FC2ブログ
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 木曜日 その他オンライン
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

寺子屋日記
寺子屋からのおたよりです。
長い時の中で
面談月間でたくさんの保護者の方とお話させていただきました。

その中でとっても元気をいただいた面談がありました。

長いお付き合いをさせていただいている

Aさん。

Aさんは小学5年生から寺子屋に来ていて

現在高校2年生。

小学生のときは教室にいることはできず

図書館やパソコン教室で時間を過ごしていました。

寺子屋では学校に行く前の朝9時からきて

基礎学習をすすめました。

計算や自分のできない箇所に直面すると

我慢することができないで

物を投げたり、おこったりをくりかえすような時期でした。

それでも一生懸命取り組もう

自分のできないことを知っているけれど

どうしようもないんだというジレンマを抱えている

彼の真摯さに打たれて

私たちも真剣に彼に寄り添いました。

中学に入ってからもその傾向は続き

世界が広がると電気屋さんや携帯電話のお店で何時間も過ごしたり

コンビニでも立ち読みしたり

お母さんはいろんなお店の人にあやまったり

逆に「まだいますか?」とそのお店に電話をしたりしながら

いろんな人とつながっていきました。

そのときそのときにお話する話はけっこう内容的には

深刻な話だったのですが

お母さんの淡々とした姿に逆にわたしたちもも励まされました。

一方で、学習面では中学に入ってからはのびしろがぐんと広がり

最初、算数になるとパニックになり

比較的長文読解能力はついていたので国語中心だった学習が

中学2年のころから、数学中心になっていきました。

ひとつひとつステップを上がっていき

いつのまにかあんなに苦手だった数学、それも

関数や図形といった発達に偏りをかかえる子ども達が

一番苦労する領域、イメージを持ちつつ一方で事象へと具体化して答えを導き出す

単元も苦労しつつも少しずつ進められるようになりました。

また、寺子屋のお祝い会やいろんなイベントの場面になると

率先して手伝いやまたはリーダーシップを発揮して

みんなに声かけしてくれたりびっくりするような気配りへの成長が

そこにはありました。

場所と雰囲気をわきまえないような言葉も少しずつ減っていきました。

Aくんはいま、特別支援の高校に通っていますが

優秀な彼は生徒を代表する位置にいて

この間もスタッフのえりちゃんに

「今度代表であいさつするんだけど、なんだかなあ。」

とぼやいていたそうです。

彼の成長を見守らせてもらって7年。

最初の出会いのころからはまったく別人といって

いいくらいの彼の成長です。

私はいつも思うのですが、彼の成長の鍵は

「彼」というひとを、特性を決めつけなかった家族の方たちの

存在が大きいと思うのです。

医師や専門家にたとえ診断名を告げられても

その診断名に入りきれない彼の個性と可能性を限定しなかった

悩みながらも彼そのものを受け入れてきた家族の道のり。

書ききれないくらいのいろんなエピソードを残しながら

彼が変化してきた道筋はすごく尊いものです。

それは特に診断名を告げられる場面にいない私たちも同じだと

いつも思うのです。

決めつけないこと。あきらめないこと。信じること。

それは自分ひとりだととっても大変だけど

誰かとならできるのです。

Aくんのお母さんと話しながら

自分へいただいた確信とパワーに感謝しました。

そんなAくんが今度は社会に出てどんな歩みをみせてくれるのか。

ストーリーは続きます。


スポンサーサイト



ぐっときました!吉田先生コラム 寺子屋たよりから 
「あなたは今幸せですか?」  吉田みさ子
 
この問いかけは最近日本を訪れた「世界一貧しい大統領」と呼ばれるウルグアイのムヒカ元大統領の言葉です。

彼は「私は貧乏ではない。貧しい人とはいくら物を手に入れても入れても満足しない人のことだ。

私はただ質素なだけだ。財産は大切な友人がくれた車一台で十分。

愛する妻がいて、美しい緑に囲まれて畑仕事をする豊かな時間があれば幸せ。満ち足りている。」と言い、物質至上主義= 消費社会の先進諸国へ警鐘を鳴らしたとして話題を呼びました。

私は英語の他に日本在住の外国の方に英語で日本語を教えたり、港区の大使館巡りのボランティア活動をしている関係で、様々な国籍の方と出会います。こういった方々との本音トークこそが自分自身の幸せを感じる瞬間です。

今回も「幸せって何?」と自問していたところ、アルメニア大使の言葉の中にヒントが!

「今まで歩んできた道のりをふと振り返って納得のいく人生だと思えた人は幸せです。」

「なるほど!」でも「納得のいく人生ってどうすればそうなるの?」

自問していたら日本語の生徒で情熱的なオランダ人芸術家のグウェンさんからその答えが!

「心にButterfly(情熱とか夢の代名詞)があるか?人生は一度きり!明日はここに存在しているかもわからない。

かけがえのない今に情熱を注がなきゃ!Why not?」目標をもって今を全力疾走で頑張れば自分に納得できる。That’s right!
「あなたのButterflyは何ですか?」

私のButterflyはもちろん皆さんが英語が少しでもわかり楽しく思え、やがて英語を通じ皆さんのButterflyが飛び立つお

手伝いをすることです。

今日も一緒にButterflyを育てていきましょう!幸せになるために


月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count

最近のトラックバック