FC2ブログ
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 木曜日 その他オンライン
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

寺子屋日記
寺子屋からのおたよりです。
あ~夏休みもおわり~
小学生は今日で夏休みおしまい♪

でも世田谷区と杉並区だけが23区では

夏休みが8/31までで

とっくにほかの区の小学生たちは新学期が

中学生と同じく始まっているってこと

今日初めて東京新聞で知りました。

世田谷区は人口が多いのでクーラーの学校設置が

遅れていて

ただし今年中には設置も全校終わる見込みだそうで

てことは来年あたりから

世田谷区の小学生も新学期が早まるのかも。

それなら私は前から思ってるんだけど

土曜日を授業やったらいいんだよね。

だいたい小学生くらいから週休2日制なんて

必要ないと思う。

上の子どもが小学生のとき始まったんだけど

私たちのときは土曜日行って

最大の学習指導要領量をこなした時代だけど

それがなんなのさって感じ。

夏休みは8月いっぱいにしてよ!!って思う。

今年はラジオ体操もがんばった。

41日間の間、旅行の2日間と

私が二日酔いで起きられなかった一日を

のぞいて通った。

やっぱり8月中はラジオ体操!って感じだよなあ。

とどうでもよいことを書いてしまいましたが

来年はどうなるのか

楽しみにしましょう。
スポンサーサイト



浅尾真実さんコンサート
友人の浅尾規子さんのお嬢さん

真実ちゃんのコンサートのお知らせです。

11月14日日曜日 14時開演 ヨコスカベイサイドポケット

曲目  モーツアルト フルートソナタ 第5番 ハ長調
    ドヴォルザーク ソナチネト長調       など


全席指定  ¥2000

問い合わせ  横須賀芸術劇場
      046-823-9999

かわいく、すてきに成長した真実ちゃん。

ママが一生懸命応援して来たのよね~♪

応援します♪ 私も!100830_2052~010001

ゴーヤ君豊作!
今年もこの暑さの中

ゴーヤ君が豊作です。

ご近所さんに食べていただいています。

100829_0755~010001
100829_0754~010001

ありがとう♪
卒業生のお母様から

実は、、、というほっこり、じんわりするメールを

いただきました。

先日仕事が早くおわったAくんが

寺子屋に顔を出してくれようと

教室にあかりがついているのを確認して

アイスを差し入れしよう!と

アイスを買いに行って

戻ってきたら

なんと教室の電気はすでに消えていて、、、、

お母様たちが旅行から帰ってきてみると

冷凍庫にはたくさんのアイスがはいっていたという

お話でした。

先日も今の受験生にAくんの話をしていたばかりでした。

Aくん、どうもありがとう!

アイス、おなかこわさないように食べてください!

Aくんたちと勉強した

夏の暑い日がよみがえります。

アイスのパワーはきっと今年の受験生に届いています!
2010年 みんなの夏

中三の受験生が書いた「今の自分」

みんな自分を変えたい!でも、、という葛藤。

15の夏がすぎていきます。

とりわけ暑かった今年の夏。

あさってから新学期です。




*当たり前のことを当たり前にできず、自分とほとんど向き合う事をしない。

*長い勉強時間に耐える事がどれだけ大変かわかった。受験と一対一で戦うこと。

*これだけやっているのに成長しない。やつあたりする自分。何度泣いても変わらない。そうわかっても泣いてしまう。

*今までは、明日から、明日からと先延ばしにしてきたのに、今の私は自分からやるという気持ちを持っている。

*これからは自分にもっと厳しくして、目標を習慣にしていきたいと思います。

*ああ、何だろう、この気持ちは。曇りよりも冷たくて、雨よりも暖かい。なんだかよく分からない気分だ。勉強していくにつれて不安と希望のまざりあったものが飛んでくる。

*夏休み中に誘惑に負けないであたらしい自分に生まれ変わる勢いで、頑張りたいです。

*弱さを超えてがんばろうと思います。でもときどき自分を見失うときがあります。

*これからはぼくは障害者というハンデを言い訳にしないでいくと決めました






オレンジ1
「ママー、検定合格したよ。」

小一の娘がうれしそうに報告してくれた。

水泳の進級テストでオレンジ1というのをもらってきた。

「あのね、一回目はできなくて

先生が、あきらめますか?それともあきらめませんか?って

聞いたの。

だからあきらめません、て言ってやったら

泳げたんだよ~。」

いい言葉だなあ。

二回挑戦させてくれて

あきらめますか?

ときいてくださって

先生ありがとうございます!
実感を伴った勉強
国語の長文問題で「齢がいもなく」という言葉を説明する

問題があった。

何かいい例はないかと

自分のことを引き合いにだして

私の年齢もそういうふうな言葉を使う年齢よ。

と言いかけると

「それならよくわかります。うちのお母さんも

○○○○クラブのファンクラブに入っていて

コンサートで三時間以上手を降り続けてます。」

というではないか。

みんなやってるなあ。

齢がいもなくと言われたって

それが出来るうちはやってちょうだい!
我が家、夏の風物詩
毎年夏になると

それ以外の季節食欲旺盛なねねが

めっきり食べなくなる。

我が家のねねは軽度肥満。

実習所の昼食もカロリーカットされている。

なにしろ私と同じで

炭水化物系に目がないので

はい。まあそういうことです。

それが夏の暑い日が続くと

めっきり食べなくなり

どんなにすすめても首を横に降り続ける。

ただしうどんとパスタは軽くうなづく。

最初のうちみんなで心配したものだった。

このまま食欲がなくなって

げっそりやせたねねをみたくない。

とみんな思った。

しかし、秋の涼しい風を感じる頃には

なんのことはなく

もう食べるのだめ!

