FC2ブログ
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 木曜日 その他オンライン
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

寺子屋日記
寺子屋からのおたよりです。
5月も終わり
今日で5月が終わります。

寺子屋を通して今までたくさんのすてきな出会いを

いただきましたが

今月の寺子屋だよりには

Aくんのお母さんに書いていただきました。

私がAくんの勉強をみているあいだに

Aくんのお母さんは私の子のベビーシッターをしてくださいました。

Aくんは人とのかかわりが少し苦手。

彼ももう20歳になろうとしています。

まさしくテーマは「子育ては自分育て」


******************************


今回、「子育ては自分育て」というテーマを頂き、私の事をちょっと考えてみます。
  21年前、初めての出産という大仕事を終え、自分では想像もしていないくらい、涙が止めどなく 流れ、「これは、お腹の中の小宇宙だわー」と、いたく感動して、私の母親人生がスタートしました。
 「子どもには、絶対幸福になってもらいたい!」
 そんな思いが、どうしたことか空回りばかり・・・・・!   それは今でもかわらないな。
 ただただ、無我夢中、ただただ、一生懸命。そういう時って、周りがあんまり良く見えていないよね。
 幼児期、学童期、思春期と、大きな課題を出され、答が解けない焦りで、右往左往してみたりしているう  ちに、我が身は、すっかり思秋期かしら!?
 そんな時も、どんな時でも、周りの人たちに助けられながら、ひとりでは決して出来ない子育ていう
 自分育てを、ドタバタと只今も進行中なのであります。
 どんどん、おババになって行く私は、若い人たちが、本当に美しいなあと思います。
 純粋な気持ちや、傷ついて苦しい気持ちや、もしかしたら生きるのがあんまり上手く出来ないかな
 と悩むことも、次のステップの準備だったりしているのかもしれません。
 自分の事を一生懸命考える時間は、何時の時代も大切なことですよね。
 私は今、母親であること、そして、私であることについて考えてみようと思っています。

 震災後
 私たちは、自分の事として、これからの生き方が問われる時だと思います。
 何を考え、何を選択し、どう生きるか。
 今回、改めて思うことは、人の力です。キラキラと輝く若いエネルギー、いぶし銀の如く光る老人力。
 そして、子どもたちの笑顔。どれほど、被災された人たちから、生きるエネルギーを頂いたことか。 
 祈りと共に、再生への思いを強く感じました。
 子育ても 自分育ても一人では出来ないのです。共に考え共に歩む仲間が大きな力です。
 私はたくさんの人たちに支えられ、この人生があるのだと思います。全てに感謝です。
 皆様ありがとうございます。                    



スポンサーサイト



面接月間
毎年この時期には面談をさせていただいています。

中学生は三者面談。小学生は二者面談になります。

その間のお子さんの変化や

学校や家での様子を教えていただきます。

子どもたちの様子を教えていただける

本当に貴重な機会です。

話は子どものことからいろんな話に発展して

時間がたつのも忘れてしまうこともあります。

お話を伺いながら我が身にも

問いかけたり、いろんなヒントをいただいたり。

私たちが見ている子どもの世界は本当に一面なんだなあと

気づかされることが多いです。

いろんな部分を持つ子どもの世界と

大切につきあうためにも大事な機会です。


うどのかおり
青森のうどをいただき

てんぷらにしました。

口の中にうーん

やまのかおりが広がりました。
110528_1739~010001

小さい頃

父が自分のふるさとの山に連れて行ってくれて

こごみやたらの芽をとって

それをおばさんがてんぷらにしてくれたことを

思い出しました。

やまの恵みのかおりです。

ありがとうございます。
無罪!
映画「ショージとタカオ」を観て以来

布川事件のことをずっと身近に感じてきました。

そして今日無罪!判決が言い渡されました。

43年間の時間。

でも当事者である桜井昌司さんのブログからは

真実の目をもつことを時間と引き換えに

得られていることがよくわかります。

今回の震災で私たちはやっと

与えられている情報だけで判断してはいけないこと

待っているだけでは

自分たち、そして子どもたちにとって

大事なものはもしかしたらあっさり失われてしまうことを

学んでいます。

そういうことを桜井さんと杉山さんは国家権力という大きな

うずのなかに身をおくことで

かなり前からその砂の城である国のあり方に対して

警告をされていたように思います。

気づいた人から。

43年間本当におつかれさまでした。

これからもいろいろと学ばさせていただきます。
かわいくて♪
110524_1203~010001
この時期毎日こんなかわいいのや

植物たちがどんどん

大きく変化していくので

ひまさえあれば見てしまいます。

育っていくすばらしさから目がはなせません!
みそ♪
かなり遅くなったけど

みその仕込みを今年もした。
110522_1246~020001

今年は小2の娘がおもしろがって大豆を一緒に

つぶしてくれて助かった。

去年のものは冬から食べ始めて

まだまだある。

家庭用ならけっこう少しで足りる。

放射能を排出する力があるということで

みそ汁は子どもたちにかならず飲ませている。

ちょっと遅かったけど

今年の冬の出来上がりが楽しみだ。


ゴーヤくん
110521_1103~010001
今年も出て来てくれました。

どこのホームセンターに行っても

品薄のゴーヤ。

うちはおととしから種から育ててます。

深いプランターで育てるのもいいようです!

