FC2ブログ
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 木曜日 その他オンライン
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

寺子屋日記
寺子屋からのおたよりです。
やさしさ
普通学級に行くか

特別支援クラスに行くか

悩む場所にいるお子さんを何人も見てきました。

普通級に行けば学習面的は厳しいですが

いろんな授業が受けられます。

いろんな機会が与えられます。

でもいじめがあったり

その子も満たされないものが多くなってきて

情緒的に不安定になったりと

いろんなことがおこってきます。

特別支援クラスに行くと

その子の学習的能力には合わない

授業を受けることになる場合もあります。

そういういろんなタイプの子を見てきましたが

先日もAくんのお母さんと話していて

「うちの子は特別支援クラスでよかったと思っています。」

とおっしゃっていました。

Aくんは今もとても満たされているというわけではありません。

やはり学習面には物足りなさもあるようですし

なによりクラスの子たちと会話がはずむわけでもない。

だけどAくんのよさはびんびんに輝いています。

やっぱり普通級よりずっとのびのびしていることは確かです。

本当に優しいですからねえ。

ふところも深いし。

Aくんのいろんな可能性をこれからも一緒に探っていきたいな。















スポンサーサイト



だし2
今日も仕事のおわったあと

パパさんはまっているたこやきづくりです。090724_2154~01


もちろんだしからです。

おいしいです♪

まったりします。
だし
写真をとっておけばよかったのですが

また次回必ずとりますが

うちのパパさんの担々麺は絶品です。

とにかくにぼし、かつぶし、しいたけ

からだしをとり

ごまとひき肉で絶妙なスープと肉を作るのです。

いくつもの香辛料もいれて

そんじょそこらの中華料理屋さんには負けません!

講習中は忙しいからと

明日の夕飯のクラムチャウダーも夜作って

しまう料理の達人です。

私などは忙しいと定番ばかりが並んでしまうのですが

パパさんはこういうときこそとしっかり料理

してくれます。

本当に心から感謝申し上げますと

ブログを通して失礼致しました。


ラジオ体操
末娘につきあって

いや自分のために

ラジオ体操に今年も参加している。

今年は50肩をいたわりながら

肩にきをつかって体をまわす。

子どもがあと何年ラジオ体操に参加するのか。

ひとりではいかないだろうな。

毎日からだを動かすことの気持ちよさ実感。

夏のこれもまた楽しみのひとつ。


こころと言葉
サマースクールが始まりました。

今年は現役高校生の先輩も手伝ってくれるので

後輩たちに高校生活をなまで伝えてもらえそうで

楽しみです。

何人かの先輩たちも話にきてくれることになっています。

サマースクールのもうひとつの楽しみに

みんなの書く作文があります。

国語の授業で書いてもらうのですが

今年の子たちの作文は心とことばが直結している感じで

きっとそれはいろんな悩みを実際にくぐりぬけているから

なのでしょうが

かっこよく書こうという感じではなく

どっきりさせられます。

そういう魂たちを前に

こちらも言葉でなにかをつたえなければなりません。

わたしは毎年こういう夏が好きです。


090719_1838~01
夕方虹がかかりました。

写真にはうつりませんでしたが

ダブルでした。

きれいでした。
キャンドルナイト
090716_2220~01
ここのところ昼間は猛烈な暑さですが

夜は風が気持ちよく吹きます。

電気を消して

ろうそくの光で

空をながめる

がここのところのブームです。

進路のこと、就職のこと、生活のこと

ひとりひとり悩んでいる話を聞きますが

みんな自分をよーく見てほしいな。

自分の中にある

ろうそくの灯火を信じて

がんばってほしいな。

灯火はだんだん大きくなりますから。


歯医者
私の歯はたぶん人より虫歯になりやすい。

と思っている。

だから歯医者は本当に苦手。

ほっぺたがはれるまで

ほうっておいてエラい目にあったことなど

いろんな経験ありで

歯医者に行っても治療完了まで

気を長く持てずに終わらないことが何度あったことか。

数年前には近所の歯医者にきれて

その医者の前を通ると今でも胸が痛むのである。

その私が歯医者の治療をこのたび完了するのである!!

私の結論は

「精神的なゆとりがない時期は歯医者には通いとおせない。」

である。

なんとおおげさなと思われても

私にとってはこのことは真理であり

自分のことをゆっくり顧みられない時期に歯医者に行くのは

やはり無理なのだ。

それで今回の治療完了はエステで

すっきりするよりもうれしいのだ!!

暑い夏の前にうれしい出来事いちでした。


それにしても暑い!ですね。

夏風邪がはやっています。

皆様お体大切に!!






