寺子屋からのおたよりです。



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
<< 2018 >>
プロフィール

terakoya1983

Author:terakoya1983
世田谷で学習塾寺子屋を1983年から運営しています。
2012年4月から長野県佐久穂町と世田谷区の往復生活が始まりました。大自然から受けとる事も含めてお伝えできたらと思っています。
世田谷教室 月曜日から金曜日
佐久穂教室 月曜、金曜、土曜日
連絡先
mail unltd@dream.jp
twitter http://twitter.com/#!/terakoya1983
facebook https://www.facebook.com/idumi.iwaoka
寺子屋ホームページ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

count
最近のトラックバック


よりそい、納得いくまで。

   
よりそい、納得いくまで。
                 一般社団法人寺子屋いづみ理事
                 長橋 志穂里
岩岡先生より今回の投稿をお願いされ、語れることが何もなく困惑しております。

そのため、恐縮ですがすこし私の事を綴らせていただきます。

私は中学生と小学生双子の3姉妹の母です。

長女が友人関係で悩み、すべてリセットしたい!自分のことを知らないところで学びたい。

また学級崩壊中でもありましたので中学受験をすることに。小5の夏でした。それから毎日寺子屋へ。

家では塾に帰って来てからの30分、朝学校へ行く前の1時間、週末は私がお付き合いする事に。

岩岡先生と諸先生方のお力をいただきながらの受験生活、最後は私が受験をしたくなったほど一緒に(必死に)勉強しました。
喜怒哀楽をあまり表に出さない彼女が相当溜まっていたのでしょう。

「どうして受験をするの?」「勉強がそんなに大事?」

「ママの言う通りにしてるのにできないじゃん!」「何でそんなに必死になる必要があるの?」

「将来って何?」「学校って行かなきゃいけないの?」等々…時々噴火してました。

問題集やノートも飛んできたこともありましたね。(同じようにしてお返しましたが(笑))

