FC2ブログ
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 木曜日 その他オンライン
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

寺子屋日記
寺子屋からのおたよりです。
みそ♪
111025_1827~010001

今年春に仕込んだみそを

昨日初めてあけて食べました。

今年はこうじがよかったのか

とっても味がまろやかに仕上がって

これだけをおかずにごはんがすすむ、すすむ。

やばいです。

でもうまーいです。
スポンサーサイト



後天的なもの
今日の中野裕弓さんの朝のメッセージは

「恐れや不安は後天的に身につけたもの」

でした。

赤ちゃんを見ればそれは証明している

と書かれていました。

パソコンのデリートのように

自分がその気持ちを抱いているなと思ったら

消去する

というな練習をしてみては

ということでした。

ハワイのホオポノポノでも

同じことを言っています。

なかなか難しいけど

やってみようと思います。

今日一日もいい日でありますように。
先輩から小学生へ
昨日はSくんが

再び被災地釜石に行ったときのことを

小学生に話してくれました。

頼んだときは

えー!という感じだったのに

さすがSくん。

きちんと原稿を用意してきてくれました。

被災地を見てショックを受けた事

自分のおかれている環境が

どれだけ幸せな物か改めて思ったこと

家族とけんかできる幸せ。

自分の無力さへの失望。

最後にSくんは

「今はなしたこと全部はわからなかったかもしれませんが

必ず大きくなってわかるときがきます。」

と言ってくれました。

Sくん大人になったなあと。じんわりきました。

学校や保護者の反対を押し切って

石巻に部活の生徒を連れて行った先生は本当に

すごいと思います。

Sくんが学校生活の中で一番勉強したと思えて

今後の人生の決定的なものを与えられたからです。

私は被災地に行っていないからわからないことを

Sくんからことあるごとに教えられる気がします。

小学生たちも感想の中で

「家族でいられることの幸せ」を繰り返し言っていました。

ありがとう。Sくん。
卒業生♪
42歳の卒業生が来てくれました。

中学生の彼女の目そのままでうれしくなります。

きれいな目。

相変わらずなおちゃめぶりとのんびりやさん。

人間てそうそうには変わらないなあって。

お互いにあったことを話したら

一晩あっても足りないよねって。

10年後の人生。のために

前向きに生きるね。と言って

帰って行きました。

ありがとうね。

いろいろな節目にみんなに会えると

それだけで私も力をいただきます♪

今日は午前中、教育相談室や学校からのご紹介の生徒さんの面談。

いろんな人と話した一日でした。
やさしい心の絵
いつもいつも寺子屋サロンに遠くから

いらしてくださって

私の心の友であるFさん。

そのお嬢さんのお話は出会ったころから

お聞きしていたので

かれこれ15年くらい

その成長のお話を聞いていることになります。

そしてどんどんその才能を花開かせていることは

知っていたのですが

昨日初めて彼女のブログを拝見して

もう、感動。そしてなんか私まで

誇らしくなっちゃって。

Fさんのやさしさがそのまんま

お嬢さんに受け継がれていて

大事に育てられた感性が彼女の絵にあふれていて。

わたしの心をゆっくりほぐしてくれました。

今、カナダの画廊の方の目にとまって

彼女の絵の一枚がカナダの地へ行っているそうです。

すごいですね!!

彼女のブログです。

ぜひ見てね。
ひとさじのお砂糖

サロンとうれしい知らせ
寺子屋サロンでした。

ゆったり、たっぷり、しっとり

おしゃべりしました。

私と同じ4人の子どものお母さんと。

警察にすごーくお世話になったご長男さんも

一回結婚を終わりにしたご長女さんも

不登校だった次女さんも

みんな独立して

次男さんも一生懸命自分の道。

そして今は夫婦二人。

「仲良くしなきゃねえ。と思ってるのよ。」

お姑さんとお舅さんを介護して

子育てを終えて

今度はお孫さんの成長を喜んで。

「人の一生はプラスマイナスゼロだね。」

ひとつひとつの言葉には経験の裏付けがあります。



そしてさきほどうれしい電話。

卒業生のTさんのお母様からでした。

Tさんは、ちょっと人よりもゆっくりめ。

勉強に自信がもてなくて

その症状が身体に出た事もありました。

「おかげさまで、調理師の専門学校に決まりました。」

お母様のうれしそうな声。

とてもていねいにみてくださる私立の高校に通うことができて

きっと親切な進路指導の成果でしょう。

みんな大きくなるよね。当然だけど。

こうやってその後のお知らせをいただくのは本当にうれしいです。

おめでとうね。Tくん。
恩師からの言葉
震災の直後にとても学生時代にお世話になった

恩師が亡くなりました。

何年か前からお体の具合が悪いことを

お聞きしていたので

友人と「早く行かなければね。」

と話していたところでした。

早くと思ったら本当に早く行かなければならないのに

先生には何年もご無沙汰してしまって

お世話になったお礼もお伝えできませんでした。

その思いを持って昨日先生のお宅に伺って

奥様にお会いしてきました。

先生のお写真を見ながら

先生の思い出を語られる奥様と

少しの時をご一緒させていただき

友人が先生が当時私に言ってくれた言葉を

もう一度言ってくれました。

宝物のような言葉でした。

その言葉を聞いたとき

自分の人生をどんなに祝福されたような思いになったか

わかりません。

教育者というのは本当にいろいろな場面で

言葉や行動をいろいろな人に刻み付けているものです。

先生はお酒とたばこが大好きで

そして人が大好きで

奥様は少しご苦労もされたようでしたが

今を元気にいきていらっしゃる奥様とは

またお目にかかりたいと

それが先生ともまたつながっていられる時だと

友人と話しました。

大切なものは自分の奥のほうに

ほこりにならないように

いつもきちんときれいにしておかなければなりません。
10月
いつのまにか

キンモクセイの花が開いて

いい香りを漂わせています。

においで気づかせてくれるなんて

すてきなやつだなあと改めて思います。

自分の誕生日も来て

今年は40代最後の一年です。

どんなふうに50代に移行していくか

少しは成長しなければと思います。

毎日勉強している子たちも

様々に成長していますからね。

今年一年もどうぞよろしくお願いします。




月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count

最近のトラックバック