FC2ブログ
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 木曜日 その他オンライン
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

寺子屋日記
寺子屋からのおたよりです。
受験期のストレス
受験が近づくこの時期

しかも学校行事も大詰めとなり

試験勉強やら、模擬試験、学校訪問で

受験生たちはおおいそがしになる。

授業のあと私とパパさんは

気になる子たちの話をする。

今あの子がのってない原因は?

最近顔つきが変わってきた。

などなど、なんとかその子の糸がかりを探したくなる。

まったくしょうがないなあと思う事もしばしば。

自分にも子どもにも。

そんなとき昔お世話になった子供会のおばさんの言葉を

思い出す。

「いつの時代も社会を作ってるのは大人。

子どもは選べない。」

そうだよね。

ひざをつき合わせて子どもたちと話す。

そんな日々があと数ヶ月。

学校のこと

友達のこと

家のこと

たくさん話そう。

そして心を軽くして。


スポンサーサイト



学びの時間
寺子屋の時間割は大きく三部構成になっており

午前中はシニアの方のパソコン教室

午後の早い時間は支援を必要とする生徒さんであったり

不登校のお子さんの勉強の時間帯

そして夕方からグループ指導の時間帯になる。

支援を必要とするお子さんたちとは

個別指導がほとんどで

毎回私にとって本当に学びの時間になる。

速度がゆっくりだけど絞り出すように

一生懸命音読するA君の姿は美しい。

努力すること、あゆみの大切さを見せてくれる。

ななめにすわって勉強つらいようという姿勢の中で

時折見せるなんともいえない笑顔の中に

今の自分の立ち位置と可能性を模索している

B君にはおもわず心から毎回エールを送ってしまう。

不登校の日々の中で自分と向き合い

自分の哲学ともいうべきものを確立している日々の

Cさんとは年齢をこえた交流で時間はあっという間に

すぎてしまう。

特別支援学級か普通学級かのはざまにいて

でも男気があり、人としてのふところの深さを持ち合わせた

Dくんとのやりとりで彼がこれからの人生を

彼の特質を最大限に生かしていくことに

私なりの知恵をしぼろうと思っている。

なんとすてきな私のまなびの時間なのかと

いとおしくなる彼らの存在。

ありがとうございますなのである。



*******************

寺子屋カウンセリング
次回は11月10日(火)10時半から
皆様のお申し込みをおまちしております。



音の箱で歌います。
目黒音の箱で11月11日(水)歌うことになりました。

スーザンオズボーンの「舟歌」と

「紅の豚」の中で加藤登紀子さんが歌った

「さくらんぼの実るころ」を歌います。

歌は英語で歌いますが「舟歌」の詞です。




「舟歌」  曲 チャイコフスキー


あなたの目の中に春の朝日がみえる
暖かな春に待ちかねたように木々が芽吹く
私が目覚めればそこには完璧なまでの美の世界
耕したばかりの土に種が蒔かれ
あの黄金の光の中あらゆるいのちが動き出す

そして林檎の木に集まった鳥たちと
私は歌いたい
そこに咲くわずかに桃色さす花が
私を呼んでいる 私は歌いたい
春の生まれたての光がすべてのものに降り注ぐ
私は歌いたい

あまりにも早く花びらは散り 春は過ぎた
淡い黄褐色の混ざった若い緑が萌える
そこの夏の日は暑く、長い
新緑に覆われた木々、波打つ麦の穂
乾いた大地に薫り高い雨が降る

私の光は実りをもたらす畑を照らす
季節は移り 冬が来る
また雪が溶ければ 清らかな春にその役目が授けられる
耕したばかりの土に種が蒔かれ
その黄金の光の中 あらゆるいのちが動き出す
その黄金の光の中 あらゆるいのちが動き出す





*******************
寺子屋のカウンセリング
次回は11月10日(火)です。
皆様のお申し込みをお待ちしています。


アセンションへのいざない
アセンションへのいざないアセンションへのいざない
(2009/07/04)
小松 英星

商品詳細を見る


東大を卒業後、カリフォルニア大学バークレー校に入学、日立製作所に勤務した著者が

アセンションというものについて

12年間その考えを普及した結果として

誰にもその考えに入っていきやすいように

考えられた小冊子ともいうべき一冊。

アセンションて何?

