FC2ブログ
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 木曜日 その他オンライン
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

寺子屋日記
寺子屋からのおたよりです。
母の涙と笑顔
寺子屋は面談月間なので

この2日間で10人ほどのお母さんたちと

面談をさせていただきました。

最近お目にかかった方もいれば

10年以上もお付き合いさせていただいている方もいます。

毎回本気トークで臨まさせていただいています。笑

「お母さん、自分を責めなくて大丈夫です。」

この言葉を何回今回も投げかけたでしょうか?

子育てはどの人にとっても

「初心者」から始まります。

手のかからないお子さんだとしても

小さな悩みから大きな悩みまで押し寄せてくるのが子育てです。

でももし大きな悩みと子育ての最中に出会ってしまったら

そこからがお父さん、お母さん、周りの人たちにとっても試練になります。

その中でもやはりお母さんの試練はとても大きいです。

みんな「あの時ああすればよかった」「私のあそこがいけなかった」

と必ず自分を責めることを始めます。

自分でも気づかないくらい息をつめて責めるのです。

だから

「お母さんのそのお子さんを思う思いがそのままお子さんには通じてますよ。」

と言うとみなさんほっと緩んで

涙を流されます。

緩むってとっても大事だと思います。

緩むと息が入ります。そこに新しいエネルギーが生まれます。

そして新しい流れが始まります。

その繰り返しだなあ。と自分のことを含めて思います。

だけどそれは一人ではできないんです。

家族だけでもだめ。

いろんな方向からのかかわりの中で生まれるものが大切なんです。

できれば本気の!

そうやって時間を過ごしたお母さんたちのなんて太い命の綱。

その綱も今回しっかり見せていただきながら

今度はガハハと笑って

人のもつ力強さに感動したり、力をいただいたり。

こんな素敵な命の交流をさせていただく幸せを感じた2日間でした。






スポンサーサイト



子育ての仲間
世田谷で寺子屋を始めて、10年ほど経って私の一番上の子も小学校に入る頃、子育ての悩みや情報交換をする「親の会」が始まりました。
勉強が少し遅れている子、学校に行けない子、元気の良すぎる子、いろんな悩みが持ち寄られました。
ひとつきに一度ほどの集まりに5〜6人の母親たちが集まり、お茶を飲みながら2時間ほどざっくばらんに話す会でした。みんなでいろんな話をするうちに「子どもの問題」だと思っていたことが、だんだん「自分の問題」であることに気づいていくことが多く、それは夫との関係や、自分の生い立ちへと繋がっていきました。
当時「ホリスティック教育」、「ホリスティック医学」などの概念が日本にも入って来ていて、「心、身体、魂」という全体からアプローチが必要であるという考え方が広まりつつありました。「ここはなんでも話せる場」であるという安心感の中でみんなで心をリラックスさせて心理学に基づいたワークを取り混ぜたりして、毎回参加者が自分の深いところで変化が起きていることを感じました。
回を重ねるごとに自分が「問題」だと思っていたことを仲間と共有することでそれが「自分だけの問題でないこと」への気づきが始まりました。「問題」は消えた訳ではないのですが、「見方」が変わったことでその人の中に「変化」が起こったのです。そういう仲間たちの存在は私自身の「子育て」においても本当に大きな宝を与えてもらいました。それは今、保護者の方たちと向き合う時に私の大切なベースになっている部分なのです。

続きを読む

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count

最近のトラックバック