FC2ブログ
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 木曜日 その他オンライン
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

寺子屋日記
寺子屋からのおたよりです。
今年もやってます♪
友人の飯田光代さんの主催する

「優れたドキュメンタリー映画を観る会」の下高井戸シネマ映画週間

が今年も始まっています。

寺子屋も毎年後援させていただいています。

今年は

去年の震災後の南相馬の江井部落のその後を追った

「相馬看花」

宮城県の被災地の一年を追った

「傍(かたわら)」

児童養護施設「光の子どもの家」の子どもたちの日常

「隣る人」

知的障害と自閉症を持つ妹を持った

兄がそのカメラを通して自身の成長をも綴った

「ちづる」

など

優れた作品ばかりです。

昼の部10時半からと夜の部8時50からの二本立て。

問い合わせは

下高井戸シネマ 3328-1008

4月28日(金)までです。
スポンサーサイト



いろんな連絡♪
新学期が始まり

ちょっと心のうきしずみがある人にとっては

きついシーズンでもあるようですが

木の芽も芽吹く時期

身体の中も大きく動くと思って

のりきってほしいと願っています。

そんな中

先日は郵便配達の方が

郵便物を持っていらしたので

サインをしていると

「実は以前お世話になっていた

Oの父親です。」


とおっしゃるではありませんか!

よーくお顔を拝見すると

おお!Oくんそっくりではないですか!

「おかげさまで元気でやってますので!」

今年不登校のお子さんにもとっても理解のある

の高校に入学されたOくん。


まあ、本当によかったです。

思わぬ嬉しいお便りをいただきました。

そして

今日も数年前にいらしていた生徒さんの親御さんから

うれしいお電話。

いろんなご事情で

なかなか学校に行けない方でしたが

去年また一年の冬眠を経て

今年は動き出しているとか。

人間のあゆみは直線ではなく

くねくね道ですけど

こうやって

長い時間の中でおつきあいさせていただく中で

いろんな道のりを見せていただける

幸せをかみしめています。

ありがとうございます。


山菜♪
週末は佐久穂町にいます。

まだまだ近辺探索で精一杯です。

裏山にのぼって

山菜とかとってみたいよねー♪

でも山菜どれが食べられるか見分けられるかなあ?

とか話していたら

娘のお友達のおばあちゃまが

山盛りのなずなを届けてくださいました。

「茶色い葉っぱをとって、湯がいて

そのまま灰汁抜きしたらおいしいよ。」

と食べ方まで教えてくださいました。

もう幸せがあふれてきます!

でもってこんな感じの顔で

さっそく作りましたよ。

せりのようなやさしい味です。
写真

みそ味とおひたしでいただきました。

ごはんがおいしいです!

ありがとうございます。

今度は自分で見つけられますように!

でもってこちらはふきみそ♪
写真


佐藤初女さん講演会
今日はお知らせです。

ガイアシンフォニー2番に出演された

「森のイスキア」主宰の

佐藤初女さんが講演会をされます。


「生きる」

私は自分のできる事から一歩を踏み出しました。
私たちは多様ないのちに支えられて生きています。
いのちは生きる事。人の役に立つように生きることです。

             ( 初女先生のことばより)


日時 6月3日(日)
   13時から

会場 船橋市勤労市民センターホール 
   TEL 047-425-2551

参加費 1500円/大人  500円/高校生以下

定員  先着400名(定員になり次第締め切り)

主催  たんぽぽの会

問い合わせ、申し込み

    043-259-5006  斉藤
    047-468-4668  佐々木




佐藤初女プロフィール

1921年 青森県生まれ  
      小学校教員勤務 その後結婚
1964年 15年間弘前学院短期大学非常勤講師を務める。

1983年 「弘前イスキア」創設。

1992年 「大自然の中に心を病める人たちの憩いの場を作りたい」と岩木山麓に「森のイスキア」開設。

1995年 龍村仁監督ドキュメンタリー映画「地球交響曲第2番」に出演。
      講演会や料理の講習会など若者から高齢者まで幅広いかかわりをもちながら全国的に活動を続けてい
      る。




新学期♪
今日から東京は新学期です。

長野はきのうから始まりました。

駒沢公園ではお花見予約のブルーシートが

あちこちにしかれていました。

桜が急ピッチで満開へと向かっています。
写真


きれいです。

最近すてきな本をいただきました。

いのちのかぞえかたいのちのかぞえかた
(2010/10/16)
小山薫堂

商品詳細を見る


いのちの始まる春にふさわしい本です。

こころがほっこりします。

そしてすてきなハンカチも巡りあえました。

http://item.rakuten.co.jp/minamina/tairyotowel/#tairyotowel

ここから購入できます。

南三陸の大漁旗をデザインしたもので

すっごく力をいただけます。

春は

新しい生活のはじまり。

だから自分のペースがつかめるまで

エネルギーをととのえながら

いろんなものから力をもらって

4月をはじめていこうかな。



新しい生活
いつのころからか

これからのことをいろいろと考えるようになりました。

そして去年の震災で

大きく心も揺れました。

揺れた結果見えて来たものがありました。

昨年夏から私たち夫婦は10年先のことを

考えて

10年先のイメージを作りながら

東京ともう一つの生きる場所を求め始めました。

いろんな条件と照らし合わせながら

自分自身が今何をしたいのかを

はっきりさせながら

私たちがもう一つの場所

そしてパパさんにとっては

唯一の場所に選んだのは

長野県佐久穂町。

佐久市のお隣にある小さな町でした。

そこにはもう10年以上も前から

有機農業を一生懸命されている方たちがたくさんいらして

その中のお一人との出会いが

そこの町で有機農業を学ぶ、そして新規に就農をめざすことを

パパさんに決めさせました。

そして、私もいろいろ考えた結果

私は寺子屋を続けながら

世田谷と長野の往復をすることに決めたのでした。

子どもたちにとっても大きく環境が変わります。

二人の女の子は週の大半を父親と三人で

長野の町で過ごす事になります。

きれいな空気、どこまでも広がる空。

でもとても厳しい冬の気温。

そんな環境で私たちの新しい生活が4月から始まりました。

私は世田谷と佐久穂町の間に見えてくる物を

いろんな意味で楽しみにこれから

感じ取り、またこの日記にも書いていければと思っています。



月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count

最近のトラックバック