FC2ブログ
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 木曜日 その他オンライン
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

寺子屋日記
寺子屋からのおたよりです。
まだまだ~
ししとう

うまくいけば一本から30本はとれる

と本に書いてったけど

うちのはそろそろ100本はいきます。

そろそろ最後にしなければ冬の準備ができないんだけど

かわくってついまだまだ~と思ってしまいます。090929_1420~01

スポンサーサイト



祈る
直接は何もできない

祈るしかない友人へ

友人同士で祈りを送ることに決めた。

光を送ろう

と。

そしたら一人の友人が朝

すてきな夢の話をメールで教えてくれた。

涙が出てきた。

みんなに会えて

みんなと一緒にここまでこれて

本当にありがとう。

ただただそれだけです。



おしゃまさん♪
保育園の年長さんの娘が

顔をのぞきこんできて

「ねえ、ママ。ママは幼稚園のとき

好きな人いたの?」

きた!と思う。ついにこのテの会話を

彼女とする瞬間がきた。

「うん、いたよ。」

「なんて名前?」

「Yくんだったっけな。」

「ふうん、それでその子はママのこと好きだったの?」

「ううん、好きじゃなかった。」

「ふううん、でもいいじゃん。ママが好きだったんだから。」

深いというかえー!というか

なんかしみじみする会話だったのでした。

6歳侮るなかれです。



ちがうこと
今日の東京新聞の筆洗の欄に

新学期前後の子どもたちの自殺が増えている

ことが書かれていた。

つらい。こういう記事は本当につらい。

不登校やいじめ。

大人には見せない、出せない

それはいつの思春期も同じ。

子どもは大人に心配かけたくないし

迷惑かけたくないものだ。

私は不登校のお子さんには特に

何度もしつこいくらい

「あなたは今本当にがんばっているんだよ。

人とちがうってことはすごくつらいんだから。」

というところからくりかえし伝えることにしている。

外に出てバスに乗るのだって本当につらいのだ。

「人とちがう」ことをしている自分を

どこにおいていいかわからない不安が常にある。

だけどそのことに悩んで行くと見えてきて

感じて行くものもある。

そうやって自分がわかってくると

なにかが変わってくる。

「人とちがう」ことは実はみんなそうなのだけれど

私だって自分の「ちがい」を認めるまで

けっこう時間かかってるけど

いろんな生き方のひとつとして

そのつらさを糧にしてほしいと

いつも応援する日々なのです。

私もその道のりの仲間として。







連休はじまり
シルバーウイークってなんか元気のないネーミング。

日本人て国民の祝日じゃないと

休めないらしい。

それでも連休明け初日からテストが始まる

中学が二校あるので

寺子屋は中学三年生の授業を

今日と火曜日に補習することに。

中学三年生は大事な二学期のテストですから

連休は関係ないのです。

あとはご先祖様のお墓参りをして

秋を感じつつ

連休を過ごすとしましょう。
またまた
少しではなくけっこう

おなかまわりを気にしているパパさんは

本格的にジムに通い始めている。

それで先週、私にも「まずは」と靴、ウエアーを新調させ、

今日、久しぶりに駒沢公園のジムに行くこととなった。

私はどうも運動系が続かず

何をやっても途中であきらめるというか

面倒くさくなる癖がある。

ヨガのDVDを買っても

数ヶ月で積み上げられ

ジムも仕事を理由に頓挫し


今にいたっている。


パパさんはタバコをやめたせいか

最近おなか周りの成長がめざましく

そしてやはり誰しもがとおる道、40越えで

体力の維持につとめたくなったらしい。

私もこれは本気で取り組まねばならない

という時期にいたっている。アラフィーの仲間間近だし


がんばろうっと。

でも、ランニングマシーンの背中がま・ぶ・し・い。




おおいそがしい~♪
今年度になって

寺子屋に入会してくださる生徒さんが

多く、本当にうれしく思っています。

と同時に気をひきしめてゆるませることなく

一人一人と向き合おうと思っています。

なんといってもほとんどの方が

