FC2ブログ
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 木曜日 その他オンライン
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

寺子屋日記
寺子屋からのおたよりです。
私の初恋
みなさんは最初に好きになった人に

どうやって告白したか覚えていますか?

または好きだったけど結局告白できなかった

という場合もありますよね。

今日そんな話を生で聞いたので

久しぶりに自分の最初の気持ちを

思い出してみました。

やっぱりストレートにはなかなか言えなかったかも

しれません。

本人から直接聞いた言葉ではなくて

その子の友達から聞いた言葉に一喜一憂したり

想像したりして。

よく昔は電話ボックスに友達数人と入って

順番に好きな子の家に電話して

本人が出るとぶちっときったりもしたなあとか。

女友達とどこかの家に集まって

ああでもない、こうでもないと話すことがたのしくて。

行動よりも考えたりおしゃべりすることのほうが

楽しかった時代。

つき合うことも楽しいけど

そこからは今度は生身の人間同士のいろんなぶつかり合い

が始まるから、やっぱり心で思ったり

友達と盛り上がっているのもそのときだけの

宝かもしれません。

なんてもう何十年も前に起きたことを

今日聞いた話に重ねたりして

ありがとうね。今日聞かせてくれて。
スポンサーサイト



刺激受けます。
歌の先生からは毎回刺激をいただく。

もう一人の先生からは

セッションの楽しさを

今の先生は歌うということの基本を

教えてくださる。

先生の生き方が刺激になる。

それを感じることができるのがとてもうれしい。

「声を宇宙に返すように歌うのよ。」

という表現がこの歌うことのできるように

作られている人間の身体の構造と心のありかた

を改めて感じさせてくれて

歌が楽しい!
今日の晩ご飯
サマースクール中は

午後はほとんど時間がないので

午前中に晩ご飯を作ってしまう。

地元のおいしいトマトが手に入ったので

今日はトマトを使ってみたくなり

今日の献立はっと。

1、いわしとトマトのオーブン焼き
2、チンゲンサイとおあげの含め煮
3、あじのマリネ
4、なすと豚肉の甘みそいため
5、サラダ
6、あさりのみそ汁

こんな感じ~です。

皆さん今日も元気に食べてくれました。

夕立がざざっときてくれたので

すずしくなりました~。

ほっとして今日はゆっくり休めるかな?



どんどんブラック
うちの次男君も毎日部活で毎日黒くなって

いきます。

寺子屋の男の子たちもどんどん黒くなって

なんとなくたよりなさげだった

中一くんたちも

心なしか男道を歩いているような。。。


中三の子たちが「夏休みに10センチのびました。」

とか話していて

やっぱり夏は子どもを心も身体も大きくするんだねえ

と実況中継を見せてもらうような

そんな気持ちです。

毎日母ちゃんも弁当作りがんばるよ!
長女の水着
もう~大変でした。

20歳にもうすぐなる長女にいくらなんでも

スクール水着ではかわいそうと思った親心で

なんとか長女のぽっこりおなかに合う

いや、まずはいること、そして少しでも

おなかが目立たないこと

の条件を満たす水着探し!

何度も試着に挑戦、面倒くさいときは

洋服の上からかぶせたり、はかせたり

したがよければ、上がだめ

サイズがよければ柄がいかにも色っぽすぎるか

おばさんくさいか

長女の体系と年齢とチャーミングさを!

すべてカバーいや引き立たせてくれる

水着ちゃん。

数十分後の格闘の末

まあまあの及第点のをゲットしました。

長女も半分納得でしたが

これで実習所のプールを満喫してくだされ。


言葉
過去にもブログに書いているけど

都会に生活している子どもたちは

国語の長文に出てくる自然描写を読んでも

なんのこっちゃとなって、なかなか意味を理解するまで

たどりつけない。

すみれがいつ咲くとか

入道雲がわからなかったり

イメージするにも見たことがなかったり

それと名前との一致がなかったりするのだから

まあ大変。

ちょっと前にはやかんがわからない子もいたし。


また、今年も中三の国語の授業で

恒例の作文も開始した。


これは読ませていただく役得で

「すごーい、こんなこと考えたんだあ。」

とか「こんな体験してたの!」

と、見知らぬその子の内面を見せてもらえて

幸せ。

一緒に成長していこう。
ありがとう!
寺子屋の卒業生で週に何日か

一緒にご飯を食べるお嬢さんがいます。

そのお嬢さんが最近は月に何回かご飯を作ってくれるようになり

とっても助かってます。

今日も作ってくれました。

味が毎回ゆったりまったり和んできているのがわかります。

なれるってすごいことですね。

本当においしくなりましたよね。

いつもありがとう。

ますますよろしくね!
自分の世界
娘と保育園に行くとき道すがら

障害のあるお友達の話になった。

「Aくんはいつもすわっているの。地面を見ているの。」

というので

「ふうん。きっとAくんの世界にいるんだね。」

といったら

「そうだよね、ねねも自分の世界にいるんだよね。

言葉のない人は世界があるんだよね。」

と返ってきた。

子どものこういう言葉にはすーっと

なにか気持ちのよい空気を注がれたような

瞬間になる。

朝の空気がはっと変わった。

ねねの世界。

妹は不思議にそして少しうらやましく

そんなねねの世界をのぞいているのだろうか?
サンクス!
高校の編入試験を受ける子のために

急遽教科書やらテストやらが必要になった。

その学校に行っている子たちにメールして

「あったら貸して!」と頼んだところ

すぐに持ってきてくれた。

ありがとう!

