FC2ブログ
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 木曜日 その他オンライン
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

寺子屋日記
寺子屋からのおたよりです。
ばんざ〜い!!
写真

今日は本当に嬉しい出来事がありました!

5年間寺子屋に通ってきてくれていた

Aくんが就職の報告にきてくれたのです!。

来年の春定時制高校を卒業するAくん。

勉強は苦手で、漢字や単語を覚えるのには

人の何倍も苦労していました。

このブログでも何回も書いてきましたが

Aくんは定時制高校に通いながら昼間は

ファミレスでアルバイトをしていました。

ファミレスにバイトが決まったとき

あれだけ覚えることが苦手なAくんがメニュー表を

寺子屋にもってきて一緒に必死に覚えました。

厨房を一人で任せられるときも増え

年々しっかりしていきました。

そしてついに家電量販店への就職をゲットしたのです。

お母さんの手紙を持って今日

満面の笑みで訪れてくれました。

お母さんからは

「これからもカツを入れ続けてください。」

と書いてありました。笑


ほんとうにうれしいです!

これからは前進していく同志として

がんばっていこう!Aくん!
スポンサーサイト



お父さんのかかわり♪
数年前まではお父さんが

寺子屋の面談にいらっしゃることは非常にまれなことでした。

でもここ最近

お父さんのほうから

「直接お話したい」

という方が増えて

お話してみると

お母さんとはまたちがった視点で

お子さんをみてらして

すごくいいなーと思います。

先日は「母親と意見がちがって

バトリまして、、」

とおっしゃる方がいましたが

ほんと、夫婦でも子育ての意見て

全然違うんですよね。

子育てに正解はない

と思います。

そして

そのときはいくら自分の思いの言葉を相手や子どもに言っても

真意は伝わらなかったりする。

でも、話していくことはとってもだいじなこと。

いろんな角度からそのお子さんを見て

ぐるりその子の見方ができてきたら

そこから輪が広がって〜♪

お父さんの子育て参加

これからもよろしくお願いいたしまーす!
佐久穂教室だより
佐久穂教室が

長らくお世話になった井出建設興業のお二階から

あたらしく海瀬のお教室に引っ越してから早くもひとつきたちました。

生徒さんの人数も少しずつ増えており

教室の様子のおたよりを出そうということになりました。

がんも農場

を経営しながら塾の講師もしている黒田さんが

佐久穂教室の数学、理科を担当してくださっています。

お米をつくるのも大好き!

生徒さんとのかかわりをとっても大切にしている

黒田先生の心あたたまるエッセイをご紹介いたします。

佐久穂教室も佐久穂の寺子屋らしく

ページを開いていけたらと思っています♪



*********************************
寺子屋が新しい場所に移ってもう1ヶ月が経ちました。

とってもアットホームで、和気あいあいとした空間になっていると思います。

一般的な学習塾というと、蛍光灯に照らされ静粛なムードで授業が行われている

そんなイメージがあるかと思いますが、寺子屋の私の授業では、家族の食卓のような

リラックスした空気で勉強をしてもらっています。雑談が過ぎるときには、
家族の食卓でもそうあるように、注意はしますが(笑)。

一般的な学習塾のイイところがあるように、寺子屋のアットホームな空間でしかできない


イイところが同じようにある。置かれている状況も、目指していることも、
てんでバラバラな生徒たちが同じ机で勉強に向かっているのが寺子屋だと思います。

ある生徒が、自分はなにもできない。いいところがなにもない。と笑いながら嘆いて

いました。それがどれほど深刻な話かわかりませんでしたが、それは私自身だと思いながら

聞いておりました。人生においてはわかりませんが(笑)、勉強においてはある程度やり方があり、それにのっ

とってやれば、間違いなく正解に辿り着けます。

ポイントは、そのやり方を自分のものとして習得できるまで反復練習することだと思います。

私がなにもできないと自分で思うのは、この反復練習=宿題、家庭学習を多くの生徒に実践してもらうことがな

かなか、困難であるからです。そんなわけで私は、勉強をできるだけわかりやすく伝えることをモットーにして

はいますが、やはりそれだけでは用足らずのようで、日々、生徒それぞれが求めているなにかを聞くために、食

卓で耳を傾けています。

ざっくばらんになってしまいましたが、これからもどうぞよろしくお願い致します。

黒田祐樹
24年ぶりの。
寺子屋のホームページをえりちゃんが作ってくれて以来

本当にいろんな方が

ホームページ経由で訪れてくれています。

もちろん初めての方がほとんどですが。

先日24年ぶりの卒業生がホームページを見たと行って

訪ねてきてくれました。

中学生のときの彼女の顔が

立派なお母さんになった顔に重なりました。

昔の寺子屋の話になって

今の子達と違うダイナミックな悪(!)がいて

なんと教室の中で爆竹をやったということ。

わたしはすっかりそんな出来事は忘れていましたが

そのときの様子をしっかり彼女はもちろん覚えていて

その悪ガキくんたちが当時の先生に

相当おこられていた話も懐かしくしてくれました。

そんな悪ガキくんたちも

しっかりとお父さんになっていて

今の中学生の親として

がんばっているらしい。

最近は携帯電話をポケットに入れて

トイレで隠れて見ていたり

というような悪ガキくんたちがたまにいますが

まあ、いつの時代も大人と智恵くらべといったところでしょうか?

「先生相変わらずパワー全開ですね。」

とにっこり笑っていわれましたが

真剣勝負でこれからもいきたいですね!



月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count

最近のトラックバック