FC2ブログ

寺子屋日記

寺子屋からのおたよりです。

Top Page » Next
2021-01-05 (Tue)

今年もよろしくお願いいたします。

2021年始まりました!!いろんな課題を抱えての2021年のスタートですね。それでも自分なりに振り返るとやり切った思いのある2020年でした。深沢の教室では新しい取り組みがこの状況の中で生まれていきました。佐久穂のお子さんたちとはリアルでお目にかかれなくなりましたがリモートで繋がっていられることに大変感謝します。みなさんのお力に少しでもなれるように、その一人一人の個性に私たちがができることを今年も丁寧にやって...

… 続きを読む

2021年始まりました!!

いろんな課題を抱えての2021年のスタートですね。

それでも自分なりに振り返るとやり切った思いのある2020年でした。

深沢の教室では新しい取り組みがこの状況の中で生まれていきました。

佐久穂のお子さんたちとはリアルでお目にかかれなくなりましたが

リモートで繋がっていられることに大変感謝します。

みなさんのお力に少しでもなれるように、その一人一人の個性に私たちがができることを今年も丁寧にやっていきたいと思っています。

月や星の世界から見ると昨年の12月から地の時代から風の時代に入ったと言われています。

今までの世界観は随分変わっていくことになると思います。

若い世代はそれを敏感に感じ取って自分の人生を他者に依存するのではなく、自分自身のやり方で切り開いていく若者たちが増えて

いる気がしますし、ありがたいことに私の周りには黒田さん始めすでに実行している人たちが多いのです。

そんな新しい風を感じながら私も自分の風を今年も自分らしく吹かせたいと、思っています。
スポンサーサイト



2020-12-21 (Mon)

寺子屋アート展とクリスマスコンサート

週末はアート展とクリスマスコンサートでした。昨年から始まったアート展障害のある人もそうでない人も自分の思いのままに表現してそれをいろんな人と共有できたらという思いで始めました。近所にふらっと見に行けるそんな場所があってもいいなという思いからでした。そこには橋場満枝さんとの出会いがありました。2年ほど前橋場さんがうちの野菜を買いにいらしてくださりその時息子さんをて連れていらして話しているとどうやらう...

… 続きを読む

週末はアート展とクリスマスコンサートでした。

昨年から始まったアート展

障害のある人もそうでない人も自分の思いのままに

表現してそれをいろんな人と共有できたらという思いで

始めました。近所にふらっと見に行ける

そんな場所があってもいいなという思いからでした。

そこには橋場満枝さんとの出会いがありました。

2年ほど前橋場さんがうちの野菜を買いにいらしてくださり

その時息子さんをて連れていらして

話しているとどうやらうちの息子がよく中学の時話していた

「とても数学のできる」橋場くんのお母さんということがわかりました。

そしてさらにもう一人の息子さんは娘が8年前まで通っていた

実習所に通っていることもわかりました。

ご縁を感じてさらに話してみると橋場さんが

「世田谷アールブリュットネットワーク」を立ち上げられ

助成金も申請して活動を続けてらっしゃることもわかりました。

そんな出会いから子どもたちの作品を街の人たちに見てもらいたい

評価を求めずただただ絵が好きで絵を描いている子どもたちの

絵から元気になってもらえるはずだという思いがありました。

今年は助成金をとった「世田谷アールブリュットネットワーク」さん主催

寺子屋は協力という形で開催しました。

表現して発表できる場があり、それを通して輪が広がっていくことを

去年に引き続き感じることができたのは

本当に皆さんと一緒に1つのことを共有できる喜びです。

クリスマスコンサートのパートナー関かおりさんとは

同じ師匠の元で数年前に出会いました。

関さんは一月に何ステージもこなすベテランの歌手で

落語もされていてすごい技をいくつもお持ちです。

そのかおりさんが「2020年までに一度一緒にやりたいね」

と言ってくださいました。そしてそれが今年ギリギリかないました。

ピアニストは宝石のように奏でてくださる岡倉富敦さんでした。

当日は師匠と温かいお仲間が何人もかけつけてくださり

師匠にはきっとたくさん心配をかけてしまったのかな?

地域の方たちも友人も応援にきてくださいました。本当にありがとうございます。

歌は私にとってなくてはならないものです。

自分が迷っている時

自分に自信がなくなった時

一月に一度麻生恵先生の前で歌うと

不思議と自分の中に落ち着くべきところに

何かが座っていくのです。

自分に戻れる時間

それが私にとっては歌なのです。

これだけは譲れないものになっています。

ステージでは何回も長すぎるドレスの裾を踏み

歌詞を間違えましたが

かおりさんとこの日のために練習したハーモニー

それがお届けできたこと

皆さんの前で歌えたこと

本当に幸せでした。


2020-12-08 (Tue)

歌のサロン

9月から始まった歌のサロンも今月で4回目今日は先生が一人一人のリクエストした曲を一曲ずつ丁寧に教えてくださった。70代の方が西島三重子さんの「池上線」もうお一人の70代の方はゆづの「雨のちハレルや」とジュリーの「勝手にしやがれ」60代の方は「時の流れに身を任せて」80代の方は「長崎の鐘」どの方にとってもその歌との出会いと思い出にはかけがいのないものがある。その歌を歌って詩の言葉を味わってみんなで今日も3時...