生徒さんのご兄弟、や親しい友人の方を

紹介してくださるので

本当にありがたく

思っています。

卒業生のみんなが運んでくれる空気や

壁に飾ってある写真のみなさんから

日々エネルギーをいただいています。

あのときのあの一日の授業

あのとき話した言葉

そういうひとつひとつが今の寺子屋の雰囲気そのものを

作っています。

本当にみなさんの日々の積み重ねが今を作っていて

そしてこれからもその積み重ねを丁寧にして

いきたいと思っています。










写真
もう社会人になった長男が

通っていた自主ようちえん、自主保育のメンバーと

会って、メンバーのお二人が編集してくださった

本をいただいた。

そこにはなつかしい香りの写真がいっぱい。

帰ってきて一緒にいつも参加していた長女に見せると

100人以上うつっている集合写真の中から

自分をすっと指差した。

それはまるで

「私はあのときここにいたのよ。」

と言っていて

そしてがははと笑った。

あの頃長女は目も半分しかあいておらず

4歳になってもすわるのがやっとで

いつもビニールシートの上でビニールで遊んでいて

ただただ自分の世界にだけいたと

思っていたのに。

やっぱりあなたはわかっていたんだね。

すてきなことを気づかせてくれました。

ありがとう。
ブドウジャム
090912_2119~01
新鮮なぶどうをいただいたので

ブドウジャムにチャレンジしました。

うーん。あまーい。

きれいな色~♪

まちきれな~イ♪
息をいれて
スーザンオズボーンの歌う

舟歌のレッスンが始まりました。

もともとチャイコフスキーのピアノ曲に

詩をつけた曲です。

スーザンのCD を聞いただけではわからなかったのですが

歌ってみると

いかにスーザンが言葉に息をふきかけて

聞いている人に言葉がふんわり届くように

ていねいに言葉を立たせて生かしていることが

よくわかりました。

呼吸もすごく勉強になりそうです。

歌っていて涙が出てくる美しい旋律です。

私の魂にもなにかを語りかけてくれることでしょう。


こいばな♪
なんで女はいくつになっても

これが好きなんでしょう?

この前もおんな友達と夜遅くまで

この話題で盛り上がってしまいました。

思い起こせば

中学生のときから

人の話でも盛り上がって

感情移入して

ずっと聞いててもばかばかしくても

飽きないのがこいばな。

人の話を聞いて自分のあのときのうきうき

わくわく感を追体験できちゃうんですね。

今日も若い子のこいばな聞いて

わくわくしちゃいました。

あー来週も楽しみ♪

連ドラよりいいわん♪

そういえば卒業生が同棲を始めたんだった♪

あきませんわい。私の人生。


たねまき
トマト、きゅうりが終わって

にんじん、こまつな、はつかだいこん

が始まりました。

まだまだなす、ししとうはがんばってくれてます。

ゴーヤくんもすごいです。

夏から秋へ

満月もきれいでした。


ついに~♪
このところ問題集の細かい字がどうも

読みにくいことがある。

そこでついに100円ショップで

老眼鏡コーナーで2、3個探して

使ってみた。

やっとわかったけど老眼鏡って虫眼鏡のことなのね。

あたりまえなんだろうけど

だからとったりはずしたりしてたのね。

みんな。

だからチェーンを首からぶらさげたりして

とりはずししやすくしてるのね。

虫眼鏡を使って問題集の字を見ると

確かに見やすかった。

でもそのまま生徒さんたちの顔を見ると

ぼやけるので

こりゃとったりはずしたり

なれるまで大変そう。

ついに仲間入りしてしまいました!





もろこし~♪
お友達の長野のけいこちゃんが

「虫食ってるけどすごくおいしいとうもろこしいる~?」

と連絡をくれたので

「いるいる~、」

といったら、今日段ボールいっぱいとうもろこしが

届きました。

確かに虫というかところどころ色がかわってるのですが

すんごくおいしいんです。

さっそくサラダ、ポタージュ、ゆでもろこし

作りました。

太陽の光いっぱいつまったとうもろこしです。

幸せな気分で9月が始まりました。

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count

最近のトラックバック