FC2ブログ
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 木曜日 その他オンライン
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

寺子屋日記
寺子屋からのおたよりです。
ありがとう♪
今月号の寺子屋だよりにえりちゃんが

文章を寄せてくれました。

えりちゃんは生徒のときから数えてもうかれこれ

8年!かよってきてくれています。

そして今やスタッフとしてなくてはならない人です。

いろんなページを思い出します。

えりちゃんこれからもよろしく!




寺子屋にいて感じること

私が寺子屋に初めてきたのは中3からでした。それから高校生の時から現在まで寺子屋でアルバイトとして生徒さ

んたちを見させてもらっています。もともと私が寺子屋に通い始めたのは長い間不登校だったためで、人との接触

に慣れていませんでした。先生に少しずつ個人から集団の授業へずらすなどいろいろとしてもらい、高校に入って

慣れ始めたところで、アルバイトをやらせてもらえるようになりました。現在は大学4年の私ですが、最近になって

やっと自信がついてきたように思います。だいぶ時間がかかったような気がしますが、分からないことを相手に言

葉で伝えるということはなかなかに難しいことでした。しかし、そんなことを悩みつつも毎年いろんな生徒さんた

ちと会い、それぞれの変化や成長を見るのがとても楽しみになっています。やはり自分の世代の時と違いますが、

例えば中学3年生でも毎年雰囲気が全く違うので、今年はこんな子達なんだ、と毎年新鮮な気持ちになります。私は

いま大学で心理学部に所属しており、将来もこうやって子どもたちに関われるような仕事に就きたいと最近強く思

うようになるなど、子ども達からもいろんなものをもらっている気がします。

スポンサーサイト



おつかれさまでした♪
連日補習授業が朝から夕方まで

ありました。

みなさんおつかれさまでした!

でもさすが三年生!

気合いが違います。

ひとりひとりの成長を感じ

それぞれがそれぞれの目標に向けて頑張るのを見て

いい刺激をし合ってるなあ

と見ていました。

字をきれいに書くことが目標の子

ケアレスミスをきをつけなければいけない子

いつもは素通りしている教科もがんばらなければ

いけない子

自分の壁をそれぞれがぬけようとし始める

夏前のテスト。

この結果で落胆し、成績にあぜんと

したあとが本番です。甘くないのです!

