寺子屋からのおたよりです。



   
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
<< 2017 >>
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 月曜、金曜、土曜日
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count
最近のトラックバック


今年も無事にお祝い会が終わりました。

   
今年は偶然にも

佐久穂教室と深沢教室のお祝い会が二日続き

今日は本当に胸いっぱいの夜です。

受験は当然本人だけのことではなく

家族全員巻き込み

時には夫婦の問題にまで及び

そしてそれはひとりひとりの生き方につきつけられる

ということにいきつきます。

でもそこをきちんと向き合った人は

ほんとにひとかわもふたかわもむけてるのだと思います。

その過程がすばらしいといつも思います。

今年も絶対に公立に行かなければならない生徒さんもいました。

スポーツの推薦はもらえたけど

勉強をする時間がなく、そこに集中するのがつらい生徒さんもいました。

自分の実力が伸び悩み

どこに目標をおいたらわからない、最後まで悩みながら志望校を

決める生徒さんもいました。

家では勉強できないから

週末教室を開放して

深沢でも佐久穂でも

弁当を持って自習する生徒さんの姿もありました。

夏の頃、本当に勉強いやだと言い

塾もやめたいと言い、それでもおうちの方に励まされ

スピーチではさわやかな顔で

「今はやってよかったと思います。」

と言い切った生徒さんもいました。

普通級と支援級の選択に悩み、私学にすすみ

ひとつひとつハードルの高さをクリアして

お母さんと二人三脚、いや寺子屋のスタッフと3人四脚?

で頑張った生徒さんもいました。

いつもは一緒に暮らしていないので

夜、教室にいる生徒さんに弁当を届けてくださった親御さんもいました。

授業が終わったあと、たくさん自分の悩みや気持ちを

話してなかなか帰れない生徒さんもいました。

先生たちもひとりひとりがその感じる気持ちを

ていねいにひとりひとりにかけてくださって

メッセージを送ってくれました。

今年も本当にたくさんにことがありました。

高校,大学に進学するみなさん。

本当におめでとう!

いつでも遊びにきてね!



スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

新しい世代

   
新しい世代

先日、若い30代の教育者の方が寺子屋を訪ねてきてくれました。

わたしも21歳で寺子屋を始めて、たくさんの方の背中を追ってきました。

いつのまにか追う側から追われる側の世代になったのだと55歳になる今、気づいています。笑

「私塾を営む」しかも寺子屋のようなスタイルー進学だけを目的としない塾—という仕事はとても孤独な部分を持ち合わせています。

ですから違う業界の方と話したり、卒業生と話したり、外側からのメッセージに耳を傾けて、

常に自分のニュートラルな部分を意識していることがとても大切だと日頃から感じています。

それが子ども達と向き合うときにぶれない自分を持ち続ける鍵だとも思っています。

先日いらした方はとても子どもに対する感覚のセンスの良さを持ち合わせた方でした。

なんとなくですが、その方がとても自然に感覚として身につけているという気がしました。

昨年、クラウドファンディングをはじめたときに、若い寺子屋のスタッフにとても背中を押され、

助けられ、引っ張って行ってもらった部分がたくさんあったのですが、

そのとき感じたこと—

「若い世代の中にある、いい悪いを瞬時に嗅ぎ取る力」のようなものにまた出会った気がしました。
  
私たちの世代が理屈で突き詰めて、やっとわかったことを若い世代は肌で感じて表現していっ  
  
っている。
  
もちろん若さゆえ、荒削りであったり、自信がなかったりのもろさはあるけれど、とてもしな                    
やかにそのことを選択している。

そういう新しい世代の存在にとても敬意を表したくなるし、応援したくなります。

今、寺子屋で向き合っている小学生、中学生の子たちは次の表現者として今、大事な成長の過程にいます。

100年以上何も変わっていない、学校教育の根幹の部分を本気で変えようとしなくてはならない時期に本当に来ている

と思います。

ひとりひとりが、選択する時代。

自分の中の答えを意識して、若い世代に追いかけられようと思います!

PS 寺子屋の卒業生たちが今年次々に結婚、出産、婚約など吉報続きです。こちらも心から祝福です!
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

   
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

   
IMG_4609.jpg
今年もかつの日がやってきました。

もう20年以上も続けている恒例行事です。

下級生たちは先輩のかつを食べる姿を見て

次は自分と思い

先輩にメッセージを送ります。

私立組の受験が終わると

最後に都立組が残りますが

すこしさみしい気分なります。

気持ちも追いつめられていきます。

そこに寄り添うことが私たちの仕事です。

さあ!

都立までは3週間とちょっと

長野県立まではひとつきとちょっと

ここからが終盤の大事な大事な毎日です。
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

受験生への応援

   
IMG_4589.jpg

稲山瑞季先生、大学2年生。

小学6年生から寺子屋に通ってきてくれました。

中学時代は寡黙にこつこつと勉強するみづきちゃんの姿が

すぐよみがえります。

中学3年生の受験期の2月。

「あまりにも勉強しすぎて本当に勉強がいやになりました。

少しお休みをください」と言って

少しの間塾をお休みしたみづきちゃん。

先日中学3年生のなかなか社会の点が上がらない子に対して

「わたしは寺子屋の本棚にある社会の問題集は全部ほとんど解いたよ。

そこまでやってやったことになる。」

と言いました。

ほんとにやったんだなあとその言葉を聞いて改めて思いました。

具体的な体験から生まれる言葉は受験生にダイレクトに伝わったはずです。

今の時期、受験生にとっては本当につらい時期です。

逃げたくなる、先が不安になる。そんな気持ちの繰り返し。

それを支えるのは自分がやったことしかない。

当日緊張の極地にいても,自分がやったことだけは裏切らないから。

みづき先生が寺子屋を手伝ってくれるようになったとき

おどろくほど生徒の気持ちや言葉を汲み取れていることに

びっくりするやら感動するやら。

その子の状態を観察して、その子の今できること

応援することをていねいに決めていく作業は

わたしもすごく勉強になります。

「その子にどういうふうにアプローチするのが一番

近道か」みたいな話を若い人たちが

楽しそうに、戦略的に!話しているのはこちらも

わくわくします。わたしにはとうてい考えられないことも

教えられます。

成人式を迎えたばかりのみづき先生。

これから児童養護施設にいるような子ども達を

支える仕事につきたいという目標に向かって

彼女がどんな仕事についてどんな女性になっていくのか

本当に楽しみです。









| comments(0) | trackbacks(0) | page top |
次のページ