FC2ブログ
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 木曜日 その他オンライン
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

寺子屋日記
寺子屋からのおたよりです。
自然のなかで
佐久穂で生活していると

地元の方のなかには

すごく自然のなかにとけこんでいるなあと思える方が

いらっしゃいます。

畑をお借りしているAさんもそのおひとり。

とても新参者のわたしたちなんかかなわないのは

当然なのですが

かなわないというのは

ありきたりの言葉ですが

「肝がすわっている」ということです。

先日も畑仕事をしていると

はなしかけてくださって

草をむしりながら農作業のポイントを教えてくださいました。

(手も口も同時に動かすわけです。)

「ま、こりゃしょっちゅう見にきたほうがいいな。」笑

ほんと、そうなんです。わたしにしたらまだまだ初心者の初。

知らないことだらけ。

こつを教えていただけるのはすごくうれしいこと。

そして最後に主人を遠くからながめて言いました。

「うれしそうにやってるなあ。」

うーん、わかるんだなあ。楽しそうオーラ。

主人もうれしそうに

「はい、大変だけどたのしいです。」

 見る目を持つ方にはごまかしはできませんわ。

本物だけが伝わる。

農業の大変さもたのしさも知ってらっしゃるAさん。

これからもほんとによろしくおねがいします。


スポンサーサイト



朝の勉強
Aくんとは一緒に4年間勉強してきました。

中学のときは固定級に通い

高校は定時制高校に通っています。

わたしは今、彼と朝8時から寺子屋で勉強してから

バスに乗って長野に行くというスケジュールで

毎週その日は朝から気合いが入るのです。

彼はこの4年間ほとんど欠席がありません。

彼とよく話すのは

「かぜはひかないと決めるに限る。」

この話でよく盛り上がります。

彼は3年間あるファミレスで働いていて

いまはホールを一人でまかされる事も多々あり。

最初のうちメニューを覚えるのが大変で

寺子屋で一緒にメニュー表の暗記に苦心惨憺した事もいい思い出です。

そしてこつこつと苦手な漢字克服のために

漢字検定の勉強をしてきました。

そのかいあってひとつずつ漢字検定に合格して

いまは来春の試験に向けてがんばってます。

定時制は4年間なのであと一年彼と勉強できます。

なんとしてでも彼に漢字検定のある級をとってもらって

社会に送り出したいと思っています。

彼は定時制高校に行って本当に大きく成長しました。

苦手な漢字にしても

生活体験から語彙が増えて

びっくりするくらい言葉に厚みがでてきました。

そこで感じる中学時代3年間を固定級で過ごす学習内容

についてはおおいに考えさせられるのですが

彼のように

だからこそ「足りない部分は寺子屋でやります。」

と決めてきてくれていることに

わたしも闘志を燃やすわけです。(笑)

いい朝の時間を毎週ありがとう!Aくん。

がんばろうぜい!










好きこそものの上手なれ♪
写真

昨日来てくれた

卒業生Yちゃんの作品。

中学のときから上手だったけど

高校行ってますます上手になったね!
写真

そしてこれは画伯Rくんの作品。

Rくん勉強した後

時間を忘れて作品作りに毎回没頭。

こってます!ますます。

自分が楽しくて仕方ない事が

周りの人も元気にしてます。

いいですねー。


よかったねえ。
Aちゃんは小学校のころからのお付き合い。

いろんな家庭の事情で

まあ、たくさん泣いた、泣いた。

よくしゃべって、笑って、泣いて

いろんなことがあった。

高校のころは遅刻が多くて

大学の願書出すのに

高校の成績がぎりぎりまで出なかったり

ひやひやを一緒にしました。

おうちにもいろんなことがあったので

22歳で家を出て。

そんなAちゃん。

寺子屋の近所のお店でずっとがんばってました。

昼間、暑い日も雨の日も

がんばって働いているAちゃんを見ていて

はやくいい彼氏ができるといいなあなんて

勝手に思ってました。

そんなある日Aちゃんから写メで報告。

「彼氏です。」

うふふ。かなりのイケメンだぜよ!

先日彼氏に会ったわたし。

「Aちゃん、うるさいし、わがままだけど頼みます。」

というと

「うるさくて、たいへんだけどがんばります。」

いやあ、愛されてます、Aちゃん。

よかったああ。

こんなエピソードが一番うれしいわたしたち。

そういう話を聞いて寺子屋卒業生も安心してくれる。

よかったね。Aちゃん。




大人の寺子屋〜瞑想講座
大人の寺子屋写真

瞑想クラス参加者の方から感想をいただきました。



瞑想講座の感想 〜 大人の寺子屋—瞑想クラスの参加者の方から

寺子屋の教室で瞑想、、、?
机や椅子を片づけ、カーペットを敷き、ともこ先生が心をこめて準備してくださった部屋は、

とても清々しい空間になっていました。

参加者4名の中で最も初心者の私、言われるままに身体を動かし、床に座って目を閉じ、

次々に浮かんでくるいろんな思いを流していくような、、、形だけ皆さんに合わせようとしているだけの

段階です。

それでも2時間が終わると、わからないながらも何かすっきりと心の中が静かにおさまっているのを感じます。

そういえば、外のバスや自動車の行きかう音も忘れていたときもあったような、、、。

自分に対しても、周囲の人や出来事に対しても、シンプルに、ジャッジせず、そのままに目を向けていける

ようになった自分を発見、、、。

あるいは、おこるすべてのことがよいことなんだと思える、そんなかんじ。

そして、実はそのことをずっと前から知っていたのに見えていなかった、不安や怒りやいろんな感情に

かき消され見ようとしてなかったのに気づいた、、、懐かしいようなきもち。、、

瞑想の定義も実態もわからない私ですが、ともこ先生、皆さんに導かれて、その場で感じたことはそんなかんじで

す。

そのかんじが自分の日常までつながっていくのを、とてもうれしくありがたく思います。

抜けるような秋空が輝く頃、次回の瞑想教室で、また、皆さんといっしょに安らかな思いを共有できることをたの

しみにしています。

******************************************

Jさんが本当にわかりやすく

フラットな立場で書いてくださったので

瞑想講座の様子がとてもよくわかると思います。

ありがとうございます。




寺子屋の教室はバス通りに面していて

商店街の真ん中にある環境です。

でも日常の中にこそ静寂は必要で

こういう空間でみなさんの出すエネルギーが広がって

いけたらそれが一番すばらしいと思っています。

私は講座には参加できませんが

毎日少しずつ静かな時間をもちたいと思っています。


月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count

最近のトラックバック