FC2ブログ

無事全員合格しました!

都立の発表でした。あー全員合格することができました。本当に青空に向かってありがとうございます!と叫びたいくらいうれしいです。最後の一人の合格がわかったとき思わずその子の家まで飛んでいきました。都立一本で受けたお子さんも何人かいましたのでみんなよくふんばりました。この成功体験を胸に次のステップへGO!です。*******************次回の寺子屋カウンセリングは3月9日(火)10時半から皆様のお...

わくわく聞きました。

あゆーらさんがFM世田谷で24日水曜日に特派員レポートのコーナーで寺子屋のことを紹介してくださいました。寺子屋のできたきっかけ26年前にまだ不登校ということもあまり知られていなかったころから始めていたということいろんな子どもたちの場であることそして今は卒業生のスタッフたちが力を発揮してくれていることフリスペースという言葉を知らない人にもそういう場の存在を知ってほしいということあゆーらさんのすてきな声でと...

あとは待つ。

入試は終わりました。一週間待ちます。毎年長いです。普通通り勉強してその日を待つ生徒さんもいます。一緒に待ちます。月曜日まで。***************次回寺子屋カウンセリングは3月9日(火)10時半から皆様のお申し込みをお待ちしています。...

FM世田谷83.4

明日FM世田谷83.4の午前11時10分からの特派員レポートで寺子屋のことをあゆーらさんが話してくださいます。世田谷区内でしか聞けないのですがもしお車など運転してらしていたらお聞きになってください。私もたのしみです。*************次回寺子屋カウンセリングは3月9日(火)10時半から皆様のお申し込みをお待ちしています。...

ついに♪

都立入試です。かつをあげて卒業生のYちゃんが「先が見えるように」とドーナッツをみんなに買ってきてくれて後輩たちも応援メッセージを言ってそして本人たちは緊張の面々。「緊張したらどうしたらいいですか?」うーん、答えはねえ。でもみんな緊張する。パパさんが「俺は緊張する人間なんだ。今俺は緊張してるんだ。」と認めることだな。と言う。すべてが入試です。ひとりひとりの試練であり、チャンスであり節目であり今までの...

クリスタルチルドレン

クリスタル・チルドレン―感性豊かな愛と光の子どもたち(2004/06)ドリーン バーチュー商品詳細を見るこの個性のくくりはなかなか難しいものがあると思う。しかしここ最近私のまわりにはこの境界領域ともいうべきものを持つ子どもたちが増えているのは事実だ。これから既存の枠をとりこわすべくさまざまなタイプの個性をそれぞれが認め合うべく一律ではない自由な発想の中での学校社会、しいては人間社会が創造されていくのだろう。...

お泊まり♪

末娘が生まれて初めてのお泊まりをすることに♪ひじょうな盛り上がりを見せている。「あわの出るお風呂に入れるの。」ジャグジーがあるらしい。「お洋服なに持っていくかママ見てね。」一泊なのに。「ママ、子どもが一人いないと楽でしょ?」無言。。。夜泣いて帰ってくることがないことを願います。*************次回の寺子屋カウンセリングは3月9日(火)10時半から皆様のお申し込みをお待ちしています。...

文字を読む

先日読んだ柳澤桂子さんの著書の中で柳澤さんが中学生のときに書店で夏目漱石全集に会い夕食の後の楽しみとして食い入るように読んだ話が書いてあった。この間中三の社会で夏目漱石を知らない子がいたことを思い出した。できれば、日々子どもたちと一緒に勉強する一人として小さきときから文字に親しむことを強く勧める。それはあちらこちらで言われている事だけれど例えば小学校3年生くらいの生徒さんにはちょっと難しい長文の問...

柳澤桂子さん

ブックオフで柳澤桂子さんの本を二冊見つけた。一冊はいのちの日記 神の前に、神とともに、神なしに生きる(2005/09/02)柳澤 桂子商品詳細を見るもうひとつは永遠のなかに生きる(2006/01)柳澤 桂子商品詳細を見る柳澤さんの文章は何かの本で読んでいてそのときは生命科学の立場からずいぶん哲学の分野をわかりやすく書かれる方だなと思ったくらいだった。そのあと柳澤さんの文章は入試問題や問題集にのっているので何度となく読んで...

力もらいます♪

昨日あたりはさすがにへたってきて疲れが体中を包み込む感じで今日の授業を乗り切れるかと思っていたけれど生徒さんたちに会って話して、勉強しているうちに知らず知らずに元気になってきて夜も8時をすぎる頃教室のドアがあいて「あれ?もう今日は全員来てるのに誰が?」と思ったら2年前の卒業生が作業服姿で「お久しぶりっす。」と入ってきた。学校に行っていれば今2年生だが彼は自分で決めて今頼もしく働いている。「一回でも...

ほめ合う

ユーリさんのところで読んだ「ほめられサロン」を寺子屋の受験生同士でやった。お母さんたちと勉強会をしているころよくやった「お互いにほめ合う」時間だ。一人の人が背中を向けてみんなの前に座る。そしてその人にひとりずつその人のよいところを言っていく。言われた本人はこそばゆい感じやにやっとする感じを持つ。みんな「すごくうれしいです。」「自分がそんなふうに見られていたことが意外でした。」などと感想を言っていた...

寺子屋サロン

寺子屋サロンでした。フレッシュな新人さんも参加されてあたたかい春の日差しの中いつもと同じ楽しい会でした。サロンに初期の時期から通ってきてくださる方にAさんがいらしゃいます。同じ世田谷区内でも東西の交通の便が悪いので1時間半もかけて来てくださっています。本当にうれしいですし顔を見ただけでもうほっとする関係です。それはお互いの人生を共有してきたこととAさんが、地域のおばさんとして自分の子ども以外の子ども...

たくましや、冬野菜♪

たくましや、冬野菜♪

この間の雪のなか毎朝の冷え込みの中葉は氷ながらも雪にうもれながらもきれいです。自然農をやっている人のブログで白菜はたとえ結球しなくてもすごく甘いと書いてあったのでさっそく食べてみました。甘いです。夏野菜とは違うたくましさと奥行きの深さを感じる冬野菜です。****************次回の寺子屋サロンは2月9日(火)10時半から寺子屋にて皆様のご参加をおまちしています。...

豆まき

豆まき。保育園の庭では炭をおこして「このにおいで鬼をやっつけよう」といっていた。小学校では自分のなかのいらない鬼を追い出そう。と書き出したらしい。我が家も末娘がはりきって「ママ、三方はどうするの?」と聞いてきたのでよくわからないけれどそれらしいものを折った。この時期、受験生たちは本当に最後にお尻に火がつく。どんなに本気になれなかった子も当然今までの顔つきとは変わってくる。5丁目の教室の仕事が終わっ...