FC2ブログ

寺子屋からのおたよりです。



   
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
<< 2020 >>
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 月曜、金曜、土曜日
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count
最近のトラックバック


冊子

   
三月初めに静岡でお話をさせていただく予定になっていた。

コロナで中止になり

話の内容を文章でという依頼を受け

寺子屋のこと

食の支援になぜ活動を広め

食と学習とはどういう意味をもたらすのか

ということをまとめてみた。

それを編集のお仕事をされていたボランティアさんに

見ていただき

手直しをしている。

書いているうちに

37年ずっと関わっているのは私一人だから

ここらでちゃんとまとめなきゃ、記録に残さなきゃ

と真面目に考えた。

いろんな生徒さんのことをこのブログで書いてきたけれど

そのこともまとめないといけない時期にきているかもしれない。

膨大なことになってきたけど

今がその時だと思う。

そしていろんな人たちが

子育てや自分の環境、自分の個性と向き合い

乗り越え、生き抜いていることを

残したいと思っている。






スポンサーサイト



| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

笑いの神様

   
志村けんが逝ってしまった。

しかもコロナで。

いろんな意味を与えられた。

彼の人生の大きな目的は

最後まで大きいものだった。

生徒さんの一人が

「棺桶から大丈夫だあって生き返らないかなあ」

って言った。


ほんとだよね。

それぐらい笑いをもたらして

みんなにエネルギーを巻いていたんだ。

我が家にも志村けんのバカ殿が大好きな娘がいる

彼女自身も笑いを振りまいている

どんな時も笑いは場を変える力があるんだ

笑いと共にいよう

| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

みんなの思いが実った日

   
寺子屋には

「長い時間をかけて」という言葉が何回も訪れる

緊張で他の人と一緒に勉強できなかった子が

長い時間かけて一緒に勉強できるようになる

一人で通えなくてお母さんが送り迎えしていた子が

長い時間かけて来れるようになる

ずっとパニックで教室にいることがきびしかった子が

長い時間かけて落ち着いて勉強できるようになる

本当にその時間の尊さを何回も感じて来ました。

昨日もそれがおきました。

8年前彼女に初めて会ったとき

前髪を目まで垂らして

彼女の目を見て話すことはできませんでした。

約束の時間にこれず

待ちぼうけをスタッフたちが何回も何回もしていたけど

ある時から

メールで連絡ができるようになり

休みの連絡もすることができるようになり

お母様から親戚のうちでしっかり働くことができた

という話を聞いていたので

なんとか子ども食堂にきてもらって

一緒に食べたりお手伝いができるようになればいいねと

念願かなって

昨日がその日でした。

楽しそうにスタッフと談笑する姿と

そのあと丁寧に皿洗いしてスポンジまで洗ってくれて

一日一日、スタッフの一人一人の思いを

私はしっかり感じました。

寺子屋にまた一つ記念日が増えました。




| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

モチベーション

   
一年で本当に大切な日

37回目のお祝い会

初めての送られる側だけの会

スタッフと卒業生の小さな会

温かな時間が流れました。

会のあとはスタッフミーティング

一年の反省を考えます。

「ずっとテーマですが

勉強の苦手な子にどうやったら動機付けられるか」

「どんどん入試も変わってきて

参考書など調べることが苦手になってきている

子どもたちにどうやったら社会や理科の資料を

読み解かせることができるのか

話題はつきません。

自分の力で計画を立てて

できるようになって

点数もよくなれば

勉強ほど楽しいものはありません。

でもそうでない子の方が圧倒的に多いのです。

CMでいう

「驚くほど伸びる」

なんて言葉は現実難しいです。

そんな思いを抱えて、感じて

スタッフがみんなで知恵を絞りあう。

やっぱりできることの喜びは感じて欲しいですから。

そして今日からまた新しい学年の

新しいスタート。

また悩みながらスタッフと語り合いながら

だけどスタッフのみんな

ありがとう!!

一緒に悩める仲間の存在が何よりの力です。
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

聞くこと、知ること

   
私たちの日々で大切にしていることは

お話を伺うことです。

たくさんのお母さん、お父さんのお話をお話になりたいことを

お聞きしてきました。

昨日も夜の9時半から気づけば日付が変わるまで

お話をしました。

お子さんの状況を聞くことで

お子さんのことや保護者の気持ちを理解して

保護者の方の目線と私たちの目線はどこが同じで

どこは違うのかとお互いの立場や考えを

伝え合う。

このことでどれだけお子さんの環境も変わるかわかりません。

こちらが良かれと思ってやったことも

保護者の方の思いの基本を知らなければ

真意が伝わらず、かえって逆効果になることもある。

今までもやりすぎかなと思うくらい

たくさんのこと

お互いにですけど。

これからもこれが私たちのやり方です。


| comments(0) | trackbacks(0) | page top |
次のページ