FC2ブログ
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 木曜日 その他オンライン
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

寺子屋日記
寺子屋からのおたよりです。
スタッフ紹介♪ ver2
写真

今田茉依さんです。

ほんと、かわいい〜です。

小学生は

「いいにおいのする手のきれいなお姉さん」

と呼びます。

中学生の時から通ってきてくれて

現在東洋英和女子大3年生。

将来は子どもにかかわる仕事をめざす

ダンス大好きまいちゃんです。

中学生に数学を教えてくれています。

まい先生に優しく、そして厳しくおこられると

中学生の男の子はほんと、こりるようです。

これからもその調子でよろしくお願いします!

社会に出るのもカウントダウンはじまったまいちゃん。

真剣にこれからの子どもたちのことを

考えてくれています。

頼もしい20代!!

応援してます!

*********************

まだまだ続きます。

スタッフ紹介!

おたのしみに!
スポンサーサイト



スタッフ紹介♪ ver1
写真

今年から寺子屋で英語を担当してくださる

吉田みさ子先生です♪

吉田先生は大阪大学外国語学部卒業!です。

1993年にWith Study Roomをご自分で始められて

今までいろいろな受験指導、そしてLD,発達障害、不登校のお子さんと

いろんなタイプの方たちを指導されてきています。

実は私の長年の友人でもあるのですが

「地域に根ざした活動をしたい。」

という思いをますます深めて

寺子屋にもきていただくことになりました。

きびしいけど、じつはとってもユニークな先生です。

日本語をたくさんの外国の方に教えていらっしゃるという

横顔もお持ちで

いろんな引き出しをこれからみなさんとシェアしてださると

思います。

楽しみにしていてください。


***************************

実はことしの先生たちは

美人ぞろいなのです。

次回をおたのしみに!!  むふふ。
かんどうしました〜♪
佐久穂の生徒さんとも少しずつ

ありがたいことに

勉強させていただいています。

どこの寺子屋も

最後のあとかたづけ

机の上の「消しかす」そうじはきちっとやっていただきます。

そしたら

今日

「これ、使おうと思って。」


写真

作ってきてくれたんです。

なんか、じーんときました。

言われた事をきちんとうけとめて

行動にうつしてきてくれて。

生活が身体の中にきちんと育ってるんだなって。

ありがとう。

今日の一番のうれしい出来事でした。


もうひとつのうれしい報告♪
昨日AちゃんとSちゃんと話していたら

Aちゃんと同級のもうひとりのAちゃんからも

メールがきて

なんと21歳で初めて彼氏ができたと写メつきの報告。

みればかなりのイケメン!!!!

こりゃあ、ぜったいぞっこんだろうと思って

「はやく結婚したいでしょ?!」

と聞くと

「はい。」

とのこと。

Aちゃん、本当に苦労してるから

心の底からうれしいよ〜!!

と今来てる子たちにも

思わず写真を見せてしまった。

みんないい子たちだからうれしそうに見てくれる。

というわけで

卒業生ってくるときはバタバタときてくれるもので

それはこちらもあちらも引き寄せ合ってるんだよね。

いろんなことの節目にいろんな報告を

いつもありがとう。

みんなの元気がわたしたちの元気です!!!
美人姉妹来訪♪
image.jpeg

姉妹で通って来てくれた

SちゃんとAちゃんがきてくれました!

今度は長野に来てくれるそうです!

パパの目尻がさがりっぱなしになることまちがいなし!

二人のことはパパさんブログやさいのゆうことにも近いうちに

アップされると思います!

乞うご期待!
今年度寺子屋スタッフのご紹介♪
写真


今年の寺子屋は次のメンバーで走ります。

どうぞよろしくお願いします。




吉田みさ子先生  (中学、高校英語担当)
Hello, everyone!! はじめまして、4月から寺子屋の仲間入りをさせて頂きます吉田みさ子です。皆さんと一緒に楽しく元気にパワー全開で頑張りたいと思っていますのでどうぞよろしくお願いします。私は今までたくさんのさまざまな個性豊かな生徒さんたちと勉強してきました。一つ言えるのはみんなひとりひとりが素晴らしくてそれぞれに合った勉強法と出会えた時、もっと素晴らしく輝けるということです!!一緒に最適の学習方法を見つけて一歩一歩進めていきましょう!!私はまた各国から来た外国の方に英語で日本語も教えています。日本と比べて 違いにハッとしたり、おもしろいって思ったり、なるほどって思ったこと、どんどんみなさんにも発信していきたいなって思っています。皆さんに会えるのを楽しみにしています!!
****************************************