だれもがお尻に火がつくまでは

本気がでませんから。

さて、今日はおふたりのあたらしい方と面談でした。

最近は本当に広汎性発達障害の方が

増えていますが、みなさんの知識の豊富さにも

脱帽してしまいます。

情報が豊かになった分、システムの充実が遅れているのも

気になりますが

いつの時代もそういうことは後回しで

少しずつ変わっていくのかもしれません。

暑い夏を予感する今日の一日で

ひたすら調整と整えることに専念しようと

決めた一日でした。


環境と思い
もう一人の小学4年生のBくんにも

毎回たくさん教えられます。

漢字を覚えるのが苦手な人は

けっこういますが

Bくんもそのひとり。

一緒に勉強し始めて2年たちますが

最初の頃は声を絞り出すように

本読みをしていました。

頭の中をフル回転して自分の精一杯で

読んでいるのがわかっていじらしいくらいです。

一生懸命おうちで、長いときは3時間も

机に向かって勉強するそうです。

人よりもゆっくりなBくんのペースなので

それも仕方のないことなのですが

Bくんは愚姉をほとんど言いません。

それどころか

にっこりと笑って

たまには彼特有のユーモアのある一言を言って

次の課題へと向かって行きます。

たまに本当に眠そうなときは

机の上で熟睡10分なんて時もあります。

彼の笑顔とひたむきさには

こちらが心洗われます。

いつもそういう勉強を一緒にさせてもらって

ありがとうBくん。

次の目標に向けてまたやっていきましょう。

分かち合う
小学校4年生のAくんは

毎週放課後バスに乗ってきてくれます。

毎回勉強しながらいろんな話をします。

Aくんはとっても戦争に関心があるので

いつもその話を自分からします。

「戦争はよくないよね。」

「殺し合いだものね。」

「広島には原爆が落とされたんだよね。」

「先生もぼくにもこんなにたくさんの

ご先祖様がいるんだよね」

「なんかこうやって話してると先生と分かち合ってる

気がする」

「ぼく学校で大変なの」

「女の子にいろんなこと言われるんだ」

「でも聞いてくれてありがとう。先生」

たくさんの言葉がAくんの口から

出てきて

私はうなったり

感心したり

分かち合えてありがとうと思ったり

いろいろ考えさせられる

毎回の授業です。




無理しないで
私もよく友人から

無理しないで

といわれるのですが

無理というのは

本人にとってはなかなかわからないものなのかも

しれません。

あとで気づくもの

かもしれません。

今日以前寺子屋にきていた生徒さんが

あまり気持ちの調子がよくない状態だという

ことをお聞きしました。

その子を思い浮かべると

一生懸命自分を生きている表情が

思い出されました。

みんな一生懸命生きています。

いろんな環境があって

いろんな運命があって

今は遠くその子を見守るしかないけど

ひとりひとりみんな

生きていくことは同じだとつくづく思います。

年齢を超えて

その子の生き方や思いに

自分を重ねました。

生きていきましょう。

この時代を共に歩む仲間として。


新しい机♪
夏期講習の準備で教室の備品の整理♪

30年近く使っている長机の間に

IKEAで購入した白木のちょっと細長い机が。

それに伴い

いろんな家具の整理。

パパさんが奮闘して

ほとんどが板に分解された。

古い手紙も出てきたりして

にんまりするパパさん♪

そんなこんなですっきりとした教室で

試験勉強始まりました!