本当に助かりますです。

今年の夏はいろんなタイプの子が

寺子屋で勉強することになってるらしく

いろいろな方面からご縁をいただく。

今日歌の先生から「スイートポイント」という言葉を

教えていただいた。

それは野球でもゴルフでも

そこのポイントにあたればまずまちがいなく

すべての力を吸収してどこまでもボールが飛ぶポイントだそうだ。

それは歌も同じでそこの場所にあたれば

すばらしい響きをうむのだそうだ。

人はそのポイントを一生かけて探し

そしてそれは一度きりかもしれないけれど

精進していくのみだ。

そんなことを考えて

やっぱり生徒と向き合いたいと思う。
ラジオ体操!
夏はやっぱりラジオ体操でしょう!

なんか血が騒ぎますです。

やっぱり中学時代に子供会で

あのお立ち台で体操してたこととか

身体が思い出しちゃうんですかねえ。

ついに中学生の息子どんは行かなくなり

4歳の娘と二人でのんびり参加。

元気のいい子どもたちと一緒に体操するのは

やっぱりいいもんです。
サマースクール
毎年夏といえば寺子屋の場合サマースクールです。

中三の子どもたちにとっては

体力勝負の日々の始まりです。

長い子はお昼過ぎから夜八時半まで約8時間近く

勉強しますし、これが10日間続くのです。

だんだん暑さの中へばってきますが

終わり頃になると

顔つきも変わり、

「こんなに勉強したのは生まれて初めて。」

と充実の表情になっていきます。

そんな子どもたちから私たちも負けないように

ファイトを奮い起こすわけで

今年もはじまったーという感じです。

上のお子さんがいらしていて

「下の子もお願いします。」

という方が今年は数名いらして

やっぱりそういう出会いはありがたいな

と感謝します。

部活に勉強に遊びに忙しい子どもたちの

夏が始まりました。

苦手なことを少しでも興味のわくことに

変えていけることを願いつつ

今年もスタートです。
the way we were
高校生の頃一つのカセットテープに出会った。

なぜか惹かれるままに買った初めての

英語の歌がバーバラストライザンドのmemory

だった。

その後映画「追憶」をみて

主人公ケイティに惹かれ

あの不器用で一途な女の子が自分にとても

重なる部分を感じて

何度も何度も映画館やテレビビデオで

みた映画。

そういう音楽や映画ってだれでもあると思う。

自分の人生や生き方や何かの琴線に触れる出会い。

それは年を重ねるとまた別の出会い方をして

味わいをまた別のものにして。

何年か前に一度「the way we were」を歌った。

また今度チャレンジする。

大事な惹かれる歌を大切に歌いたい。
キャサリーン!
卒業生が遊びにきてくれた。

4月のお祝い会であったときも髪の毛が

茶色になっていたので「なんかキャサリンて雰囲気だね。」

と話していたのだけれど

今日はさらに金髪に近づいていて

さらに「キャサリン」になっていた。

小学4年生から中学3年まで来ていたから

十分成長の様子を見せてもらった。

「普通の学校には行きたくない。」

といって、みんなの反対を押し切って

今の学校を選んだけれど

とりあえずその手前不平は言えないけどまあまあやっているらしい。

そして今日は後輩たちに勉強を教えていってくれた。

卒業すると急に大人になる。この間まで「ちゃんとやりなさい。」

と言われる側だったのに。

だけど卒業生がくると本当に私たちは元気をもらえる。

遊びにきてもらえるうれしさってあるよね。
教えられます。
今日Cちゃんと歴史の教科書で

女性差別のところを勉強しました。

相撲の土俵に女性はあがれないことに

Cちゃんは

「私ね、こういうのはきっとすごく意味があって

こういうことを守ってるんだと思うのよね。

女性差別とかいうのはもしかしたらあとからついてきた

ものなんじゃないかと思うの。

宗教もそうでしょう?