中村僚先生 (個別クラス担当)
去年から引き続き寺子屋で教えさせていただく中村です。去年は、夏頃から受験生や小学生を教えていきました。受験生を担当するのは、初めてだったので色々と困惑することもあり「本当に教え方はこれでいいのか?」など悩みながらの授業でした。合格発表当日は、戦々恐々としていましたが無事に終わりホッとしました。今年は、2人の個人授業がメインになります。2人が毎回参加したくなる様な楽しい授業にしていきたいです。
****************************************

大畑茜先生 (中学理科、高校クラス担当)
寺子屋でお手伝いさせていただいて4年目になります。勉強して新しいことを知ることはとても楽しいことであることを、一緒に勉強をしていく中で伝えていければと思います。私自身もみなさんからたくさんのことを学んでいきたいです。よろしくお願いします。
****************************************

川口美保先生 (中学数学、小学生クラス担当)
数学を担当いたします川口です。寺子屋で教え始めて一年がたち、子どもたちの個性をだいぶ掴めてきたように感じています。数学をわかりやすく教えることだけでなく、力を定着させる指導を目指しています。母親としての経験も生かしながら、一人ひとりとしっかり向き合っていきたいと思います。今年度もよろしくお願いいたします。
****************************************

野村恵利先生(小学生クラス担当)
前回は6,7年ほど寺子屋でスタッフをしておりましたが、今回、3,4年ぶりに寺子屋に復帰することになりました。数年ぶりに当時小学生だった子どもたちに再会しその成長ぶりに驚いたり、また新しく個性豊かな子どもたちに出会えて、復帰できたことをとても嬉しく思っております。少し寺子屋と離れていたため至らないこともあるかと思いますが、よろしくお願い致します
****************************************

今田茉依先生(中学数学クラス担当)
今年もスタッフとしてお世話になります、現在大学3年の今田茉依です。
寺子屋でお手伝いさせて頂いて今年で五年目になりますが、毎年違った生徒さんの顔を見ることができ、とても興味深く、また嬉しく思います。
私は大学で保育について学んでいますが、寺子屋でお手伝いさせて頂いていることは、私の将来に何か直結するものがあるのではないか、と日々感じながらやらせて頂いています。生徒1人ひとりに合った指導の仕方や考え方を私自身も模索し、真正面から生徒と向き合っていきたいです。
また、私たち大人が生徒に与えるものも大きいですが、逆に生徒に気付かされることも授業の中で多くあり、私はその一瞬一瞬の時間を大切にしていきたいと考えています。
私自身も生徒と共に成長していきたいと思いますので、よろしくお願い致します。
****************************************



大畑、中村、野村、今田は寺子屋の卒業生でもあります。
自分が学んだ視点も大切に教える側に立つことでまた、見えてくることもあるようです。
今回久しぶりに寺子屋で教えてくださることになった吉田先生は、この道の大ベテランです。高校生英語クラスも開講いたしますので、よろしくおねがいします。
昨年の受験生たちを我が子のように熱い思いでしどうしてくださった川口先生。子どもの個性に合った指導をしてくださるでしょう。


一年間、このメンバーで風通しよく、力強く勉強して参ります。
どうぞよろしく願いいたします。   岩岡いづみ

今年もどうぞ、下高井戸シネマへ!
写真




大切な友人飯田光代さんが代表をつとめる

「優れたドキュメンタリー映画を観る会」vol29

が今年も下高井戸シネマ
「わたしの仕事、わたしの生き方」

というテーマで4/20(土)から27日(土)まで

一週間開催されます。

彼女の自閉症の息子さんが小学校1年生のときから続けている活動なので

もう今年でかれこれ20年になろうとしています。

彼女の原動力はもちろん息子さんであり

社会に対するいつも持っている優れた感性

そして正義感と情熱です。

以下は光代さんからのメッセージです。


「就職氷河期と呼ばれたバブル崩壊後の就職難は現在も続いています。

東日本大震災の残した大きなダメージ、隣国との領土問題による

国交も厳しく、第一産業はじめ各分野で経済は低迷しています。

****

今回の特集「わたしの仕事、わたしの生き方」には

様々な職業を持つ人々が登場します。己の仕事と向き合い、悩み、葛藤

しながらも初心を貫き仕事をとおして自分の生き方を掴んだ姿をおったドキュメンタリーです。」


そのひとつには

佐久総合病院の創始者である若月医師の

「医す者として」もあります。

今年もとても楽しみです。

ぜひ下高井戸シネマに足をお運びください。


2013年度の寺子屋サロンの日程
写真
 〈 サロンに来てくださるJさんがとった写真です。美しい!〉



2013年度 サロン日程


5月8日(水)

7月11日(木)

9月4日(水)

11月7日(木)

1月15日(水)

3月6日(木)


