FC2ブログ
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 木曜日 その他オンライン
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

寺子屋日記
寺子屋からのおたよりです。
色分け
奥行きを出すとか

距離感が大事とか

歌のレッスンではよく使われる言葉

私も頭ではわかってるけど

表現はどうすれば?とわからない

自分ではやっているつもり

気持ちは込めてるはずなのに

届いてない

本当、これ人間関係や仕事でも

あるあるですよね。

自分では言ってるつもりだけど

相手には半分も伝わってないとわかることって

たくさんあります。

今日いただいたアドバイスは

「その表現を色別にしてみる」

立体にしてみる

ということなんですが

これはかなりヒントになりました。

ちょっと挑戦してみます。

押してダメなら引いてみな

って言葉もありますしね!!
スポンサーサイト



歌のある人生
毎週火曜日の朝4時に佐久穂から世田谷に向けて出発します。

車には大きなダンボールが6箱。夏場は10箱ほどになります。

7時前には世田谷についてその野菜の品出しが終わるのが9時頃。

そこから寺子屋の個人授業が始まり午前の仕事終了。

夕方の仕事までの間は面談があったり

みっちり人と会ったりして

2日半の濃い時間を過ごし木曜の朝の授業が終わると

今度は世田谷から佐久穂に向けて出発。

夕方は佐久穂教室で授業をして

金曜は野菜の出荷。そして夕方は佐久穂教室の授業。

土曜、日曜は農作業。月曜は出荷。

そして火曜の朝また世田谷へ。

この生活を始めて今年で6年たちました。

自分の心の中から湧き上がってくるものに従って生きるということ

そして主人が決めた道の伴走者として生きていくということ

いくつかの理由でこの生活があります。

そしてもう一つの私の中にある柱が歌です。

1999年から歌を習い始めました。

今の師匠 麻生 恵先生に習い始めて今年で4年になります。

自分の声と共にあるということ

自分の中からのものを表現するということは

何ものにも遮られない自分を確認するために

私にとってとても大切な時間です。

いつの頃からか還暦になったら友人たちに私の歌を聞いてほしい

と思うようになりました。

それを先生には言えずにいましたが

思い切って話してみると

「そんな先の夢をみるのはおやめないさい。」

「やるならすぐやりなさい」と言われました。

先生は私の本心を代弁してくださったのだと思います。

そのことが11月3日に実現することになりました。

今年は寺子屋を初めて35年になるという節目でもあり

新しいことに挑戦することにいたしました。

今まで色々な時をご一緒してきた方達に聞いていただきます。

本当に幸せなことだと思います。

先生のマネージャーの関川さんに言われた言葉。

「初めての日は誰でも初めてのこととして迎えるのよ」

その言葉を噛み締めてその日を迎えようと思います。


















うごく♪
ずっとお休みしていた歌のレッスンに行った。

久しぶりの歌でのどの調子はいまひとつ。

そりゃあ当然。

でも身体のあちこちが動き出したのがわかる。

縮んでいたなあってきづく。

いいんだよ。動いて。

と身体に語ってあげたくなるような。

自分の中の力を思い出そう。

持ってうまれてきたものを

大事にしよう。

今度はまたイタリア語だ~♪




terakoya1983をフォローしましょう

やさしく、やさしく♪
ひまわり


時は流れる 光の中に

あふれる悲しみを 胸に抱いて

探しつづけた 愛はむなしく

めぐり逢いし今は はるかな人

二度と帰らぬ夢 あなたに愛を残して

去り行く 悲しさ

遠い異国の 雪に埋もれて

はかなく燃えつきた 愛の生命

   間  奏

二度と帰らぬ夢 あなたに愛を残して

去り行く 悲しさ

夏の輝く 光の中で

静かにひまわりは 風にゆれる

静かにひまわりは 風にゆれる


***********************

今度練習している映画「ひまわり」の歌詞です。

切なくなって、歌っていて涙が出てきてしまう

ようなうたなのですが

問題は私の日本語の子音の発音なのです。

私は日常的に

あんたね!しっかりしてよ!

のように檄を飛ばすことがおおいわけで

どうしてもカ行とタ行の子音がきついのです。

先生に

「あなたいつかえってくるの?」をやさしくいうように

いわれましたが

どうにも苦手でありまして。。。。。

とりあえず歌のときくらいなんとかして

このせつない歌にはいりこみたいものです。

一年ぶりに♪
バルバラという

お店で一年ぶりに歌いました。

それこそ一年かけて練習した
パトリシアカース

ホテルノルマンディをどうにかフランス語の歌詞で歌うことができました。

フランス語なんて昔学生のときに

かじってそのままだったのに

まさかここにきて英語以外の言葉に触れることになるなんて

思ってもいませんでした。

でもやっぱり挑戦して行くことは大事ですね♪

今日も一緒に行ったお友達と

80代、70代の大先輩の方たちの

歌、生き様、人となり、に触れることが出来て

とっても勉強になったね。

と話しました。

歌は本当に自分の深いところにある見えないもの

を掘り起こしてくれます。

それを知ることがたまらなく楽しくて

またやりたい!と思うのでしょう。

そして、今日もパパさんにはとってもありがとうです。





月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count

最近のトラックバック