FC2ブログ
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 木曜日 その他オンライン
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

寺子屋日記
寺子屋からのおたよりです。
小さくて熱い取り組み
先日寺子屋講師のみさ子先生とはなしていて

みさ子先生がこんなことをおっしゃってくださいました。

「寺子屋の子ども達ってちょっと他では会えないよね。

みんな素直でパワフル。

勉強ができる子も苦手な子も

いい意味ですごく影響し合ってる。

わたしもいろんな子達見てるけどほんとそれはすごいと思う。

寺子屋の子達に会うと元気になるよ。」


勉強の苦手な子からものすごーく優秀な大学院生まで

面倒をみているみさ子さんからいただいた言葉はとってもうれしいものでした。

その子ども達とともにいてくれる

卒業生を中心としたスタッフ達。

この春からえり先生を筆頭に新しい取り組みが始まりました。

「playjoy会」たてのつながりを大事に

ちょっと人付き合いの苦手な子たちも

いっしょにあそぼう!をコンセプトにした

「平成版子ども会」

今年から保育の勉強を大学で勉強しているみづき先生も一緒に参加してくれています。

そして来年度春からは

行政が母体となる事業の

財政的に困難なご家庭のお子さんを支援する

勉強会に寺子屋として参加していくことになりました。

うれしいことにこの取り組みにも

卒業生が積極的に

「むしろわたしはこういうことがやりたい」

と言って来てくれています。

なんて力強い応援!

私たちの取り組みは小さいけれど

千里の道もなんたら

の気持ちでみんなで歩いていきます。

気持ちひきしまります!
スポンサーサイト



ふたつのはげまし
ある日野菜の準備をしていると

「よう!」の声。

振り向くと「山下清」ばりの 失礼!

白いランニング姿のおっさんが自転車にまたがって

微笑んでいる。

すぐわかった。Aちゃんだ。

先日母から

「Aちゃんあんたにこの前会いにきたわよ。

元気そうだったよ。」

と聞いていたばかりだった。

Aちゃんは小、中学校の同級生。

中学になってからはAちゃんのすわる席は教室の左の一番前。

いつも手塚治虫のまんがを書いていた。

だれも不思議に思わずAちゃんはクラスの人気者だった。

いつも笑顔でみんなにやさしいからだ。

Aちゃんと再会はたぶん30年ぶりくらいになるんだろうな。

「おれよう、ろくに漢字読めなかったけど

免許とって運転手になれたんだぞ。

去年87歳のおやじの介護するために仕事やめて

いまは介護だ。」

とのこと。

Aちゃんのはなしっぷりは潔く

Aちゃんの持ってうまれたまっすぐで優しい心はそのままだった。

「おまえ、頭よかったからばりばりキャリアウーマンになってるかと思ったよ。」

と笑いながら野菜を買っていってくれた。

おまけしようとすると

「おまえ、そんなことするな。また買いにくるから。」

と。あちゃー、やられたよ。

でもAちゃんほんと、うれしかったよ。

しばらくして

今年春定時制を卒業して、家電メーカーに就職したKくんが来てくれた。

Kくんも漢字が大の苦手。勉強も。

でも好きこそものの上手なれ。

免許もとって、好きな電気製品のことを学んで

今はなんとその店の営業成績2位だとか。

数ヶ月の営業ぶりを聞いていて脱帽した。

元気をもらったできごとだった。

前スタッフのえりちゃんが

「寺子屋にいるとたくさん奇蹟見れますよね。」

と言っていたけど

ほんと、そうなんだよね。

みんな、すごいよ。ありがとう。

だからわたしはやっていける。

ほんと、ありがとう。

みんな応援してるよ。

遠くにいてもね。

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count

最近のトラックバック