という方にもそれを他の方にも伝えたいという方にも

よく書かれている本です。

オーブやクロップサークルの写真がとても美しいです。


*****************

寺子屋カウンセリング
次回は11月10日(火)10時半からです。
皆様のお申し込みをお待ちしております。
ディズニー♪
6歳になる次女はまだディーズニー体験がなかった。

私たち夫婦はどうもディズニーは苦手。

それを知った社会人一年目の長男君。

「じゃあおれがつれていくか」

というわけで実現しました。ディズニーツアー。

長男君、愛の手帳持ちの長女、次女の珍道中です。

女二人は夢のような一日を過ごし

長男君は彼女たちにエネルギーを吸い取られ

でも

「ちょっと親の気持ちがわかったなあ。

あんなに疲れても運転して帰ってこなきゃならないからな。」

おつかれさまでした~

そしてすてきな一日をありがとう♪



****************
寺子屋カウンセリング
次回は11月10日(火)10時半からです。
皆様のお申し込みをおまちしています。


インフルって~
ついに次男君も「おれかぜひいたあ」

じゃあとりあえず休日診療へ。

行ってみたら朝の診療時間前に

車が来る来る。あっという間に30人待ち。

うちは二番だったのですぐ呼ばれて診察室に入ると

次男君の顔を見るなり

「あー、目は赤い、せきは出てる、こりゃインフルエンザだな。」

えー、検査しないできまるんだあ。

でも一応検査してほしいのでお願いしたところ

反応出ず。

なんとなく感じたこと。

こんなにインフルがはやっていなかったら

うちだって「熱?寝てればなおるよ」

ですんでたところがやっぱり医者に行く。

そしてこんなにこんでたらいちいち検査してられらいから

「インフルエンザ」になる。

そして学校は閉鎖にする。

それにお医者さんに聞いたら

「新型インフルエンザ」かどうかは入院した人には

遺伝子レベルの検査をするけど

普通の通院くらいの人は全員するわけではないから

いつものインフルエンザなのかなんなのかわからないらしい。

そうなんだあ。

こういう現象ってやっぱりなんですねえ。

とりあえずゆっくりあったかくやすませよう。
連日
連日卒業生が遊びにきてくれました。

出会ったときは中学生で

お互いに勉強を一緒にしていましたが

もう20代半ばにさしかかるりっぱな

大人になった彼らと

おとこばなし、おんなばなしができる幸せ。

彼氏とのこと、彼女とのこと

これは永遠のテーマですからね。

身を乗り出して語り合ってしまいます。

若い世代から教えられること盛りだくさんです。

私たち夫婦も教えられて反省したり

納得したり。

成長を感慨深く、現在進行形の関係に感謝して。

********************

寺子屋カウンセリング
11月10日(火)10時半から 寺子屋にて
お申し込みお待ちしています。



「人生が変わるときが思い出になる。」

中学三年生の夏に書いてもらった作文を

印刷する作業をしている。

文字を打っていて改めて

今年の子たちが正直に自分の気持ちをことばにしているのがわかる。

そのひとつにはクラスの中に障害をもっているAくんが

出している空気がそうさせるひとつの要素かもしれない

と彼のことばから発するものを感じながら思った。

ことばをパソコンで打ちながら

私も彼からこみ上げるものをもらった。

Aくんが自分の障害を受け入れてく過程、苦悩

そして希望をもとうとするほとばしるものが

ことばにひそんでいる。

そんな彼のことばへの思いが周りの子にも伝わって

その子その子の課題ともいえるようなものを

文章にしている。

彼のことば

「人生が変わるときが思い出になること」

私も本当にそう思う。



寺子屋サロンとカウンセリング
寺子屋サロンと個人カウンセリングのお知らせ



秋の気配が濃くなってまいりましたこのごろ皆様いかがお過ごしですか?
さて、寺子屋も今年満26年を迎え、最初に入塾してきた生徒さんのお子さんがいらしてくださる時代に突入してきています。
最初にかかわらせていただいた不登校のお子さんもいまや40歳!
それぞれの道でがんばっておられます。
寺子屋親の会を始めてからもかれかれ20年。
みなさんそれこそ各方面でご活躍中です。
このたび、親の会の活動と個人カウンセリングを下記のように改めて
始めることにしました。
ぜひ足をお運びください。

親の会―寺子屋サロン
2月、4月、6月、10月、12月  偶数月の第二火曜日 
個人カウンセリング
3月、5月、7月、9月、11月   奇数月の第二火曜日
(個人カウンセリングの方は、この他の日時でも受け付けます。ご相談ください。)

