FC2ブログ
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 木曜日 その他オンライン
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

寺子屋日記
寺子屋からのおたよりです。
孤立とつながり
「生活困窮者支援事業」という取り組みに

昨年春から寺子屋もかかわらせていただいています。

この言葉からすぐ「経済的困窮」が連想されることが多いと思いますが

今やこの国で子育てしている多くの保護者たちが、そして

子どもたち自身が

この「困窮」に直面していると思います。

「困窮」とはつながりをたたれた「孤立」なのです。

「人がつながりを断たれて孤立を感じるとき

いい知れぬ絶望と悲しさに直面することになる。」

我が家にも去年そんな事態が起こりました。

くわしくは書きませんが

中学で娘に起きたある出来事を通して

「孤立」という感覚を突きつけられたまま

数ヶ月過ごしました。

組織の中で起きた事と個人の中で起きる事。

その過程で当事者たちの心の中にこみ上げる

さまざまな感情、思い。

その気持ちを誰とどうつながり納めていけばよいのか。

そんなことをずっと問いながら一年近く過ごしてきました。

たくさんの方たちが近くから遠くから我が家に起きた

出来事を見守り、励ましてくださいました。

でも残念ですが、組織の中からの自浄作用は今日まで

見る事はできていません。


寺子屋で行われている支援事業にかかわる

多くのボランティアさん達。

学生さん、大学の先生、公務員、デザイナー

介護士、教員、主婦、会社員

多くの立場でかかわってくださっています。

ひとりひとりの子ども達の報告を毎回グループラインで共有して

いただいています。

子どもさんは今どんな状態なのか

どんな支援が必要で自分たちにできるのか

そのことでその子どもがどう変わっていけるのか

いっているのか。

そのことで親御さんはどう感じるのか。

そんな小さな取り組みが今、民間と行政の協力で

静かに広がっていっています。

見えない所で起きている静かな広がりこそ

いつも尊く、愛おしいと思います。

そのことが表面に出て来るときは確かなものとして表れると

思います。

その日を信じてまた進んで行こうと思います。

「孤立」から「つながり」へ。進みましょう。
















スポンサーサイト



寺子屋だより 佐久穂教室版 黒田さんのコラム
【がんものとにかく本が好き】      
  季節が変わり、僕は一年で一番忙しい時期に突入しております。

すいません。本を読んでないので言い訳から入っております。

それでもなにかないかと探していたところ、ありました!

実は買っておいて読んでなかった料理本を稲刈り後の息抜きに読んでちゃんと作ったんです。

なにを隠そう、もともと料理人を夢見て板前修業をしていたくらい料理は好きなんです。

かつて銀座のデパートで八百屋さんのアルバイトをしていたときに同僚だった方が、いまや料理研究家として活躍してい

て、よくその人の本を買うんです。

今回は「Chocolate Bake」ムラヨシマサユキ著

チョコレートを使って作るお菓子を集めたレシピです。

ムラヨシさんのレシピのいいところは、家庭にある道具で、かつ手に入りやすい材料で簡単でおいしいお菓子のレシピを紹

介してくれるところです。

今回はクルミ入りのブラウニーを作りましたが、失敗せずに60分ほどでできました。

お菓子って温度とか混ぜ方とかでけっこう失敗することが多いです。

そのくせ材料はそのとき限りしか使わないものだったりして、ちょっと気軽ではありません。

でも、ムラヨシさんのレシピなら、作ってみようと思い立ってからでもできちゃうくらい簡単。

女子諸君ばかりだけでなく、男子もぜひキッチンに立って、勉強の息抜きにうまいもの作ってみましょう!

料理は段取り。勉強にも役立ちますよ!たぶん。笑


月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count

最近のトラックバック