ゴーヤくんはエネルギッシュでうれしくなります。

今年もよろしく!
うれしいたより♪
去年の夏まで一緒に個人クラスでお勉強していた

Aくんのお母様からお便りが届きました。

Aくんは去年の2学期から

区立の不登校のお子さんもゆるやかに

通えるクラスに行く予定になっていたので

その後順調に通ているかなあと

たよりがないのはきっと元気な証拠!

と思っていました。

お母さんの手紙によると

Aくんは通うはずの学校の面談のときに

「本心は親が行けというので行く事にした。」

と言ったことで

先生が「それでは本人がその気持ちになるまでは

待った方がいい。」

ということになり

待つ事数ヶ月。いっこうに行く気配を見せない

Aくんにいらいらしながら待っていると

なんと今年の春から自分の本来通う中学に

通っているということです!!

お母さん曰く

「またいつ来るかいつ来るか(学校に行かなくなる日が)と

まるで地震のようにこわがっていたのですが

いつくるかわからないことをどきどき待つのはやめました。」

と書かれていました。

すごいですね~♪

本当に彼の中で決めてあったことを

今がんばってがんばってやっているのだと思います。

いっしょけんめい応援して来たお母さんやお父さんの気持ちを

いたいほど感じながら

今、歩いている彼。

がんばれー!!

遠くから応援してます♪


ここ2、3日土とたわむれています。

今年も

きゅうり、なす、トマト、ゴーヤ

おくら、カラーピーマンなどを育てます。

その合間に雑草を抜く、抜く。

たのしい~♪

無心になれるからいいんでしょうねえ。

毎年顔を出してくれるかわいい白い花もおわりにかけているので

全部きれいに切ってあげて

次に出てきているみょうがに場所をわたしました。

おまけに6ポット¥100なんていいううれしい

お花やさんに行ってパンジーの次の花たちも来てもらって。

ここ数日、原発はとっくに震災のすぐあとに

爆発していた事実がわかって

被爆に気分がなれてしまっている

流れの異常さに少しへきえきしていたので

土からまたエネルギーもらって

ありがたいです。

命の流れのエネルギーをこういうときこそ

きちんと感じて。

しっかりグラウディングして

毎日を生きていきたいです。
初めての中間♪
今年、中学一年生になったメンバーにとっては

初めての中間テストが始まりました。

国語や社会や理科は

小学校のときの勉強の仕方では

ちょっとテストでは点とりにくいかも。

それを経験する最初のテスト。

とってもけなげにがんばっています。

ノートの取り方やまとめかたなども

お話しながら、うんうんとうなづいて

今日も早くから来て勉強してます♪

明日終わったら少しほっとしてね。

先輩たち♪後輩たちがんばってるよ~
寺子屋サロン
時間の流れをとっても感じた寺子屋サロンでした。

新旧それぞれのお母さんたちのお話。

今はもう子育てという感じではないお子さんの年齢のお母さんも

今まっさかりの子育て中のお母さんも

子どもは宝ということは一緒。

小学校時代が一番子どもと密接に過ごせて

学校のこともよくわかるから学校の生活や先生のことも

とってもよく見えて、気になる。

だからやきもちしたりしちゃうけど

あとから考えればそれは一番幸せな時期かもしれない。

もうお子さんが22歳になるひとりのお母さんが言ってた。

「この前小学校の前を通ったとき

ああ、私よくやったなと思ったの。」

そういう自分が意外だったという。

本当にそうかもしれない。

そのときは夢中に過ごしていくのが子育て。

勉強の事、友人との事、先生との事。

ありがとう。子ども!って感じかな。

原発の話や、地震のこと

これからの世の中の話もした。

もちろんご主人の話もね。

ふふふ。

みんないい人生だね。

いろいろあるからいい人生。

大変でもいい人生。

毎回そう思えるからありがたい会。

今日もありがとうございました!


あと、私は更年期のこととか先輩たちに聞けてすごく

参考になりました!!ありがとう♪


05/09のツイートまとめ
terakoya1983

昨日の母の日に結婚した息子とお嫁さんの二人の名前で贈り物が届いてあら、私もお姑さんになったのねえ、の心境♪
05-09 10:23


05/06のツイートまとめ
terakoya1983

お手紙プロジェクト http://t.co/nbukVd2を通して、寺子屋のみんなで書いたお手紙を送りました。
05-06 10:30


お手紙プロジェクト
連休の3日間はうちのおちび優先メニューで

動く、動くだったので

日頃、足をどんだけ使ってないか思いしらされました。


寺子屋のみんなが書いたお手紙を
お手紙プロジェクト

を通して送りました。
110502_1512~020001

これも、一回だけでなく長く、長く続けたい

試みですよね。


5月10日(火)10時半より

寺子屋サロンを5丁目教室で行います。

参加費の1000円は被災地の方に送らせていただきます。

どうぞみなさん、足をお運びください。
SEEDS OF HOPE 希望の種 プロジェクト
め組JAPAN

が取り組んでいる5月3日に希望の種をまく

プロジェクトのステッカーが届きました。
110502_1331~010001

そして我が家も昨日パパさんがゴーヤの準備を!
110502_1423~010001

今年は台風に負けない金属製の棒でネットを支えます。

今日は、ダリア、百日草、朝顔の種を植えました。

SEEDS OF HOPE は希望の種を世界に広げようというプロジェクト。

長い目で、長い息で、命を大切に育てようという大切な祈り。

世界中に花開きますように!





月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count

最近のトラックバック