FC2ブログ

寺子屋からのおたよりです。



   
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
<< 2019 >>
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 月曜、金曜、土曜日
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count
最近のトラックバック


寄り添い、受け止めて

   
みづきちゃんは寺子屋の卒業生。

大学入学と同時にスタッフとして4年間寺子屋の生徒さんと

ほぼ毎日関わってくれました。

4月からはオーストラリアで新しい生活が始まります。



「寄り添い、受け止めて」

稲山瑞季

皆さんこんにちは!稲山瑞季です。

ついに3月ですね。

それぞれ卒業・入学・進学・就職を迎えるにあたって、やりたいことや目標はありますか?

ぜひチャレンジしてみてください。

何事も挑戦です。

私事ですが今月で大学を卒業します。

入学後すぐに寺子屋スタッフとして携わらせていただき、4年間個別やグループを受け持ちました。

教え方に迷いがあり、答え合わせをするのに精いっぱいと思う時期もありましたが本当にあっという間の4年間で駆け抜けた気持ちでいっぱいです。


私は小学生から高校生までたくさんの生徒さんと関わっていく中で大事にしていることがあります。

それは「寄り添い受け止めること」です。

最初の頃、解き方や書き方を何回説明してもどうしてわからないのだろうと考えた時に、生徒さん一人ひとりの解釈の仕方、言葉の感じ方が異なると思った場面がありました。

言い方を変えたり、図を書いたり、がっつり追い込んだり、その子の興味のある話を挟んでみたりと一人ひとりが集中できる教え方を見つけてきました。

そのためにはまず生徒さんに寄り添い、話を聞いて、思いを受け止めることから始めています。

そしたら不思議と話の中からその子の解釈の仕方が分かるようになっていました。

この子にはこの話し方、この子には繰り返しで、と試行錯誤しながら授業を進めてきました。

また、中高生からは悩み相談や愚痴を聞くこともしばしばありました。

全部吐き出した後のすっきりして勉強に奮起している生徒さんの姿や、年齢が近いようでもジェネレーションギャップのような感覚の違いの話をしたり私もたくさん元気をもらい感謝しています。

もちろん叱咤することもありました。

授業中だらだらしている、話を聞かない…。

それは生徒さんにはきちんと理由があることも承知の上で一度喝を入れていました。

寺子屋は一つの教室でみんなが勉強しているので、時には周りに影響しないよう外だったり授業後に話し合ったり、それもまた生徒さんを受け止めるのに大切な時間であったと感じています。


4年間教え続けてきた子、最近教え始めた子、教えた時間はそれぞれですが皆さんのことが宝物のように感じています。

大学が終わったら寺子屋!という生活を続けたので来月から皆さんに会えなくなるのが本当に寂しいです。

生徒さんがこれを読んで、みづき先生はこんなこと考えてたんだなーと少しでも思ってくれたら嬉しいです。


そして私は4月から1年間オーストラリアへワーキングホリデー留学をします。

初めての土地での生活、語学、仕事と大変な日々が待っていますが自分で決めた道。今よりも何倍も成長します。

皆さんも目標を持って勉強、部活、習い事、遊び全てにおいて励んでほしいです。

つらくなったら周りの人を頼ってもいいと思います。

自分の気持ちに正直になって過ごしてくださいね。


御家族の皆様、私がお子さんに指導していった中で頼りないところもあったかと思います。ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。


最後になりましたが皆様のご健康とご活躍をお祈り致します。


本当にお世話になりました。ありがとうございました!


IMG_9665.jpg
続きを読む >>
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

お仲間と共に

   
最近感じることは

自分の感覚や大切にしたいものに沿っていると

どんどんそういう感覚にも出会え、同じ方向を見ている方達に巡り会えるということ。

今日もそういう思いを持っている方達とミーティング。

今自分の抱えているテーマ、目の前にあるものに

どうやって向き合っていけばいいの?という思いに

みなさんからヒントを。

みなさん、ご自分の道を丁寧に歩いていらっしゃる。

だからこその言葉、体験から出てくる表現。

とても暖かく、優しい響き。

自分も迷いの中にいてもこんな仲間がいると

ああ、自分だけじゃないんだなあ。

人は悩みながら歩いて行くんだなあ

とホッとしてまた進める。

自分の前にあるものを観察して、自分と対話してまた歩いて行こう。

| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

人間工学?!

   
卒業する息子の大学に初めて行きました。

人間工学。よくわからない分野です。

その卒業制作展では私たちの生活の一コマを切り取り

そこから数値や体験値、インタビューなどで分析して

それぞれが発表していました。

そこには視覚的にも素晴らしい作品が並んでいました。

言葉以前に圧倒的なエネルギーがありました。

若い人の作品てこれだなあと久しぶりの感覚でした。

人の心と身体を統合して行く分野の学問が

とてもワクワクさせてくれる

そんな作品展でした。

時代はどんどん変わって行くのですね。

想像を超えて。






| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

それぞれの世代の味わい

   
子ども食堂に集う人たちは

下は数ヶ月の赤ちゃん、上は80代のボランティアさん。

いろんな世代の方達がその一日のその場所に集まるって

味わい深いなあと思います。

赤ちゃんづれのお母さんが大変だけど頑張っている

自然と「抱っこしてるから食べて」と誰かがいう。

小学生のやんちゃくんに食事中お母さんが

「ダメでしょう〜」ときになる様子に

「少年時代はあっという間に過ぎていくよね〜」と誰かが呟く。

「夫のご飯を用意しなきゃ」と大変そうに帰りを急ぐ若いママさん。

もう数年前に旦那さまを見送ったボランティアさんが微笑む。

「時は過ぎていく」ではないけれど

人生のページはたくさんあるようで

過ぎてしまえばあっという間。

そんないろんなステージにいる人たちが

一緒に集える時間は本当に貴重だと思います。

子ども食堂はたくさんの方たちの愛に満ちた空気の中で

ほんわかと毎回時間が流れて行きます。
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

自分との対峙

   
夜目を覚ますと一つのメールが入っていました。

スタッフの Mちゃんからでした。

都立高を第一志望にしているAちゃんのことで

スタッフのSくんと今まで話していたとのこと

時計は夜中の12時を回っていました。

MちゃんもSくんも都立高を第一志望にして

私立組が決まって行く中で取り残される気持ちや

逃げたい気持ちを痛いほど味わい

最後は鉛筆を握るのも辛くなるほど勉強して合格した

体験の持ち主たち。

最後の追い込みに向かう生徒さんの気持ちを

どうすれば力づけられるか。






| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

テーマ:  教育
ジャンル:  学校・教育

次のページ