いずれも10時半から(カウンセリングの方はお一人一時間になります。)
料金 いずれもおひとり1000円 (お茶付き)
場所 寺子屋   世田谷区深沢5-5-18 2F
参加の方は前日までに申し込みをお願いします。
mail idumitera@ezweb.ne.jp
電話  090-3801-9814


次回は11月10日(火)カウンセリングです。
皆様のお申し込みをお待ちしています。
学び
今日生徒さんと人間の魂について

語り合いました。

まだ10代の子と魂の話ができて

時間を忘れて話しました。

人間はなぜ生まれてきて

なんのために生きて

そして死んだらどうなるのだろうと

いうことをいつも考えていたそうです。

今回身近な人の死を体験して

その人の一生を見ることで

とてもそのことにつぃて深く腑に落ちるものが

あったようです。

あちらの世界に旅立って行った方が

これからも生徒さんに力を送ってくれることでしょう。

そして命を深く感じている

その生徒さんはこれからますます

自分の感性を深めていくことでしょう。

年齢を超えた話は私にとっても深く

感動した時間でした。
新ショウガの甘酢づけ
ご近所の農家の前に

新ショウガが売られていました。

奥様たちが何人も

「これは本当にあっという間になくなっちゃうのよねえ。」

と言っているのが聞こえたので

さっそく私も購入。

歌の先生も「のどにいいからどんどん食べて」

とおっしゃって

ショウガって肝臓の毒素を排毒するはたらきも

あるみたいだし

冷えてきた昨今には体がほっしている感じ。

というわけで

新ショウガの甘酢づけ作りました。091015_1045~01





ジム、その後
トレーニングウエアを準備した私とパパさんのその後は

けっこう順調に淡々と駒沢公園に通っています。

行ってみるとご年配の皆さんが

がんばっていらっしゃいますから

私も若輩者として諸先輩方を見習っています。

みなさん、タンクトップやスパッツを着ても

早く言えば肌を露出しても

腕や足がぶるぶるいっていませんから

本当にすばらしいです。

私は運動の合間に

自分のおなかまわり太もも周りをつまみながら

まわりの方と比べる日々です。

運動はいいです。

昨日も歌の先生にとにかく腹筋!とげきをとばされたので

真剣にやります♪
試験週間
中間テスト週間です。

毎日生徒さんが補習にくるので

いすの数と人数とにらめっこです。

連休も勉強やりました。

ひとりひとりの勉強のやり方を見て

その子の性格や成長を感じて

叱咤激励する日々です。

インフルエンザもまだまだ勢いがあり

順番に学校閉鎖なんてこともあって

びっくりです。

私も手洗いと気合いでこれを乗り越えます。

あと数日がんばります。
木内鶴彦さん
生き方は星空が教えてくれる生き方は星空が教えてくれる
(2003/04)
木内 鶴彦

商品詳細を見る


山川亜希子さんのブログで知った

木内鶴彦さん。

またまたすてきな人を知ってしまいました。

すてきなというよりすばらしいという方です。

木内さんはいくつもの彗星を見つけられた方ということでも

有名なのですが

22歳のときにした臨死体験から

生き方がかわります。

普通臨死体験というと

よくいわれる三途の川までいって

その先の美しい天国のような光に包まれた

光景のところまで行く方が多いと思うのですが

木内さんは仮死状態の現世では30分という時間の間に

地球の始まりから現在

そして現在から未来まで「体験」したのです。

衝撃的なのは

未来にはふたつのビジョンがあったということ。

ひとつは

美しい緑あふれる山の上で

初老の木内さんが美しい星をみている風景。

もうひとつは荒涼とした砂漠の上で

呆然とたちすくむ木内さん。

やはり私たちは分水嶺の上で今まさに紙一重

の状態にいるのだと改めて思います。

時代が急速に今変化したいという流れに

傾いている現象も感じますが

まだまだ自分のなかにある負の部分に

目を向けていきたいと

思わせてくれる本なのでした。

木内さんは現在NGOを立ち上げて

自然農法、炭素化炉システムなどの研究もしておられるとのこと。

すばらしい方が日本にいてくださることを知って

農業の木村秋則さんもそうですが

いろんなヒントを私たちに見せてくれている気がします。

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count

最近のトラックバック