大本の本質はそうではなかったことを

あとからいろいろ解釈をつけて自分たちの

都合のいいようにして。

だから大本の意味を考えないでいろいろ簡単に

いってはだめだと思うんだよね。」

はー。いつもいろいろきづきをありがとう。cちゃん。

私もまたいろいろ調べてみましたよ。

相撲は江戸時代以前には女相撲というのが別にあって

今のように土俵にあがれない云々は

やっぱり神道やいろいろな哲学的なこともあるみたいなんですね。

でもこれもまたもう少しきちんと調べないと

軽はずみにはいえないなと思いました。

物事がそうなっていくのには訳がある。

それを見抜こうとしていく目を育てるのが

本当の勉強なんですよね。

そういうことをいつも教えてくれるCちゃん。

ありがとうね。
のんびりな休日
暑いので昼寝がかかせません。

まだ熱風とまではいかないので

裏の大きなお庭のおうちからの風が心地よく

夕方何時間か横になるととっても

気持ちがよいです。

昨日も今日もたっぷり休んだので

明日からまたがんばって始動します。

今日は迎え盆。

次男と末娘がおじさんと

なすとキュウリで牛と馬を作って

お迎えしてました。

一年は早いなあ。
ちむどん日記
友人が新しくブログを開設しました。ちむどんスケッチ


すごくすてきなスケッチを書いてます。

いいなあ。

どんどん書いてね。

楽しみです♪
睡蓮と百日草
target="_blank">080712_0817~02
080712_0817~01
今年の屋上のテーマは種から育てることと

去年からの花をやさしく見守ること。

自分の子どもみたいなもんです。

夜寝る前にろうそくを持って見回るので

パパさんからへんだよと言われつつ

やってます。

かわいいですよね。すべての生き物は。
言葉から感じる
数秘の先生からの宿題で数秘学の英語の本を

部分的に訳すことになった。

夏休みに宿題をいただく思いだ。

先生は「数字から言葉を感じるのも

英語から日本語に変えることも

その奥にあるものとつながるということでは

同じだということを感じてみて。」

というアドバイスをくださった。

かくして辞書を片手にお勉強の時間を持つことに。

楽しい。

やっぱり新しいものとの出会いは学ぶことだな。

と改めて思う。

きっとこれが評価とか受験につながらないから

またいいんだろうな。

でもでも、やっぱり若いときに

脳を十分に鍛えてほしいよなあ

と辞書を引き引き思ったりもしている。

「言葉の奥にあるものを感じ取る」ことを

大事にする時間が始まった。
おけいこ
ひょんなことから小学校五年生から高校2年生まで

ピアノでお世話になった先生に歌のレッスンをつけていただくことになった。

9月に目黒の「音の箱」でまた歌わせていただくことになり

もう一歩前に進みたいと思っていた。

パパさんの「一ランク上をめざせば?」というアドバイスもあり

先日お会いしたときに

「最近はロシア歌曲を歌っているの。」

とおっしゃっていた先生にやっぱり習いたい!

と思って実現した。

先生は元々ピアノ科卒業だけれど

やっぱり歌に惹かれて三人のお子さんを

育てながらその夢をじっくり育んでいらしたとのこと。

「歌は自己表現だからいいわよね。」

すべて基本は丹田ということをずっと

これから身体で覚えていくレッスンが始まる。

丹田に落とすってやっぱりすべての基本なんだなあ。

教えるにしても、伝えるにしても

すべてに通じることをもう一度確認していく時間に

今からわくわくである。
久しぶりの友人
7年ぶりくらいに会う友人がまだ6ヶ月の赤ちゃん

連れで来てくれた。

トモダチって長く会わないでいても

いろいろなことを共有できるモードにすぐ入れるから不思議。

今から7年前とか10年前くらいは本当にいろんな人との出会いがあったなあ

と改めて思い返し

その人との出会いかたも動きも本当に

おもしろかったねとお互いに確認。

私は今数秘をやっているから

人生にはいろんな巡り合わせと時期とタイミングがあるのが

今あらためて確認できる。

私のその時期は大きなうねりの中に身を置き

たくさんの出来事を経験して

いいことも大変なこともダイナミックな波の中で

経験するというような期間。

多分人生で出会う人の半分以上の人と会ったんじゃないかな。

その時期を経て今がある。

ずっと縁が続いている人や、もうまったく会わなくなった人や

いろいろだけど

だからこそ人との出会いはその場限りの大事な縁と思う。

あの頃は外へ外へ気持ちが向いていたけれど

今は内へ内へ向いている気がする。

どちらもとっても大事だと思う。

友人が赤ちゃんを抱いてとっても幸せそうだった。

相変わらずとってもまじめに優しく生きていた。

そのことがうれしくて、すてきに生きている証を見た気がして

友は宝だね。
7月!
ついに7月。

もう上半期がすぎたことに!

今年の目標は滞りなくできているかチェックする。

しっかりイメージして

望んでいることはやっぱりできているし

中途半端に自分の意思を確認しているものは

いろいろまだまだ道のり。

でもその裏表がだいぶわかってきた感じ。

アファメーションを朝することは

驚くべき効果を持つ。

イメージと整理と問うことをこれからも

やっていこう。

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count

最近のトラックバック