「もう彼女の思う通りにしてあげよう」と心が折れそうになる度に岩岡先生が仰った「受験は親よ!」の喝を思い出しました。

私がブレてはいけないんだと思い直し、それまでは頭ごなしに怒り、

親の勝手な思いを浴びせていたのですが彼女の言い分から違和感を覚えお互いが納得いくまでとことん話し合うことに。

たとえ次の日学校でも夜中になることもありました。

2人で泣きながら話し合った日もありました。そもそも「受験する!」と決めたのは彼女自身なのですから。

決意は貫いて欲しかったのです。

これほど彼女によりそい、向き合ったことはありませんでした。

3姉妹の姉として「できて当たり前」で育ててきました。またその期待に彼女も応えてくれていました。

だからこそお互いが思い通りにいかなくなり歯車が狂い始めたのでしょう。

しかし彼女を「ひとりの人」としてみることで「親が絶対」の私の子育が大きく変わり親子で成長できたいい機会でした。

娘の合格発表の際、路上で叫び、親子で涙を流しながら抱き合いました(すごく迷惑)。

娘とギューっとハグなんて久しぶりでした。本当に嬉しかったです。

そして、ズビズビしながら家族より先に岩岡先生へ連絡したのを覚えています。

寺子屋で子ども達と一緒に勉強をするようになり1年が過ぎました。

現在、様々な子ども達の成長をみさせていただいてます。

わが子含め、子ども達を「ひとりの人」として同じ目線で彼らに接することが大切なのだと感じています。

私たち大人はあくまでも人生の先輩として(かなりの先輩ですが)。

どれだけ伝えても本人が感じないとそれ以上向上しません。

それは上からもの言うのでなく、彼らの声を聞き、目標に向かう同志としてよりそい、語り合うことだと思うのです。

これからも叱咤激励しながらみなさんの夢に向かう一歩のお手伝いができたらと思ってます。

続きを読む >>
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

往復書簡 2

   
Sさんから岩岡へ


Yが寺子屋に通い始めたのはちょうど自分が周りと違うとわかってきた頃でした。

「なぜできないのか?」「できない、できない。」と毎日言っていた時期でした。

相談に行っていた教育相談の先生に寺子屋を紹介していただきました。

初めて、いづみ先生と面談していただいた時に、

「得意な科目を伸ばしましょう。苦手なものは大きくなっても苦手なの。得意なものを伸ばして、苦手な教科をカバーしましょう。」

と言われたときは衝撃を受けました。

そしてほっとしたことを覚えています。

勉強が嫌いなYも寺子屋では勉強をしました。

Yのペースで勉強をさせてくれたおかげです。名前を書くのも嫌な子が、高校受験なんてムリと思っていました。

そんな子も無事に合格することができました。

寺子屋の先生たちのおかげです。先生たち大変だったと思います。ありがとうございました。

小学校生活は良い思い出がなく、先生たちには残念としか言えない様な指導でした。

人間の悪の部分を教えているような学校でした。Yが先生たちに言った言葉がいまだに残っています。

「先生たちはウソつきだ。」

先生たちはこの言葉をどう受け止めたのか聞いてみたいです。

小学校の経験から中学になり、パニックを起こすようになり、月1回、担任とカウンセラーと私で学校での様子、家庭で

の様子を話す共通理解の場を作りました中学校でもいろいろありましたが理解がある先生たちが多く、安定した生活を送れました。

心を作る教育、勉強を学ぶ場所、そんな学校になってほしいですね。

下の子の学校では、下のこの学年、1つ上の学年が学級崩壊しています。なぜ崩壊するの?先生たちと親との間に大きな

溝があるようです。

これからも親子共々よろしくお願いいたします。


岩岡からSさんへ


Yくん、春から高校生ですね。

本当にここにくるまでYくんもお母さんもお父さんもたくさんのことを乗り越えていらっしゃいました。

いろんなことにアンテナを張り巡らしているYくん。

私たちが気づかない音やにおい、状況を察知することで、わたしたちにはわからないつらさやそれをうまく説明できない

もどかしさをいつも抱えていたと思います。

そんな彼を見守り続けるうちに、彼のペース、言葉にはならない思いを感じることが少しずつできるようになり、寺子屋

のスタッフの間でもたくさんの意見交換をして、彼の思いに添うように務めてきました。

わたしたちは「できないことをできるようにする」よりも「できることを伸ばして行く」ことを選んでいます。

そちらを優先することで結果的に最初の目的を達成することも多いからです。

そして完全なる人なんていないんですよね。

特に一芸に秀でている人は必ずどこかへこんでいる部分を持ち合わせることが多いものです。

それが人の味。そしてその人らしさ。

それをみんなで見せ合うほうが、どんなに世の中が豊かになるのだろうと、自分の障害を持つ自分の娘を見ていてもつくづく思います。

ニュースには学校の現状は断片的にしか見えてこないので、学校の現状がどれほど困難になっているか全体像は見えにくくなっています。

しかし、子どもも、教師も、保護者も限界の中で学校という社会の中で生活しているのが現状でしょう。

不登校や発達に偏りのある生徒数がある程度の割合まで増えない限りこの国の学校政策は変わらないでしょう。

Sさん!また一緒にがんばりましょう。わたしたちもできる事に真摯に向かっていきます!

| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

往復書簡

   
塾生のお母様との往復書簡

*岩岡からお母様へ

小4の時から6年間近く、寺子屋に通っていただきました。

その間お母さんとずっとご相談しながらAくんの成長を見守ってまいりました。

ある時期から、Aくんの「今」を大事にしていきたいと強く思うようになりました。

それは「〜をできるようにする」または「〜は無理しても乗り越える」ということではなくて、「今」のAくんができるこ

と、Aくんが求めていること丁寧に拾い上げていくことだったと思います。

お母さんご自身も「決められている」「みんながしている」ことではなくAくんの中から湧き出ているものを感じながらそ

れに添っていらっしゃいました。

小さな変化も見つめ続け、感じ取り、見守り続けていらっしゃいました。ここ数年、最初の頃は考えられなかった大きな成

長の時期が彼に訪れました。

それは小さな波の一つ一つに丁寧に向き合っていらした結果の出来事だと思っています。

「彼のペース」「彼の呼吸」を大事にして過ごした6年を通して彼が自分の中に形作っていったのだと思います。

彼が持っていた「伸びようとする芽」の存在を信じてその芽に向かって信じる気持ちを送り続けたお母さんと6年間ご一緒

させていただいて私自身とても大きなものをいただきました。

どの子の中にもある「芽」を大切にしながらそしてその「芽」に向かって気持ちを注ぐことを私自身もこれからも大切にし

て来たいと思います。新しい生活おめでとうございます。


*お母様からのお返事

岩岡先生に出会わせていただいて、もうすぐ6年になります。

寺子屋がほんとうにすばらしいのは、子どもの成長を、長い目でご一緒に見守っていただけることです。

心から信頼できる大人に、安心できる環境で、継続的に、長期にわたり関わってもらうこと。

それが何より本人の魂の安定を導き、成長を支えてくれたものと思います。

それはどんな学校教育の場におきましても、全く不可能という訳ではありませんが、たいへん難しいことかと思います(少

なくとも、現在の日本の公立学校の通常学級におきましては。私見に過ぎませんが)。

それをしていただけた私たち親子はほんとうに幸運です。

また、岩岡先生は、「どの子の中にもある、伸びようとする芽の存在を信じる」ことの大切さについて書いてくださいまし

た。

岩岡先生は、私が、その「芽」の存在を信じ続けた、とも述べられておられますが、

私は、その「芽」は、寺子屋という場との出会いによってこそ見いだされたものであるように思えてなりません。

はじめて寺子屋の扉を叩かせていただいたときは、私の心中はとてもその「芽」を信じるどころではなかったのですから。

先生のもつあたたかさによって、その「芽」は守られ、ひかりを当てていただきました。

岩岡先生はじめ寺子屋の先生方みなさまに感謝を捧げます。

そして、これからも、長く本人の成長を見守っていただけましたら幸いです。
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

喜びの声をいただきました。

   
私立入試が終わりみなさん無事合格しています!