… 続きを読む

9月から始まった歌のサロンも今月で4回目

今日は先生が一人一人のリクエストした曲を

一曲ずつ丁寧に教えてくださった。

70代の方が西島三重子さんの「池上線」

もうお一人の70代の方はゆづの「雨のちハレルや」とジュリーの

「勝手にしやがれ」

60代の方は「時の流れに身を任せて」

80代の方は「長崎の鐘」

どの方にとってもその歌との出会いと思い出には

かけがいのないものがある。

その歌を歌って詩の言葉を味わって

みんなで今日も3時間。

「すごくエネルギー出すんだけど

終わる頃に本当に元気になるよね」

と参加者の方。

このサロンのあと1週間くらいは

ずっとおうちで鼻歌しながら動いている方。

本当に歌は素晴らしい。

今年は歌い納め。

1月からのサロン。第二火曜日の午後1時からです。

どうぞお越しください。
2020-12-04 (Fri)

寺子屋アート展

昨年好評だった「寺子屋アート展」今年もやります。今年は橋場満枝さんが代表を務める「世田谷アールブリュットの会」主催で「地域の絆連携活性化事業」の助成金をいただいております。昨年は絵の出店やフィンランドの伝統装飾の「ヒンメリ」や手作りの麻バッグそれから手作りクッキーに手作りブローチ、絵葉書、一筆箋など盛り沢山でした。今年も楽しく開催したいと思っています。そして昨年はオープニングパーティを寺子屋でやり...

… 続きを読む

昨年好評だった「寺子屋アート展」

今年もやります。

今年は橋場満枝さんが代表を務める「世田谷アールブリュットの会」

主催で「地域の絆連携活性化事業」の助成金をいただいております。

昨年は絵の出店やフィンランドの伝統装飾の「ヒンメリ」や手作りの麻バッグ

それから手作りクッキーに手作りブローチ、絵葉書、一筆箋など

盛り沢山でした。今年も楽しく開催したいと思っています。

そして昨年はオープニングパーティを寺子屋でやりましたが

今年はミツを避けて

区民センターの大ホールで

「クリスマスコンサート」を行います。

今年落語を寺子屋で披露してくださった

私の大先輩の関かおりさんと始めてタグを組ませていただきます。

ピアノは素敵すぐる岡倉富敦さんが弾いてくださいます。

関さんは新宿の老舗ライブハウス「シャンパーニュ」で毎月

歌ってらっしゃいますプロであり

岡倉先生は私の師匠であります「麻生恵」先生のピアニスト

でいらっしゃいます。

そんなお二人とご一緒できる歌のひととき。

精一杯歌わせていただきます。

アート展は

12月19日(土)11時〜17時
20日(日)11時〜16時 


寺子屋にて


クリスマスコンサートは深沢区民センター大ホール
19日(土) 15時開場 15時30分開演になります。
お申し込み、お問い合わせ

info@terakoya-school.net





2020-11-30 (Mon)

地の時代から風の時代へ

地の時代から風の時代へ今年一年大きな変化がありました。価値観、生き方、これからのこと。たくさん一人一人が考えさせられたと思います。ここ数ヶ月色々な方のお話を聞いてると、これから先は組織より個人、物を持つことよりもよりたくさんの人たちと繋がること、そのように今までの仕組みを変えて、時代のスピードに乗っていくには軽やかになること、物にしがみついてはいけないのだと。人にしがみついてもいけないのだと。そん...

… 続きを読む

地の時代から風の時代へ


今年一年大きな変化がありました。

価値観、生き方、これからのこと。たくさん一人一人が考えさせられたと思います。

ここ数ヶ月色々な方のお話を聞いてると、これから先は組織より個人、物を持つことよりもよりたくさんの人たちと繋がること、

そのように今までの仕組みを変えて、時代のスピードに乗っていくには軽やかになること、

物にしがみついてはいけないのだと。人にしがみついてもいけないのだと。

そんなことを語っている人が多い気がしています。

働き方も1つの会社にずっと通うのではなくドイツのように幾つもの会社に属したり。

そんな選択の時代になっていくような気がします。

そうなると本当に大切なのは自分の意思に従うということ。

恐れを抱くのではなく、自分の軸を決めたらそこを中心に動いていくこと。

風の時代に向けてものを手放し、より自分の中の整理がここから年末にかけて必要なのだと思います。