FC2ブログ

寺子屋からのおたよりです。



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2018 >>
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 月曜、金曜、土曜日
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count
最近のトラックバック


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

聖夜に思うこと

   
クリスマスにクリスチャンの友人から

一冊の本とカードが届きました。

カードには「今年の言葉は『災』だと巷では言われていますが

私は『初』でした。」

と書かれていました。

うちもだなあとあらためて今年一年を振り返りました。

春。次女が東京に引っ越すことを決意しました。

理由はいじめでした。

顔の見えないいじめ。

それに対する教師の無責任さに対する絶望。

底の深い闇と悲しみと怒り。

心の通わない学校と町との会話。

体験したことのない感情を娘と夫も私も

毎日途切れることなく感じ続けました。

どんな理由があろうと

命と本気に向き合わない教育はだめです。

闇の中にいる時誰かの愛が光になります。

娘の新しい生活の中で、新しい学校の先生たちが光に

なってくれました。

娘は「前の学校の先生、こちらの学校に研修にくればいいと思う」

と言いました。

地域の方の話によると前任の校長先生が素晴らしい方だったと。

スピリットが受け継がれているのですね。

中学3年間の教育が今非常に難しくなっていると感じます。

なぜなら寺子屋の卒業生がみんな「高校」に入ってから

生き生きとしているからです。

それは「自分の学力にあった、学力に沿った教育」を受けられるからです。

自分のわからないところから教えてもらえる。

自分の学力に似た生徒が周りにいる。

このことが断然生活を楽しくさせるのだと思います。

不登校の生徒数の増加、学級崩壊のクラス数の増加、病気休暇の教師数の増加

これは全て深刻に進行形で現在中学で起きていることです。

教育を受けることによって

「自分の可能性を信じる」ことではなく

「自分の可能性を否定する」ことへ傾いていってしまうのが

現在の義務教育だと思います。

「自分らしく」を否定されてしまうことに

子どもたちは違和感を感じながら日々を過ごしています。

友人の送ってくれた「神の言葉」の本を

何回開けても

「7回どころか、ななの70倍まで人を許しなさい。」

という言葉が飛び込んできました。

私はまだ至らない人間なので

寛容になれません。

また来年も私はその宿題を抱えていきます。

周りにいるたくさんの知恵をもったみなさんと考えていきたいと

思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。



スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

その場に宿るスピリット

   
その場に宿るスピリット

自分の出身校を思い浮かべた時にその場の空気がスーッと蘇ることがあると思います。

また、偶然出あった同じ学校や同じ地域出身の方とその頃のお話をする時に共通の場面やキーワードが共有できるから、そこに共感が生まれます。

よく学校の空気は校長先生が作るものだといいます。

校長先生が変わるとガラッと変わる、担任の先生によっても変わるお話もよく聞きます。

その人が大切にする精神、スピリットは目に見えないものですが、確実に人を取り巻く全てのものに影響するのだと思います。

いつも先生たちが生徒の近況について話している姿をよく見るという学校の生徒さんが言いました。

「うちの学校の先生はどんなに小さな生徒の問題も注意深く観察してくれています。

そしてそのことについて職員室だけでなく、廊下でも話し合っている姿をよく見かけます。

私は転校して来たのですが、

前の学校と大きく違うところは前の学校の先生は口だけ心配しているというイメージだったので、

何か問題が起きても裏ではその生徒についての問題を口にしても、

その生徒に向き合うと決して本当のことを伝えませんでした。

でも今の学校の先生は違います。

ダメなものはダメ。

その生徒にきちんと向き合って、真剣に伝えていこうとしています。

私はこんなに学校によって違うんだなと思いました。

前の学校の先生はこの学校に研修に来ればいいのに、と思いました。

生徒を本当に思う気持ちはどうやったら先生の中に育っていくのでしょうか?」

私も考えさせられました。

その生徒さんの通う学校は前の代の校長先生が素晴らしい方で

いろんな問題を抱える生徒さんに丁寧に対応していた姿勢が教職員に伝わり、

今の学校の精神を作っているというお話を他の方からも聞きました。

一人の人の思いが時間を超えて届いていくということに改めて感銘を受けます。

そして自分も大切にするものをきちんとえりを正して伝えていきたいと心に刻みたいと思います。

暖かく愛に満ちたスピリット。次の世代に繋がりますように。


*****::::::::::::::::::::::::::::::::
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

歌のある人生

   
毎週火曜日の朝4時に佐久穂から世田谷に向けて出発します。

車には大きなダンボールが6箱。夏場は10箱ほどになります。

7時前には世田谷についてその野菜の品出しが終わるのが9時頃。

そこから寺子屋の個人授業が始まり午前の仕事終了。

夕方の仕事までの間は面談があったり

みっちり人と会ったりして