おめでとうございます。

あとは都立、県立に向けて最後まで走り抜く!です。

そして今年のみなさんは一人一人本当にたくさんの山を乗り越えられました。

そして保護者の方がそのことを忍耐強く見守りながら

「挑戦することの素晴らしさを子どもから教えられた。」

「信じることの大切さ」

などそのことを体験した人から出る素晴らしい言葉を

発していらっしゃいました。

喜びの声です。

******************************


*親子共々なんとかここまでたどり着くことができました。

受験を通じて、ひと回り成長した息子を誇らしく感じています。

大変お世話になり、ありがとうございました。

*親の声、子供の声を聞いて、対応して下さり、高校を合格する事ができました。

有難うございました。

*色々な事があり過ぎて、思い出す度に涙が溢れてきてしまいます。

寺子屋に初めて来た時は、親も子も本当にどん底でした。

死んだ方が楽と思っていた時期!!

いづみ先生と出会えて、寺子屋の先生たちにも助けられ、ここまでこれました。

有難うございました。^ ^

これからも宜しくお願い致します。

*何とか無事に第1志望校に合格でき、ホッとしています。先生方に感謝しています。

残りのテストも、最後まで頑張ります。

* 「無事に志望校に合格することができました。

徹底的に『得意を伸ばす』ところから始めていただき、この度の受験勉強に至るまで、本人のペースを大切にご指導くださ

いました。

岩岡先生はじめ寺子屋の諸先生方のおかげです。ありがとうございました!」

* 寺子屋のいづみ先生はじめ他の先生方には3年以上の間、学習面に限らず息子の成長を支え続けて頂き本当にありが

とうございました。

この度、お陰様で高校受験に合格する事ができ、安堵致しております。

もともとの学習への取り組み方が未熟な息子は、中学校生活が母親の闘病生活と重なってしまい、数々の不手際や失敗を繰

り返し、大変手のかかる生徒だった事と存じます。

いづみ先生は、親でさえ受験すら諦めかけた時でも、いつも息子の良い面を見いだして長い目で見守る大切さと子どもの自

主性を尊重する事を教えて下さいました。

受験の志望動機や作文、面接対応も、的確で具体的なご指導のおかげで自信のなさを克服し当日を迎えられたようでした。

何より成長を感じ嬉しかったのは、何も言わなくてもメモ書きを利用し時間の使い方、準備や下調べなど今までになくきち

んと行い受験当日に臨んだ事でした。

これからの高校生活でも寺子屋で学ばせて頂いた経験が息子の支えになっていく事でしょう。心より感謝申し上げます。



| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

カツの日に

   
今年のカツの日第一弾がやってきました。

来週から私立高校の推薦日程が始まります。

そして中学受験、私立高校一般受験、都立受験と続きます。

受験生がここまでの日を迎えるまでには

これがまた寺子屋の特徴なのでしょうが

たくさんのドラマがあり

涙があり

笑いがあり

終わるまでは気を抜いてはいけないのですが

一人一人の成長を考えるとほっこりしてしまいます。

昨日もお一人とってもこだわりの強いお子さんがいらして

「僕キャベツが苦手なのでカツだけでいいです。」と。

ソースをかけたカツをぽんと彼の前に置きました。

そうしたら

「ご飯はないんですか?」

「ソースも苦手なんです。」と小声。

「そうかあ。ご飯ない! ソース!ごめん!かけちゃったよ。」

そこでどうするかな?と見ていたら

食べたんですよね。そしてとってもいい笑顔をしてくれました。

お母様がこのことをとても喜んでくださいました。

長い長い付き合いの彼との間に培ってきたもの。

彼自身がとっても苦労してきたこと私たちはよく知っています。

入試という大きな出来事が彼の中でどれほどプレッシャーとなっているか

私たちには想像もできません。

それでも何とかこの山を乗り越えて欲しい。

一人一人の中にある核の部分にエールを送りながら

一生に一度の日に向かって最後まで頑張ってくださいね。




| comments(0) | trackbacks(0) | page top |
次のページ