すべて10時半からです。
場所は寺子屋深沢教室。
参加費は1000円(お茶とお菓子つき)
前日までにお申し込みください。




感性
今月号の寺子屋だよりにのせた作文です。

香慧ちゃんは入試の準備の一貫で

週に一度作文を書いています。

これはそのひとつ。

毎回小6の精神の豊かさに驚かされます。

感性は年齢ではないですね。

***************************************************


自由                        小学6年     杜香慧
 何の制限もなく、自分の好き勝手な事ができる事を自由だと思っている人が多くいる。それはただ、自己中心的なだけであり、自由ではない。では、自由とは何なのか?改めて考えてみる。前に誰かが自由を求めるためにはスポーツが一番だと言っていた。考えてみるとスポーツ選手は実に生き生きと自由にスポーツを楽しんでいる。スポーツ選手になるにはそのスポーツのルールの習熟、そして選手各自の技能によって成り立つ。
つまり自由はルールや制限、拘束のよりできていると考えられるのだ。自由を実現するのは努力しなければならないということがわかったが、具体的にはどのようなものを得ればよいのだろう。
それは自由を望む気持ち、強い意志と忍耐力であり、最後には勇気である。自由は望まないとほしいとは思えないし、成就したい、しようとする意志もなければやる気が出ない。しかも自由をつかむにはルールや制限、拘束を習熟しなければいけない。そのためにどのくらいの時が流れるか誰にもわからないので、短期だと絶対自由をつかみとれないだろう。ここまで読んで自由を獲得するにはすごく大変なんだな、あきらめようかなどと思った人はもう失格。それでもがんばる勇気がある人に自由は実現できるのだ。

生き物の源、発酵、そしてみそ
「みそ」を習うにあたって

師匠の精子さんからは

「ただ教える、教えられるではなく

自分の今までの生き方を感じて」

という言葉をいただき

主人からは

「高度な言葉をもらったなら

今まで以上にもっとていねいに生きて」

とかなり難題をふきかけられ

でもそんななかで今回なぜわたしは

「みそ作り」に向かうのだろう?

と思いつつ娘二人と美麻に向かった。

美麻はわたしにとって人生のターニングポイントの地。

悩みのまっただ中にいたときに

ひきつけられるように飛び込んだような場所。

みそ作り修行はこうして始まった。

一日目。

麹を作るために米を蒸らしていきます。
写真

そして蒸し上がった米に麹菌をまんべんなくつけて

麹が全体にいきわたるようにします。

つぎに精子さんの長年使っている

麹部屋に麹を入れて

一晩中35度で湿度が80%になるように

練炭などで調節していきます。
写真
この調節が非常に微妙な作業で

精子さんには「麹に聞いて」

『麹の様子をよくみて」

と何度も言われました。

何時間おきか見に行くうちに

麹からにおいがどんどんわいてくるのがわかります。

麹部屋から母屋までは10メートルほどあるのですが

麹部屋に近づくとそのにおいがただよってきます。

甘く、包み込むような上品な香りです。

次の朝、麹はほんのちょっぴり色が白くなります。

その次にやる作業が「きりかえし」です。

麹をふんわりもちあげたり、ひっくりかえして

空気を入れてあげて発酵をすすませます。

それと同時に一晩つけておいた大豆を大鍋で煮始めます。
写真
そして煮上がった大豆をおおきなミンチにする機械に入れていきます。

まるでモンブランのようなきれいな大豆に変身です。
写真

その大豆に塩をまぜて一晩休んでもらいます。

次の朝、ついに麹完成に近づくときです。

どきどきして朝早く麹をみてみます。

発酵が必要ならもう少し時間をかけます。

そしてついに大豆と混ぜ合わせて完成!になります。

精子さんのご主人の吉田さんから

「なぜ発酵調味料が大事なのか?』とお聞きしました。

「地球上には生産者である植物と

消費者である動物、すなわち人間がいる。

そのあいだに発酵という存在があるから

地球の命が循環してる。

発酵がなければ生き物全体がこのように進化してこなかった。」

調味料には深い深い意味があり

日本人にとって

米という字が昔は※という字であり

その字自体にものすごくパワーがあったということは

以前本で読んだことがあります。

みそも醤油も日本人にとっては

命のみなもとなのかもしれません。

主人が農という職業についたということ

食が子どもたちに与える影響

これだけ発達障害の方が増えていて

恋愛できない若者が増えていて

なにかをしっかり考えなければいけない今

「おいしい野菜とおいしい調味料があれば」

という精子師匠の言葉は本当に未来の子どもたちに

直結する言葉です。

命のみなもと、生きる足下をしっかり見る機会を

いただけたことに感謝です。

そしてこれからこの道をいけばいい

いや行くしかないという思いを強く、強くしました。










月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count

最近のトラックバック