2日半の濃い時間を過ごし木曜の朝の授業が終わると

今度は世田谷から佐久穂に向けて出発。

夕方は佐久穂教室で授業をして

金曜は野菜の出荷。そして夕方は佐久穂教室の授業。

土曜、日曜は農作業。月曜は出荷。

そして火曜の朝また世田谷へ。

この生活を始めて今年で6年たちました。

自分の心の中から湧き上がってくるものに従って生きるということ

そして主人が決めた道の伴走者として生きていくということ

いくつかの理由でこの生活があります。

そしてもう一つの私の中にある柱が歌です。

1999年から歌を習い始めました。

今の師匠 麻生 恵先生に習い始めて今年で4年になります。

自分の声と共にあるということ

自分の中からのものを表現するということは

何ものにも遮られない自分を確認するために

私にとってとても大切な時間です。

いつの頃からか還暦になったら友人たちに私の歌を聞いてほしい

と思うようになりました。

それを先生には言えずにいましたが

思い切って話してみると

「そんな先の夢をみるのはおやめないさい。」

「やるならすぐやりなさい」と言われました。

先生は私の本心を代弁してくださったのだと思います。

そのことが11月3日に実現することになりました。

今年は寺子屋を初めて35年になるという節目でもあり

新しいことに挑戦することにいたしました。

今まで色々な時をご一緒してきた方達に聞いていただきます。

本当に幸せなことだと思います。

先生のマネージャーの関川さんに言われた言葉。

「初めての日は誰でも初めてのこととして迎えるのよ」

その言葉を噛み締めてその日を迎えようと思います。

















| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

 寺子屋だより 佐久穂教室版 黒田先生 本エッセー

   
「AI時代の子育て戦略」                  著者:成毛眞 2018年6月発行
 題名からしてみなさんにはあまり興味の湧かない本かもしれませんが、ぜひ読んでもらいたいなと思って紹介しました。

成毛眞氏はマイクロソフトの日本法人元社長です。

マイクロソフトがどんな会社かはぜひ自分で調べてみてくださいね。子育て戦略というと中学生の皆さんには関係ないよう

に思えますが、ところがどっこい内容は中学生であるみんなが今考えるべきことが盛りだくさんです。

これから中学校を卒業して、進学したり社会に出たり、みんな進路は様々だと思います。

ただ、どうやって進路=自分が進むべき道を選択したらいいんでしょうか?正直言って、答えはありません。

なぜなら誰も経験したことのない世界にみんなは進んでいくからです。答えはありませんがヒントはあります。

たくさんの情報を吸収してぜひ自分の道を切り開いてください。

本にはヒントが隠されています!
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

リレーエッセー 第6回

   

リレーエッセー6人目は今年からスタッフになってくれた西中奈々先生です。

寺子屋の卒業生で今年から大学1年生になりました。英語がとっても得意です。

頑張り屋の奈々先生。そのパワーを生徒たちにも存分に注いでくれています!


受験生に伝えたいこと         
                                  寺子屋スタッフ 西中奈々
夏休みが終わり、もう二学期ですね。

皆さんは夏休みはどのように過ごしたでしょうか。

受験生の皆さんは夏休み毎日のように寺子屋に来て勉強していましたね。以前よりも集中して勉強ができるようになったのではと感じています。

しかし、集中力がきれてしまうとおしゃべりが多くなっている場面をよく見かけます。

今年の受験生は仲が良くてそれはとても良いことだと思いますが、勉強の時と休憩の時との切り替えをもっとしてほしいと思っています。

これからは模擬試験や学校の成績、志望校決めなどで悩むことも多くなっていくかと思います。そういう時こそみんなで支えあって全員で勉強を乗りきってほしいと思います。

私が一つ受験生に伝えたいことは「目標をたてる」ということです。

私が中学生の時、部活を引退したのは8月の中旬でした。受験勉強を始めるには遅いスタートでした。

引退してすぐ勉強を始めましたが、志望校決めもすぐ始めました。

そして8月の終わり頃には志望校を決めました。

しかし、8月の時点で私の学力では合格するのは少し難しい学校でした。

でも、絶対にその学校に行きたかったので「絶対合格する」という目標を立て、毎日勉強しました。

今思うと早めに少し高めの目標を立てることができたので、受験勉強を乗り越えることができたと感じています。

受験生の皆さんは少しずつ志望校を考えていると思います。すぐに決めろと言ってるわけではありません。

「このくらいのレベルの学校に行きたい」や「高校で〇〇がしたい」などの目標を決めると勉強に対する意識は変わっていくと思います。ぜひ目標を立ててみて下さい。

受験生以外の学年の皆さん!夏休みはどう過ごしましたか?

部活をしたり、遊んだりしてたくさんの経験をしたと思います。しかし、もう二学期は始まります。

しっかり勉強するモードに切り替えて下さい。

すぐ中間テストが始まる学校もあると聞きました。

すぐにテストのない子達はテストがないからと安心せずしっかり授業を受けて勉強して下さい。今やる勉強は後に必ず役に立ちます!


生徒の皆さん!二学期も頑張っていきましょう!スタッフ全員で皆さんを支えていきたいと思います!

一緒に頑張っていきましょう!

| comments(0) | trackbacks(0) | page top |
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。