FC2ブログ
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 木曜日 その他オンライン
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

寺子屋日記
寺子屋からのおたよりです。
先生、あのね。
毎週兄妹でバスに乗ってきてくれる

Rくん。

毎回、毎回、私の心にあったかい言葉の贈り物を

届けてくれます。

「先生、あのね。

今日は先生疲れてるみたいだね。

僕、わかるよ。」

「先生、いつかぼくが一人で

暮らすようになったら、先生と会えなくなっちゃうね。

ぼく、さみしいな。」

「先生、いつもありがと。」

「ぼくは先生が元気だとうれしいよ。」

みんなが心に思ってても言えない言葉を

全部出してくれるRくん。

一緒に勉強している仲間にも

入ってくる子に手を振ってくれます。

ほっこりRくん。

大切なものを大事にしてほしいと願っています。


スポンサーサイト



奏楽堂で
私も、娘も親子二代でピアノを教えていただいている

先生の声楽のコンサートを聞きに

上野の奏楽堂に行きました。

奏楽堂は重要文化財に指定されている建物で

日本の伝統を感じさせるすてきな建物でした。

先生は私が小学校4年のときからお世話になっていて

ふだんのお声もそれはそれはすてきな方です。

ずっと自疆術も習われていて

すっと壇上に立たれた姿はとってもすてきでした。

何よりも先生の60年の3人のお子さんを育てられた

慈愛のようなものが声を通して

伝わってきて

涙が止まりませんでした。

歌は心。その方の魂を私たちに届けてくれます。

いい時間でした。


寒くなってきました♪
寒くなって来たので

寺子屋でも風邪気味の人が増えています。

私も靴下を二重にはいたり

足元に注意し始めました。

帰り道

受験生と寒いドアの外に出るとき

あ~今年も受験が近づいて来たなあ

と感じます。

最近子どもたちの間で

曜日によっては

自分より年下の子の面倒をみたり

自分のできている事を他の人に

伝えたりするのがちょっとしたブームみたいになっていて

メンバーによってそういう雰囲気ができるのを

ほほえましく見ています。

九九をうまく覚えられない下級生に

自分もかつて同じ体験をしたであろう

上級生が手ほどきをする姿は

みんな人の役にたちたいんだねえ

ということを毎回感じさせてくれます。

もちろんたまに

「ひとのことよりまず自分ね。」

とくぎをさされることもありますが。

これから寺子屋にもストーブの活躍する日々が

あと数日で訪れます。

そして来週はもう12月ですね。

今年最後の寺子屋サロンにもどうぞ

足をおはこびください。
寺子屋サロン
今年最後の寺子屋サロンを

12月14日(水)午前10時から

寺子屋5丁目教室にて行います。

今年一年いろいろなことがありました。

みなさんで共有して

来年に進みたいと思います。

参加費は1000円です。

お待ちしています。
木内鶴彦さん
ずっとお話を聞きたかった
木内鶴彦さん

の講演会に行くことができました。

2011年11月11日。満月。

いい日です。

木内さんはコメットハンター(彗星探索家)であり、

立花隆さんの臨死体験

臨死体験〈上〉 (文春文庫)臨死体験〈上〉 (文春文庫)
(2000/03)
立花 隆

商品詳細を見る

の本の中でも臨死体験者として紹介されています。

その臨死体験のときに木内さんは地球のはじまりと

未来の地球の姿を見ています。

そのことは
生き方は星空が教えてくれる生き方は星空が教えてくれる
(2003/04)
木内 鶴彦

商品詳細を見る
の中にくわしくのっています。

以前私が木内さんとりんごの秋山さんが

今の日本のキーマンではないかと書いたところ

すぐ寺子屋のお母さんがメールをくださって

「私もそう思っていました。」とおっしゃっていましたが

木内さんは「地球をここまでひどい状態にしたのは

人間なのだからこわした張本人がなんとか知恵を出して

なおしていくしかない。そのためには

お金本意の生き方をみんながやめなくては。

人間がなんのためにこの地球に存在しているのか。

なぜこんなに多くの生物が地球には共存しているのか。

それはお金もうけのためではないはず。」

と強くおっしゃっていました。

帰ってきたら東京新聞のコラムに中村桂子さん

経済至上主義からはもう地球の未来はないはずなのに。

とおっしゃっていて、

そこに気づくひとの人数で

私たちの未来は決まるのだなあと

私たちの子どもたちの未来は決まるのだなあと

思ったのでした。







浅尾真実さん コンサート
111109_0807~010001






長年の友人のお嬢さんであるフルート奏者の

浅尾真実さんが

コンサートを開きます。

2012年2月24日(金)

18時半開演

杜のホールはしもと(神奈川)

全席自由 2000円

チケットぴあで買えます。

まみちゃんのピュアな透明感のある演奏をぜひ聞いてくださいませ。



月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count

最近のトラックバック