国籍な人たちならではの

温かいエピソードをたくさん聞きました。

元気いただきました!!23歳頑張れ〜

オンラインの可能性、広がります。

ありがとうございます。
オンラインとオフラインと

午前、生徒さんとお母さん自転車で訪問。

今後のオンラインでの授業について打ち合わせ。

そんな時ちょっとした話ができるのもホットするひととき。

みんなそれぞれの事情の中で色々あるけど

進んでる。


午後、早速オンライン授業が始まりました。

スタッフにも協力してもらってなんとか2台のパソコンで

みんなが入ってこれて

みんないつもよりちゃんとやってるじゃない!!

案ずるより生むが易し

毎回模索しながらですがそれでもなんとかなりそうな見通し

どうしても保護者の方の仕事環境、お家の環境で

オフラインの方も数名いらっしゃる。

保護者の方には色々承諾していただいて

教室は開け放し、窓も全開。

音はすごいけど今はそんなこと言ってられない。

神奈川では子どもの居場所は必要という見解を取っている

自治体もある。

世田谷はどうなのだろう?

今、何を一番に考えるべきか。

毎日変わって行くのだと思う。

明日はわからない状況だけれど

みんなで考えて行くことしかできない。

どうぞ皆様も良い一日をお過ごしください。
今日という日
今日という日は

あとで振り返った時にやはり節目になる日なのだと思う

ここまで来るのが

いつなのか、いつなのか

来るのか、来るだろう

とみんなが思っていたので

やっぱり、ついに、やっと

みたいな感じで迎えたのだと思う

でも、それでも初めての日なので

緊張が世の中全体に満ちていた。


朝山川紘矢さんのカタカムナの歌のライブを聴き

今日もいい日です

という声を聴き

幕が上がった

そして居場所クラスの準備をしていると

わざわざ先日山本恵美さんの手作りマスクを買ってくださった

Sさんが来てくださって、お菓子の差し入れをくださった。

そして先日書いた寺子屋についての講演の原稿を

ボランティアさんで元編集者の Hさんが校正してくださったものに

目を通し直していく作業を始めた。

そのあと一本の電話が鳴った。

毎日新聞の記者さんからで

今日のドキュメントの一部として寺子屋の子供達の

動きを取材したいという

どうぞということで

午後いらっしゃることに。

居場所クラス9時にスタート

まずは勉強から

11時頃アシスタントあゆみ先生登場

勉強がひと段落ついたNちゃんと共に

今日のメニュー親子丼を調理開始。

勉強が終わっていない生徒さんは私と勉強続行

ラインで来週のオンライン講座のことも相談などしながら。

お昼、親子丼、サラダ、味噌汁、スパム、もやし炒め

完成。

みんなでいただきます!!

美味しい!!!


午後1時毎日新聞記者さんいらっしゃる。

あとでスタッフのSさんから

最初の30分なんであんなに怖かったの?と言われるくらい

記者さんをビビらせたようで、、私。

まあこちらの真意をきちんと組んで欲しいからね。

メディアを信頼できないとこもあるし。

それでも明日の朝掲載されるらしいです。ちょびっとね。

しかもいつも宿題やらない常習犯の

小学校6年生E君のインタビューが採用された模様。

そのあと中学生、小学性が数人きて

授業の最後にK先生と談笑。

家族が一日中いるってエンゲル係数すごいですね〜

などと。

そうこうしている間に数人の保護者の方から

今後の授業についての質問、相談のメールが届く。

小学生、中学生の授業が終わる6時少し前

「緊急事態宣言」発令

そのタイミングで準備しておいたメールを保護者の方に一斉に流す

具体的に数人の方と電話で連絡、相談

オンラインで授業ができないタイプの生徒さんは

やはり通塾の方向で。

その際には親御さんとサインを交わすことに。

夫からもラインで

100平米以下の塾の場合今回の自粛措置にはまらない

記述もあると指摘。

それも含んだ上で

通塾は慎重にお互いの意思を交わした上で

続けていくこと。

選択すること。

悩みます。

そして最後の来客は

ご入会手続きの方。

みなさん、いろんなお仕事で

いろんな家庭環境で

今、一番いいと思う選択をしていく

不登校のお子さん、発達に偏りのあるお子さん

シングルマザー、シングルファザー、ご高齢のご家族のいらっしやる場合。

本当にそれぞれなのです。

そこに私たちがコミットできること、できないこと。

寄り添いあって、知恵を出し合って

先はみえないけれど

希望を持って。

娘と行ったスーパーの棚には

たくさんの食材が残っておりました。

よかった。

夕飯は娘が美味しいたこ焼きを焼いてくれました。

そして大好きな先輩から送られて来た

スーパームーンの写真。

あ〜嬉しい。

幸せだ〜

お月様、見守ってくださってありがとうございます。


冊子
三月初めに静岡でお話をさせていただく予定になっていた。

コロナで中止になり

話の内容を文章でという依頼を受け

寺子屋のこと

食の支援になぜ活動を広め

食と学習とはどういう意味をもたらすのか

ということをまとめてみた。

それを編集のお仕事をされていたボランティアさんに

見ていただき

手直しをしている。

書いているうちに

37年ずっと関わっているのは私一人だから

ここらでちゃんとまとめなきゃ、記録に残さなきゃ

と真面目に考えた。

いろんな生徒さんのことをこのブログで書いてきたけれど

そのこともまとめないといけない時期にきているかもしれない。

膨大なことになってきたけど

今がその時だと思う。

そしていろんな人たちが

子育てや自分の環境、自分の個性と向き合い

乗り越え、生き抜いていることを

残したいと思っている。








月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count

最近のトラックバック