FC2ブログ
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 木曜日 その他オンライン
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

寺子屋日記
寺子屋からのおたよりです。
ぐぐっと!
佐久穂ですでにたくさんのすてきな

方たちに出会っていますが

なんといっても一人の女性との出会いは

私にとって本当にすっごく背中を押され

勇気を与えられ

もう本当に!!力もらってます!

ぐぐっときてます!

娘のコーディネートなどで

お世話になっているKさん。

もうびっくりするくらい

仕事に対する姿勢が真摯です。

「できない」ことから始まらず

「必要な」ことと考えれば

いろんな枠組みのなかには制限されるものがあるにも

かかわらず

Kさんにかかると

するっと通りぬけてしまうのです。

情熱かもしれないし

見通す、見抜く力かもしれないし

そのいろんな組み合わせが彼女の「仕事力」を

作り上げている気がします。

何よりも

私たち家族の今の形態

そのことに至るまでの

道筋を心から理解してくださっている。

それって

一番の応援だなあって感じます。

Kさんとよく

「今週も仕事がんばろう!」

てメールします。

本当にがんばってる彼女からの言葉は

今、身体にとってもしみてくるんです。

Kさん今週もおつかれさま!

来週もがんばろうね!
スポンサーサイト



オルタナティブ
先日みえたお母さんが

「私も不登校でしたから

子どもの気持ちがわかるんです。」

とおっしゃいました。

そして

「不登校でも全然生きていけることが

わかってるんです。」

とも力強くおっしゃいました。

サロンにも親子2代で不登校!経験の方もいらしています。

不登校の歴史も長くなったなあとつくづく思います。

30年前、寺子屋を始めた頃

まだまだ不登校はごく少数派でした。

校長先生の一存で卒業証書を出すか出さないかも

決められました。

私はうちのような小規模塾の先輩たちが立ち上げられた

「学校外で学ぶ子の会」に

入って、少数派ではあるけれども、かならず何かを変えていく

いろいろな人の言葉に耳を傾けました。

そのころ「オルタナティブ」という言葉とともに

「フリースクール」や「オルタナティブスクール」もできはじめました。

「オルタナティブ」「もうひとつの」

ひとつの学校教育のやり方ではなく

ちがうやり方を模索することが始まりました。

30年たった今、不登校のお子さんが選べる

選択肢はとても増えました。

「オルタナティブ」を自由にそのお子さん、保護者のかたが

設定できるのです。

そういう意味では

勇気を持って自分の選択をしていってほしいと思います。

不登校のお子さんの次なるステップは

学校ではなく、社会への適応です。

社会の中でいかに自分の居場所

自分の存在意義を見いだしていくのか。

ここでも

「オルタナティブ」を積極的に使っていくしかありません。

「みんなちがってみんないい」

を体現していくことを

私も私なりに応援していきたいです。






こたえ
先日いらしたお母さんが

「答えがほしいです。」

とおっしゃいました。

不登校になった息子さんに

何をどうしたらいいのか

途方にくれていると

おっしゃいました。



今日は寺子屋サロン。

ベテランの顔ぶれが勢揃い。

お子さんたちはもう立派に成人した方たちばかりです。

家庭裁判所に足を運んだ方や

警察の内線番号も暗記してしまった方や

特殊な世界から足を洗う場面に立ち合われた方や

みなさんの経験は深くてびっくりのものばかり。


そんなみなさんから

今渦中にいる方へのメッセージ。


「どんなうごきでもうごきは大事。」

「その出来事にありがたいと思った瞬間に気持ちが楽になった。」

「ただただ聞いてくれる人に出会えたら

自分の気持ちをしっかり保てた。」

「明けない夜はない。」

「ハラハラ、ドキドキ、わくわく。」


「こたえ」

やっぱり必死に追い求めたらいいですよね。

ひとりひとりのやり方で。

それこそ必死で。



今日はサロン初

親子参加してくださった

Fさん♪ありがとうございました!


みんなの気持ち
曜日とメンバーによって

授業の中身や流れるエネルギーが変わります。

あるクラスに最近担任の先生とうまくいっていない

男の子がいます。

ずいぶん落ち込んでいる様子を

お母さんからうかがっていたので

なるべく授業中に

ほかの子の意見も聞いたりして

学校の様子を話してもらう時間を少し

とっています。

少しショックだったのは

そのときいた小学生全員が

あまり自分の担任の先生から

自分を受け入れてもらっていないと

思っていることでした。

うーん。

先生も一生懸命いろいろと工夫されているはずなのに

なぜ?

今の子どもたちにとって

いい先生はイコール「おもしろい先生」

の要素を持ち合わせている事

であることはどうやらまちがいないようです。

教室の雰囲気を明るく

楽しくしてくれる先生。

先生になる科目に

「お笑い」の授業はないですから

先生も大変です。

「先生は勉強を教えればいいと思ってる。」

という意見もありました。

けっこうどきっとしましたね。

ひとりひとりの個性を

大切にする教育。

政治と同じくらい

待ったなしの教育界です。
不思議な出会い
写真

佐久穂に行く途中

いつものように電車の中で

よーく寝ていました。

途中の駅から

女性の方が乗っていらしていたのは

知っていたのですが

その方が

とんとんと私の肩をたたいて

「はい。」

と差し出してくださったのが

この写真の最中でした。

見覚えのある最中だなあ

と思ったら

「足利の古印最中ですよ。」

とおっしゃって

私は一度主人と足利に行ったことがあることを

お伝えして

話がはじまりました。

その方はこれから長野の善光寺に行くということで

毎年必ずお参りしているそうです。

60歳の時に生命線が短いとお兄さんに言われて

お遍路さんをはじめたのがきっかけで

日本中の神社仏閣をまわられているとか。

千葉の成田山で断食修行を毎年されて

滝行などをするうちに

「自分の心に邪念がないときは」

お釈迦様や弘法大使様が現れて

いろいろなメッセージを伝えてくださるように

なったそうです。

お肌はつるつるの60代とおもいきや

なんと91歳だそうでした!

そして

「あなたも御先祖様の供養はされるといいですよ。」

とおっしゃって

私はもっとお話を伺いたかったのですが

降りる駅が来たので

失礼しました。


その方自身がまるで

神様のような方で

なんとも不思議な出会いだったのでした。

毎日、毎瞬

祈りの気持ちですね。
うれしい訪問♪
長年やっていると

ありがたーい

訪問を受けることがあります。

今日も

もう卒業して8年もたつ

お子さんのお母様が

わざわざ訪ねてくださいました。

大学2年生になった息子さんの写真を見せてくださって

帰国子女の方だったのですが

「この寺子屋が日本でのあの子のスタートになりました。」

とおっしゃってくださいました。

雨の中をきてくださって

本当にありがとうございました。



月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count

最近のトラックバック