FC2ブログ
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 木曜日 その他オンライン
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

寺子屋日記
寺子屋からのおたよりです。
ゴーヤ♪
100729_1648~010001
100729_1650~020001

元気です!
スポンサーサイト



将来への第一歩
今月号の寺子屋だよりに

つい先日大学合格を決めた

茉依ちゃんが文章を寄せてくれました。

大きな夢の茉依ちゃんを心強く思います。


 将来への第一歩            今田 茉依                           

私は中学二年生の秋頃から寺子屋でお世話になっていて、高校に入って

から現在まで、毎週金曜日にお手伝いさせていただいています。現在は

高校三年生で、無事進路の方も落ち着き、保育士という夢に向けて日々

努力しています。私は保育士になり、現在社会問題となっている待機児

童の数を減らしていきたいと強く感じています。

私が幼児に興味を持ったのは、小学校低学年の頃でした。幼少期から近

所の子や友人の兄弟と触れる機会が多く、次第にお世話をすることへの

楽しさに気付いたことがきっかけです。将来的には、自ら保育所等を経

営していきたいと考えています。

生徒たちにどのようにしたら理解してもらえるのか、ということは、自

分の夢である保育士にも通ずることなので、寺子屋では日々色々と学ば

せていただき、本当に感謝しています。理解してもらえた時の喜びは本

当に大きいですし、生徒さん達の「分かった!」という笑顔を見ると、

こちらもとても幸せな気持ちになります。また、生徒さん達の成長を間

近で見させていただき、本当に感動の日々です。

まだまだ未熟ですが、これからもよろしくお願いします!
                     
                        

うちの姉妹
もうすぐうちの姉妹の誕生日が来ます。

3日と6日なのでその近辺はとっても

あわただしいというか

何回もケーキを食べるという感じで。

21歳と小学校一年生はとても仲のいい姉妹で

昨日は21歳の姉はショートステイで留守。

妹は寂しいらしく

「早くねねに会いたい」と。

「ねねと結婚できたらいいなあ。」

とか

「ママ、ねねみたいな子を産みたいの


どうしたらねねみたいな子を産めるの?」と

聞かれました。

びっくりです。

本当にねねのことが好きなんだなあ。

私が21年前にねねを授かったとき

つらかったこともたくさんあったけど

こんなにおおらかにねねが愛されてることに

感謝だなあ

二人の女の子の誕生日を前に

大きなプレゼントをもらったような感じでした。
夏休み♪
夏休みがはじまって

ラジオ体操の日々も始まりました。

暑いのでとっても早く目がさめます。

朝の空気が本当に気持ちよいです。

子どもたちも大きくなって

今年はひとりが受験生

ひとりは小学校にあがったので

学童クラブへ

そしてひとりはさいきんいろんなショートステイに行って

自立への道を歩んでいます。

いろんなおかげで私も少し体力がついた気がします。

忙しい中にも

みなぎるものがあります。

暑いけれど

目標に向かうひとりひとりと一緒に

毎日密度濃く

過ごせることに感謝します。
総動員!
寺子屋の毎年の夏がやってきます。

今年は中三生大所帯です。

そんなときに

助け舟があちらからこちらから

今日!大学が決まったMちゃん!

おめでとう!

そしてさっそく

「お手伝いさせてください!」

と。

「はい!喜んで!お願いします!」←へんな日本語。

そしてまた卒業してからちょっとたっている

しかしすごく近所にすんでいるAくんも

「やります!」

そしていつものスタッフ

Uくん、Eちゃん、yちゃん

そして今年大学生になったばかりの

Aちゃん!

なんて心強いスタッフたち。

みんな寺子屋で勉強した仲間たち。

パパさん、みんな

力を合わせて気を合わせて

よろしくお願いします♪

暑い暑い夏の始まりです。
受け入れる
認めたくないことを受け入れる勇気

それは人が乗り越えなくてはならない

大きなハードルかもしれません。

私も22年前体験しましたので

よくわかります。

うちにみえるお母さんたち

我が子が他の子とはちがうと思った時

普通ではないと思った時

突き落とされます。

一番暗闇にいる時期です。

でもうちの生徒さんたちや

娘の実習所のお母さんたちのたくましさったらありません。

すごいです。

人はナイーブであり

力強くもあり

限りない力と共にある

存在です。
大切な時間
お友達から先月から昨日の皆既日食までは

とっても大事に一日一日を過ごしてね

と言われていたのですが

本当にていねいな関係を作る場面が多い週でした。

金曜日の最後の授業で

外は雨。

お休みの生徒さんもいて

最後のひとりの生徒さんと少し

ゆっくりお話することに。

今まで聞いたことのないその子の家族の

話になりました。

聞いていて私のほうが涙が出てきました。

ちょうどその日の午前中

また違う生徒さんと個人レッスンで向き合っていて

その子もまた家族にいろんなことがある子でした。

言葉のはしはしにその子のいろんな思いがあふれていて

言葉にならないまだ水面の下にある

その子の言葉も見え隠れして

いろんな環境に生きる生徒さんたちの

話を聞く時間はとっても大切な時間です。

感じたこと一緒に分かち合う。

そのことしかできないけれど

そういう時間はとてもやさしい時間です。

いつもは

「しっかりやりなさい!