もろもろの休日
保育園時代のおちびさんたち6人が来る

ということで

プチキャンプという感じ。

パパさんが頑張って

ゴーヤ君たちのネットを作ってくれました。

久しぶりに路地裏にがきんこたちの

声が響き渡ってました。

ご近所さんお騒がせしました。

そして久しぶりにぴょんきちくんも

元気に顔を見せてくれました。
100619_1508~02
100619_1738~01


一緒に歩いて行こう♪
卒業生のなかには

もう友人か家族のような存在の人もいる。

私たちにとっては

なくてはならない存在。

助け合って

学び合って

お互い道を励まし合いながら

歩いている。

中学生くらいのときから

いろんなお互いの部分を見せ合って

長い時間を共にしているのは

なんてありがたいことなんだろうと

思う。

よく遠くの親戚より近くの知人というけれど

もちろん親戚としか分かち合えないことはあるけど

卒業生たちと

いろいろな出来事を分かち合えたことは

私たちの人生にとって本当に大切な部分。

相手のことをおもんばかるつらさもあるけど

相手からもらえる喜び

そして私たちのことを見守ってもらっている

やさしさをたくさん受け取ってきたと思う。

これからもよろしくね。

そしてありがとう。
梅肉エキス♪
朝、食卓にのぼるもの。

梅肉エキスとつまようじ。

けっこう子どもたちも

はまってようじにつけて

なめてます。

最初は横を向いていた子も

いまでは癖になっています。

昔から梅肉エキスは薬として

重宝がられていたそうで

かぜもひきにくくなるそうです。

すっぱいけどこれからの季節身にしみる

刺激!です。
楽しいおしゃべり♪
仕事柄一日のうちでしゃべっている時間はすごく長いと思う。

でもお友達とのおしゃべりは

やっぱり特別な時間。

昨日は来月ご主人のお仕事で

カナダに行かれる

マイミクさんのあゆーらさんと

ランチした♪

駅には女の人たちが

待ち合わせでいろんな面持ちで待っている。

女の人って幸せだなあ

ってつくづく思った。

きれいにおしゃれして

おしゃれな街で

おしゃれな店で

気の置けない友人と

しゃべって、食べて♪

なんて幸せなひとときだろう。

あゆーらさんといろんな方面の話をした。

楽しかったなあ。

プチ命の洗濯とでもいう時間でした♪

男に人にもありがとうです。


交換日記
小学一年生の娘とは

朝会って夜会えないときもあるので

交換日記を始めました。

字を覚えたばかりなので

小さい「つ」がなかったり

「は」が「わ」だったりしますが

一時間目やったこと

二時間目やったこと

三時間目やったこと

をつらつら書いてくれて

最後に給食食べたよ

で終わっているのが

毎回微笑んでしまいます。

昨日は「うれしかったこと」

として

休み時間にお友達が

おにごっこにさそってくれたと書いてありました。

朝もだいぶ元気に登校できるようになりました。

子どもが泣けばいまだにおろおろしてしまう

私ですが

子どものいろんな出来事は

本当に楽しいです♪
どんどん書いて!
毎月出している紙版寺子屋だより。

出していると言っても

先月までは

「殴り書き通信」

とか陰でいわれていましたが 。

いえいえ、まじめに出しているのですが

一人の生徒さんが

「絵がないと読む気しませんよね。」

と言ってくれたのがきっかけで

毎月誰かにイラストを書いてもらうことにしました。

世はアニメブーム。

一昔前までは、いや、数年前までは

「おたく」視されていた人たちもいたようですが

今や「アニオタ」という言葉も古いそうで。。。

とにかくイラスト書ける人?

と聞くと本当にたくさんの女の子たちが

「描きます!」と名乗りをあげてくれるのです。

しかもみんな上手!

びっくりします。

自分の作品を書いたからには

今度は発表の場があったほうが絶対いい!

なので今や寺子屋だよりイラスト候補は

順番に今年いっぱいいる状況なのです。

表現できる手段♪

いいですね。


人生雨降りも、晴れも、ある♪
いろんな日があります。

いろんな天気があります。

いろんな時期があります。

もがくことも

あがくことも

悶々とすることも。

ひとりひとりの

宿題をやっていくだけなんですよね。

私の宿題もたくさんあるけど

ゆっくり休みながら

話しながら

飲みながら

歌いながら

やっていこうと思うのです。

昨日サロンで

「親っていう字は

木に立って見るって書くもんね。

遠くから見守るってことだよね。」

って先輩母さんが言ってました。

休みながら

歩きながら

つながりながら

すてきな人生を♪
寺子屋サロン♪
はい、今日もおおいにしゃべってまいりました♪

よく話題につきないと思われる

Fさんの家の話は

毎回うなることばかり。

人類みな兄弟を地で行っている人なので

来るものはこばまず

去る者は追わず

の生き方をしていらっしゃいます。

若いお母様などは

もうびっくりの連続ということで

今日もみんなで盛り上がりました。

若い方たちが少しずつ参加してくださるようになり

長く続けていくことの

楽しさも知らせていただいています。

次回は10月と少し先ですが

10月12日第二火曜日 10時半からです。



おお!久しぶり!
昨日は娘の学校の校庭開放当番で

なんとお手当もいただけるのですが

ただすわってもう一人のお母さんと

ひたすら時間まで

おしゃべりしていればいいという

本当に申し訳ないような

時間。

ほとんど遊びに来る子どももいない中

そこへ一人のリュックを背負った

女性が私たちのほうへ来て

「卒業生なのですがスケッチをさせていただきたく。。」

『。。。? いづみ先輩?」

『。。。?」

『高校の後輩の。。です。」

おおッと!

30年ぶりの再会ではあるが

確かにあの目のくりっとした

。。ちゃんのおもかげが!

