FC2ブログ
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 木曜日 その他オンライン
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

寺子屋日記
寺子屋からのおたよりです。
お仲間と共に
最近感じることは

自分の感覚や大切にしたいものに沿っていると

どんどんそういう感覚にも出会え、同じ方向を見ている方達に巡り会えるということ。

今日もそういう思いを持っている方達とミーティング。

今自分の抱えているテーマ、目の前にあるものに

どうやって向き合っていけばいいの?という思いに

みなさんからヒントを。

みなさん、ご自分の道を丁寧に歩いていらっしゃる。

だからこその言葉、体験から出てくる表現。

とても暖かく、優しい響き。

自分も迷いの中にいてもこんな仲間がいると

ああ、自分だけじゃないんだなあ。

人は悩みながら歩いて行くんだなあ

とホッとしてまた進める。

自分の前にあるものを観察して、自分と対話してまた歩いて行こう。


スポンサーサイト



人間工学?!
卒業する息子の大学に初めて行きました。

人間工学。よくわからない分野です。

その卒業制作展では私たちの生活の一コマを切り取り

そこから数値や体験値、インタビューなどで分析して

それぞれが発表していました。

そこには視覚的にも素晴らしい作品が並んでいました。

言葉以前に圧倒的なエネルギーがありました。

若い人の作品てこれだなあと久しぶりの感覚でした。

人の心と身体を統合して行く分野の学問が

とてもワクワクさせてくれる

そんな作品展でした。

時代はどんどん変わって行くのですね。

想像を超えて。







それぞれの世代の味わい
子ども食堂に集う人たちは

下は数ヶ月の赤ちゃん、上は80代のボランティアさん。

いろんな世代の方達がその一日のその場所に集まるって

味わい深いなあと思います。

赤ちゃんづれのお母さんが大変だけど頑張っている

自然と「抱っこしてるから食べて」と誰かがいう。

小学生のやんちゃくんに食事中お母さんが

「ダメでしょう〜」ときになる様子に

「少年時代はあっという間に過ぎていくよね〜」と誰かが呟く。

「夫のご飯を用意しなきゃ」と大変そうに帰りを急ぐ若いママさん。

もう数年前に旦那さまを見送ったボランティアさんが微笑む。

「時は過ぎていく」ではないけれど

人生のページはたくさんあるようで

過ぎてしまえばあっという間。

そんないろんなステージにいる人たちが

一緒に集える時間は本当に貴重だと思います。

子ども食堂はたくさんの方たちの愛に満ちた空気の中で

ほんわかと毎回時間が流れて行きます。


月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count

最近のトラックバック