という私の叫び声が日常茶飯事となる。

なので夏は一気に体重を減らすチャンスなわけで

来たよ、来たよー!

と今では実習所の人達も

応援する季節となっている。

ねね、今年もがんばって減らそう。

そして私も一緒に減らしたいのだが。。。。。
朝の緑
ラジオ体操通いが続いている。

朝の空気と緑が気持ちいい。

100817_0621~020001
100817_0621~010001

おひさしぶり♪
20年前に寺子屋を手伝ってくれていた先生と

久しぶりに会った。

彼女は希有なことに

20年前寺子屋を見つけて

「働きたいのですが。」

と電話をくれた人。

初めて会うお互いに

ご縁を感じた。

数年ともに寺子屋でいろんなことを共有させていただき

その後ご主人の仕事の関係で

ご実家のある地方の県へ帰って行った。

その後彼女はヨガのインストラクターになり

とはいえその当時はそういう横文字は使わず

彼女はできることをしたいといって

自分から公民館などにポスターをはって

こつこつまわりのお母さんたちに

ヨガを教えた。

いまではほとんど毎日午前、午後と

いろんなサークルでヨガを教えているそうだ。

たまにしか会えないけれど

彼女とは一緒に歩んでいる仲間を強く感じる。

たまにしか会えないけど

同じグループみたいな友人てけっこういる。

そういう人とは時間と場所を超えて

つながっているからたまに会っても

お互いの経験を話して

共有できる思いにうれしくなる。

彼女は彼女の場で

私は私の場で

また生きて行く。

それが本当にすてきだと想う。
おつかれさまでした!
サマースクール前半無事終了しました。

キャンプのあとのような充足感です。

スタッフの方々ありがとうございました。

最後の国語の授業で書いてもらった

今の自分

という文章。

自分を変えたい

自分のよわいところがわかった

部活より受験のほうがたいへんだ

甘くみていた

こんなに頑張れると想わなかった

先輩たちの夏が大事という言葉が身にしみた

等々。

スタッフのみなさんの体験談が

いろいろ中三生に響いたようです。

後半戦に向けて

私も充電します!

あゆみ
今年の中学三年生の中には

付き合いの長い子たちが大勢いる。

6年くらいのその子の成長、変化を見させてもらっている。

勉強がいやで中学になったころ

一時間以上やっていると

涙がぽろぽろ出て来た子が

今、朝の9時から来て、10時間寺子屋の教室で

勉強している。

どんなにできなくても泣かない。

集中力がなくて問題を写すだけで

写し間違えていた子が

何回も授業中に寝て

注意されていた子が今回の夏

自分の殻を脱ごうとして頑張っている。

目の色が変わって来た。

作文にこう書いた子もいる。

「今の自分が未来を作る。

今頑張れば未来が変わる。

だから私は過去よりも相当頑張っている。

前の私とは違う。」

まだまだ部活の気持ちをひきずっている子もいる。

謙虚になれない子もいる。

そんな一人一人に

本当に力をもらっている私の今年の夏。


これからは
先日文章を書いてくれたまいちゃんも

この間将来の夢を語ってくれたEちゃんもYちゃんも

共通しているのは

既存の組織に入るのではなく

自分の手で形あるものを作ろうしていること。

これには時代の波を感じる。

若い人達はいやってほど

毎日

政治のこと、社会の負の部分

そして子どもの事件を見聞きさせられる。

自分自身も悩んで大きくなっている。

そういう人達はもう

人の枠の中に何か次にひらけるものを

見いだすよりも

自分でやったほうがいい!

と心の底から思い始めてるってことじゃないかな?

と想う。

私も実を言えば

寺子屋を始めるきっかけになったのは

「学校なんかに任せておけないよ!」

という思いだった。

これから実は大変だけど

変わっていくことが始まってるんだなあ。
後半戦♪
三週間にわたるサマースクールも

後半あと一週間になりました。

先週後半は二人の先輩からのメッセージをもらい

受験生にはなによりのプレゼントになったようです。

体験者の語る一言一言は

胸に迫るものがあり

「今を大切に。今が未来を作る。」

ことの真実性を

受験生一人一人が感じたようです。

ひとりひとりの成長を感じる夏。

毎年のことながら私たちも感動します。

まだまだの足取りの中で

でも着実に何かをかえていく時期にさしかかる夏。

それは作文にも現れていて

「考える」文章にようやくなってきています。

ぐんぐんのびているゴーヤのように

若者の脳細胞よ

どんどん動け!

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count

最近のトラックバック