まわり
パパさんも私も今は

「自分の周りにいる人、そしてあらゆるものを

大切に生きて行く」

ということを思って毎日寺子屋でいろんな子と向き合ったり

卒業生、もちろん家族、友人

そして大きくは地域、野菜、などなど

everything around us

という感じで生活している。

だから寺子屋に来ているまたは来ていた兄弟や

友人がまた寺子屋に来てくれるのはやはりうれしい。

今日も数年前の卒業生の弟さんが来てくれた。

いろんなお互いの話を長年にわたって


しているからお互いに変化を確認できて

それがまたうれしい。

生きている限り

山あり谷ありだからそれはそれはいろんなことが

お互いにあるけれど

今日会った久しぶりのお母さんの顔も

いい顔で

やっぱりうれしかった。

もうすぐ夏休み。

部活、勉強、旅行といろんな体験が

またまた子どもたちを待っている♪








赤く♪
090714_1050~02
090714_1050~01
このところの暑いひざしをうけて

ぐんぐん成長してます。

パパさんも

「自分の子みたいでかわいいね。」

と夜に朝に植物を見にきてます。

不思議ですね。

そういう気持ちになるって。

生き物の力ですね。
まっすぐに
我が家の一坪にも満たない

スペースに植えられたキュウリ、トマト

なす、ししとうなどの野菜たちが

このところ急激な成長をとげ

雨と風によって

もうどのスペースが自分の領分なのか

わからなくなって

きゅうりのつるがトマトにまきついたり

なすがもっと太陽を!といっていたり

私の背丈をとっくに超えたきゅうり、トマト

を見て忍びなく思ったパパさんが

まっすぐにきちんと

支柱も並行にきちんと

整えてくれました。

いやあ、ありがたいです。

感謝です。

そのあとホームセンターにいって

多年草の花の苗を求めてきました。

多年草が根付くには時間がかかるそうなのですが

それをベースにデザインを考えたほうがいいそうなので

これもまた楽しみです。

それにしてもきゅうりくんたちが

「あーすっきりしたよう!」

と、パパサンにいっている声が夜になっても

響いていますよ。







ケ•サラ
歌のお稽古のとき

「よくなってるけどあまり練習してないですね?」

と当然のことながらバレた。

はい。CDを少々聞いただけで。

まったくもって声は正直に現れるのである。

「40代のうちに声帯をきたえたほうがいい」

「なるべく人前で歌って場数を踏んだ方がいい」

といわれ

やはり練習あるのみのようです。はい。

娘にピアノ、息子に勉強というのと同時に

私も練習です。

そして新しい曲を。

ケ•サラ すてきな曲です。
ビキニ
これを思いつくのはパパさんしかいません。

実習所に通う娘の明日は年に一度の一泊旅行。

今年もやっぱり楽しげなプールつきのホテルに宿泊です。

その娘に今年は「ビキニを買ってあげたい!」

とのたまうパパさん。

私はたじろぎましたが、パパさんの意志はたいていの場合

石なので、従うことに。

あのぽっこりおなかとむっちり太ももが

気になりますが

とりあえず13号なら入るだろうと

試着。

さきほどひととおり身だしなみチェックもおわり

ポッコリおなかはやはりそのものでしたが

本人は手を振りながらもけっこうその気なので

職員の方に「20歳の青春なので」

とお伝えして

明日はホテルのプールを満喫

そしてバイキング、ミルクコーヒーで

最高のひとときをすごしてもらいましょう!!





久しぶり!
いやあ、本当に久しぶりの再会でした。


何週間か前に恩師に

「あなたのところにお願いしたい子がいるから

そのうち電話がいくかもしれないわよ。」

といわれていて

その彼女が電話をくれました。

中二の息子さんのことで相談があるということで

でもびっくりなのが

「私、ちいさいときいづみさんの後ろをくっついていて

お勉強もお世話になりました。」

というのです。

そのときは顔がどうしても出てこなくて

ごめんねーといっていたのですが

彼女が昨日の晩寺子屋のドアをあけてはいってきたとき

本当にタイムスリップは起きて

当時中学生だった彼女の顔がはっきりうかんできました。


「あーえみちゃん!!!」

私が寺子屋を始めてまだ一年目の21歳のときに

一緒に勉強したお嬢さんでした。

25年ぶりの再会。

しかも立派に三人のお子さんのお母さんになっていて

笑顔が昔とおなじきらきらです。

うれしかったです。

なんかじわーってきました。


ありがとう。再会のご縁。











秩序
トマト
お行儀よく

美しく

実っています。

かわいいです。
毎日
何日か前の東京新聞に

医師の帯津良一さんが亡くなられた

奥様の「旅立ちを祝い道中の無事を祈る会」

を都内のホテルで開いたという記事が

のっていた。

なんともすてきな言葉である。

死をしばしの別れととらえる考え方

は私も今は自然に受け止めている。

でもやはりいつも一緒にいる人との

別れはいつのときも

言葉では表せないほどのものだろう。

私の近い友人に

その期限を言い渡されている人とその家族がいる。

「一日一日を大切に生きています。」

という言葉を私は今

毎日響かせて生きている。

今私のまわりに生きている人たちで

あれやこれやの壁や試練を与えられて

生きている人が多い。

その人たちとともにあるとき

さきほどの言葉を響かせている。

魂からの本当の言葉を。

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count

最近のトラックバック