なんとも奇遇な。

うれしい再会でした。

家に帰ってその話をすると

次男君

「お母さん、それ、自分が変わってなくて

若いってことを言いたいの?」

「きっとお母さん、超こわい先輩だったから

忘れられないんだと思うよ。」

パパさんそこで大きくうなづく。

『。。。。。。」

確かにそうかも。

私はみんな記憶の中でそういう定位置にいるのかもなあ。

ま、いいや。

とにかく世の中せまいもんでございます。
新、新、人類♪
最近は面談月間なので

いろんな保護者の方とお話しする。

先日は

最近の子たちは

「新、新、人類」ですね。

というお話をした。

何を根拠かわからないけれど

自分の気持ちをたぐっていける能力?

をもっているような、もっていないような。

旧の部類に入る私たちには

理解を言葉でするのはむずかしい。

うちではよく「あの子はAくんはいってるね。」

などと話す。

それは魂がとってもきれいということ。

一緒に勉強していて

清々しいエネルギーが流れる。

そしてやさしい。

こちらのエゴをそっと包んでくれる。

情ではなく愛。

さわやかに流れる。

そんなことを感じるこのごろ。

******************************************
次回寺子屋サロンは

6月8日(火)10時半から
寺子屋5丁目教室にて
1000円 お茶とお菓子付き

前日までのお申し込みをお願いします。
楽しいひとときです。


見習います♪
私が発声を習いに行っている先生は

私が小学校から高校の時にピアノを教えていただいていた

先生。

とにかくお話される声もすてき。

普通の電話にも正しい発声で応対される。

特にセールスマンさんへのお断りの仕方には

毎回うなってしまう。

「はい、ただいまはけっこうでございます。」

と美しい日本語と声で応対される。

私はといえば

セールスマンには特にひどい声で

「今仕事中です!」ガチャン!

と切る。

先生に毎回

「歌はその人の魂そのものです。」

と言われているので

かかってきたセールスにもていねいに

おことわりするように

心がけようと思っている。

試しにやってみたら

気分よかったでございます♪

********************

寺子屋サロン
日にち 6月8日(火)10時半~
参加費 1000円  お茶とお菓子つき
場所  寺子屋5丁目教室

前日までにお申し込みくださいませ。


今日のゴー君♪
100603_0844~02
100603_0844~010001
100603_0845~01
ぽこぽこでてきてくれました。

ゴーヤ君。

毎朝会うのが楽しみです。

********************

寺子屋サロン
日にち 6月8日(火)10時半~
参加費 1000円  お茶とお菓子つき
場所  寺子屋5丁目教室

前日までにお申し込みくださいませ。

ほのぼの♪
寺子屋には特別支援を受けているお子さんも

いらしています。

最近は特別支援を要望する方や

通級を希望される方が急増していて

通級は待機児童がかなりの数いらっしゃるようです。

支援を必要とする子どもの絶対数はかなり増えているようです。

クラスの中でみんなと一緒のペースで

勉強するのは難しいお子さんがふえていると

いうことです。

寺子屋では午後の早い時間帯に

個人レッスンでひとりひとりと

勉強します。

自分のペースでできるということが

彼らにとっては大切なことだと思います。

学校ではいつの間にか

参加する人ではなく

傍観する人になってしまうことが多く

できることの喜びや

自分が何を望んでいるかも

わからなくなる場合もあるからです。

支援を必要とするお子さんは

一緒に勉強していて

ほっとさせられるお子さんが多く

私はなんとも幸せな時間を過ごします。

最近そういうお子さんも増えているなあ

と実感します。

ひだまりの中で魂の交流をさせていただいている

と感じることもしばしばです。

いままでの教育の形態を変えていくことを

強いられて

実際ずいぶんと学校は以前より柔軟性を持ってきています。

寺子屋を始めたころ

学校はとても画一的なところでした。

いろんな人たちの思いや声によって

いいほうに変わってきているのも

事実だと思います。

すてきな魂の持ち主たちを

これからも応援したいです。

*****************
次回寺子屋サロンは

6月8日(火)10時半から
寺子屋5丁目教室にて
1000円 お茶とお菓子付き

前日までのお申し込みをお願いします。
楽しいひとときです。

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count

最近のトラックバック