FC2ブログ
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 木曜日 その他オンライン
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

寺子屋日記
寺子屋からのおたよりです。
佐和貫利郎さんの絵
友人がたまサロンでやっている

佐和貫利郎さんの個展に誘ってくれた。

宇宙戦艦ヤマトや銀河鉄道999などの作品で

有名な方だが

最近は国連にも絵が飾られたり、

記念切手になったりと世界的、宇宙規模で

活躍なさっている。

もう10年以上も前に一度行ったことがあったが

今回の作品はさらに波動がこまかくなっていて

その絵の前にたつとそれだけで

大きな愛に包まれるような

そんな感じだった。

img_1674890_25587765_1.jpg



スポンサーサイト



ホオポノポノ
何人もの方から

シンクロで教えていただいた

ホオポノポノ。

ハワイに伝わる自分とまわりを

クリーニングしていく方法。

ただ

何も求めないで

「愛しています。

ありがとう。

ごめんなさい。

許して下さい。」

と心の中で繰り返すだけ。

ゆだねて

結果を追わないで

ただただ繰り返す。

お医者様や学校の先生

あらゆる職業の方たちが

この方法を使っているそうです。

とても落ち着きます。

すてきな言葉を教えてくれたみなさん

ありがとうございます。
再会続く
再会が相変わらず続いています。

その最も大きなものが30年ぶりの中学の同窓会でした。

30年は長かった。

でも女性陣の美しいことと、スタイルの良さには感激!

私も元気な50代に突入するべく

がんばろうと密かに誓ったのでした。

そのあとも、寺子屋の卒業生が連絡をくれて

遊びにきてくれて、進路の話をしたり

今39歳になる初期のころの卒業生が来てくれたり

すっごくうれしくなります。

今年寺子屋は満25歳。

一人前の大人からだんだんに成熟していく道のりに

入りました。

だからこそ私の道のりを確認すべく

こんなに今再会が続いているのだと思うのです。

新しい家に来てからますます一人で

いろんな思いにふけることが多くなりました。

秋の夜長にパン焼き機の音を聞きながら

虫の音もBGMにして

ゆっくりいろいろ思索したいと思っています。
再会
ここのところ懐かしい方達との再会にわいている

昨日は本当にばったり数年ぶりの友人に会って

つくづく縁を感じた。

つながる人とはその見えない糸でつながり

もう会わない方とはどんなに会いたくても

会うことはない。

ここ数日こんな言葉を自分に言っている。

「困難や悲しみではなく愛と喜びから自分が

学んでいくことを選択します。

私にしかできないことに専念します。」


親の会 夜の部
久しぶりの夜の親の会。

今回は新人さんもお二人見えて

新しい出会いもあり。

そして3年ぶりくらいに足を運んでくださった

方の懐かしい顔にも出会え。

みんな出会ってからもう長い方で

15年。

それぞれ不登校、親の介護、離婚

反抗期、更年期、そして自分の老後のこと

長い道のりをご一緒していると

ひとりひとりの歩いてきた軌跡がお互いに

見えていて、その人の変化も見えていて

なんともいえずに幸せな

あったかい、豊かな気持ちになれるのは

なんてすてきなことなんだろうと。

改めて思えるすてきな夜だったのでした。
自分のリズムで
昨日無事に誕生日を迎えることができて

心新しくしているところです。

ひとりひとりが自分の呼吸を大事に

そして自分を愛して許して

自分にも感謝して

いける生活を改めて始めたいと思っています。
081002_2106~01

新しい生活が始まったので

このことを自分にはっきりしようと思いました。
081002_2106~02

新しい家にも花がきてくれました。

美しい暮らし楽しみます。
081002_2107~01




月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count

最近のトラックバック