ちゃんとしなさい!」

と叫んでいる私ですが

そういう静かな時間もとっても大切にしたいと思っています。


エスプレッソ♪

イタリアンばなな (生活人新書)イタリアンばなな (生活人新書)
(2002/11)
アレッサンドロ・G. ジェレヴィーニよしもと ばなな

商品詳細を見る

よしもとばななさんの本を読んでいたら

よしもとさんの翻訳者のアレッサンドロさんが

「エスプレッソコーヒーは

マシーンでいれなくてもペーパーフィルターで

入れた方がおいしい。」

と言っていたので

やった!我が家のオークションで買った

エスプレッソ用のカップがこれでようやく

日の目を見れる!と思い

さっそくエスプレッソ用の粉で

入れました。

うーん、しゃきっとしますなあ!100711_1848~010001

期日前投票♪
ついに!長女が投票しました。

今日は期日前投票に行くことにしたのですが

娘に来ている投票用紙はあっても

今まで使ったことはありませんでした。

が、そこはさすがのパパさんが

「一緒にやらせよう。」と一言。

私はえー!っと思ったけど

立会人の人が

「ご本人の意志ですか?」

と聞いてきたけど

「みての通り本人の意志は確認できません。

字も書けません。」

私たちは白票でもいいと思っていた。

係の人は事情をわかってくれたらしく

「では私たちが説明させていただきます。」

ということになり

娘は相当うれしそう。

やっぱり参加はうれしいのだ。

「黄色はこちら、白はこちらへ。」

と言われて、満足げに投票した。

終わったあとガッツポーズでやった!と

言っていました。

初投票!SH3F00010001.jpg

梅雨ですね~♪
ムシムシした日が続きますが

体調を壊している方はいませんか?

暑いのでぼーっとしますが

朝早いとまだ空気が冷たくて

気持ちがいいですね。100706_1041~010001
100706_1041~020001

植物がどんどん成長している姿に

本当に元気をもらいます。

毎朝あいさつが日課です♪

ご縁
今年は大切な我が師と呼ぶ人との

お別れの年のようです。

1月に私を子どもの世界に目を向けさせてくれた我が師との

別れがありましたが

今度は子どものことで大変お世話になった方とのお別れです。

長女に障害があることがわかり

生まれてからの一年半は長女は病弱で

入退院の繰り返しでした。

少しの風邪もすぐ命が危ない状態になるので

気が抜けない日々でした。

中学のときの恩師に年賀状で

娘が二歳になったころに

実は娘に障害があるということを告げると

なんで早く言ってくれなかったのか

いい治療をする人がいるからぜひ紹介したいと

A先生と引き合わせてくださいました。

二歳になっても生後数ヶ月の発達しかなかった

娘をじっと抱いてA先生は何かを考えていらっしゃいました。

あとで先生はおっしゃいました。

「あのときお嬢さんが私に治療されたいと思っているのを

感じました。

そして私もふだんはまったく思わないのですが

この子を治療したいと強く思いました。」

それから先生の娘と私への治療が始まりました。

「親のあなたの波動があがらなければ

お嬢さんもよくはなりません。」

「なぜお嬢さんが障害をもったかわかりますか?

それはあなたの体の状態がよくなかったからです。」

長年ヨガの修行をされてきた先生の言葉には

無駄というものがありませんでした。

理にかなったお話を毎回してくださり

私の頭でっかちも少しは流れがスムーズになっていくのが

わかりました。

娘のまだ将来などイメージすることができないとき

先生は

「いいじゃない。にこにこしたかわいい女の子が

ずっとあなたのそばにいてくれると思えば。

そうなりますよ。」

20年立った今、本当に娘はそうなりました。

こんなに横にも成長するとは思いもしませんでしたが。

にこにこと笑って大きな声で

いつも家族に元気をくれます。

娘は本当に健康になったのはいうまでもありません。

風邪なんて数年に一度くらいしかひきませんしね。

「私は身体を通して人様にかかわる道です。

そしてあなたも道は違いますが

同じことをめざしていますね。」

と先生に言われたことがあります。

そう言われてとてもうれしかったのを覚えています。

先生、本当にご縁をありがとうございました。

たくさんの力をありがとうございました。

まだまだ頭の中がこんがらがっている私ですが

先生の言葉をいつまでも胸におきつつ

遅々と歩んでいきます。
みんながんばってる!
卒業生が集まりました。

最初Yちゃんが来る

ということでそのあと声をかけたら

すぐに6人が集まりました。

昨日は一人がお誕生日

一人が就職が決まり

一人が内定をもらい

そして四月から働き始めた新人さん

人生を模索していた一人の青年も動き出すかも

というなぜかみんなが節目

という時期に集まったのでした。

ひとりひとりのがんばりを聞いて

それぞれエネルギー交換できたようです!

パパさんと私も

もちろん若い人の頑張りに

励まされたのでした!

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count

最近のトラックバック