FC2ブログ
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 木曜日 その他オンライン
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

寺子屋日記
寺子屋からのおたよりです。
かかわりからうまれるもの
教えてみて気付いたこと、最近の子供達から感じること

小野澤 賢



約半年間小・中学生の子どもたちに勉強を教えてみて気付いたことや最近の子供たちから感じたことなどがいく

つかありました。

 冬期講習などで受け持つことの多かった小学生では、教えはじめの頃はなかなか言葉のキャッチボールのでき

なかった子が言葉のキャッチボールができるようになったり、元気がありすぎるような小学生を相手に勉強を教

えることがこんなにも体力がいることいることだとは思ってもいなかったので、これを長年やっていらっしゃる

いづみ先生は改めてすごいなと気付かされることが多々ありました。冬期講習では朝から夜遅くまで勉強をして

いる受験生の姿を見て自分も頑張らなければいけないなと考えさせられることもありました。

 新年に入りそのような受験生の姿を見ていたからかわかりませんが、他の生徒達、特に中学生の生徒達がさら

に頑張っているように感じられました。2月に入り受験までの最後の追い込みが始まり、受験生達の顔つきがど

こか頼もしく感じられるようになってきました。

 
受験が終わりお疲れさまでした。自分が不登校になった時に、勉強を頑張ろうと思えたのは好きなこと・やりた

いことを仕事にして生きていくためには勉強をしていくしかないと思ったからです。勉強したことは荷物にはな

らないので、これからはそれぞれの進学先で自分の好きなこと・やりたいことを見つけそれに向かって頑張って

いってください。

* **************************************

小野澤くんは中学3年生のとき入塾して、それまで中学で不登校だった時間を一気に埋めるかのように一年間猛

勉強して自分の志望校に合格し、さらにその先の将来の目標に向かって今年希望の大学にも合格しました。

したい仕事は「絶滅種を救う」ことだそうです。その言葉を聞いた時彼の真剣な猛勉強ぶりも納得しました。不

登校だった期間はいろいろなことを考えたのだと思います。そのことが子供たちへのまなざしへ暖かく注がれて

いる事がすばらしいと思います。こういう若者に出会えたことに感謝してこれからも寺子屋での日々を大切に

紡いでいきたいと改めて思いました。
スポンサーサイト



ぜんぶつながってる
ここ数年発達に問題があると

「学校」や「教育相談」や「医師」

から言われた生徒さんの入塾が増えています。

30年前寺子屋を始めたとき

まさしく学校の勉強に適応できない、したくてもさせてもらえない

生徒さんたちと勉強したくて寺子屋を始めましたが

ここまで正直絶対数が増えていくとは思っていませんでした。

「なぜ増えているのですか?」

とよく聞かれます。

わたしは医師でもないし、脳科学者でもないからはっきりは

わかりませんけれど

原因はひとつではない

ということだけははっきりしていると思います。

食べ物の問題、社会の教育力の低下の問題

地球環境の問題。壮大な原因探しです。

最近寺子屋の扉をたたいてくださるお母さんたちが

とても被害者として傷ついていることを感じます。

そのことを率直にお母さんに投げかけると

そこには「早期発見」「早期解決」

を目指そうとする社会や学校のあり方が見えてきます。

早く発見して必要な支援をしてその子に合った細かな指導

ということを目指しているのだと思いますが

そのことによって

先生も保護者もとてもきゅうくつな思いをしているようです。

そしてまだまだ「自分の育て方が悪かった」

とご自分を責めて涙を流す方も少なくありません。

「腹を割ってはなす。」

ということはどこかに置いて来てしまっているようです。

一番つらいさなかにいるお母さんには

わたしも自分の経験をお話することにしています。

弱者の立場はなった者にしかわからない部分があります。

ただそれを吹き飛ばして笑う勇気も同時に必要な時期もあります。

そのときそのとき

感じた事をこれからもていねいにお伝えしていこうと思っています。



月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count

最近のトラックバック